人気の移住先!埼玉県でお試し移住ができる地域を見てみよう

東京都に隣接する埼玉県には、利便性とのどかさを兼ね備えた理想的な田舎エリアが点在しています。都内の仕事を続けながら田舎で暮らしたい、田舎暮らしに憧れるけど不便な生活は不安、という人に適した地域ですが、移住を決める前にお試し移住で暮らしを体験してみたいですよね。埼玉県内でお試し移住を実施している3つの地域を見ていきましょう。

埼玉県でお試し移住ができる地域

大宮の住宅街

c11yg – stock.adobe.com

 

東京都内へのアクセスが良く、首都圏のベッドタウンとして発展している埼玉県。県庁所在地のさいたま市は新幹線の駅も備えた立派な都市である一方、自然が色濃く残る地域も少なくありません。「理想的な住居地」として、移住を検討している人も居るでしょう。

 

この記事では、埼玉県内でお試し移住を実施している市と町を紹介します。移住を検討する際の参考に役立ててくださいね。

小鹿野町のお試し移住

小鹿野町は埼玉県西部に位置する、秩父郡の町です。人口11008人(2021年8月時点)のこの町では、どのような暮らしが待っているのでしょうか。町の特色とお試し移住の内容を見ていきましょう。

市の特色

小鹿野町には、江戸時代中ごろに誕生したとされる「小鹿野歌舞伎」が引き継がれています。衣装やかつらの準備、振付といったことをすべて町民でこなし、神社のお祭りなどで上演するのだそう。町民が一丸となって古い伝統を守っている地域なのですね。

 

住宅地は田畑に囲まれたのどかな環境。電車は通っていませんが生活圏内を縦断するようにバスが通っています。また、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ホームセンターといったお店はそろっているため、ふだんの生活で不便することはありません。

 

ただし、百貨店や大型家電量販店などは町内になく、公共交通機関も限られているため自家用車は必須でしょう。

お試し移住の内容

2021年8月時点で新型コロナウイルスの影響によって受付が停止されていますが、小鹿野町では町営住宅を改装した施設でお試し移住が体験できます。

 

利用対象者は秩父圏(秩父市・横瀬町・皆野町・長瀞町・小鹿野町)以外に居住し、小鹿野町への移住を検討している人。2泊3日から9泊10日、2名から5名の参加者で利用できます。宿泊は無料なので、興味のある人は適切な時期を見て利用してみましょう!

 

参照:小鹿野町の人口について/小鹿野町ホームページ

 

参照:小鹿野町のお試し移住について/小鹿野ホームページ

ときがわ町のお試し移住

ときがわ町は埼玉県中部に位置する比企郡の町で、人口は10843人(2021年8月1日時点)です。ときがわ町の特色と、お試し移住の内容を見ていきましょう。

町の特色

ときがわ町は緑に囲まれた自然豊かな町ですが、高速道路を使えば東京都内までわずか1時間10分ほどで到着できます。都内の仕事を続けながらの移住も無理なく実現できるでしょう。本格的な田舎暮らしを楽しみながら、移住前の収入を維持できるのはときがわ町ならではの大きな魅力です。

 

ただし、町内の公共交通機関はバスのみで、バス停の数は多くありません。東京まで通勤する人に限らず、車は生活必需品。移住するのであれば運転免許と自家用車を持ちましょう。

お試し移住の内容

ときがわ町では、森林に囲まれたエリアのお試し住宅を整備しています。1週間から2カ月の滞在で利用でき、時期によってはタケノコ堀りや川遊びといったアクティビティを体験できます。田舎暮らしを肌で感じられるお試し移住ではないでしょうか。

 

利用料金は7日単位で10000円、1カ月単位で30000円。端数がある場合は1日あたり1000円が加算されます。希望日の20日前までに仮予約が必要なので、ホームぺージで予約状況を確認の上、余裕を持って申し込んでくださいね。

 

参照:ときがわ町の人口について/ときがわ町ホームページ

 

参照:ときがわ町のお試し移住について/埼玉県ホームページ

東秩父村

東秩父村は埼玉県の西部に位置する秩父郡の村で、人口は2658人(2021年8月時点)です。村の特色と、お試し移住の内容を紹介します。

村の特色

東秩父村は埼玉県で唯一の「村」。テレビや映画でしか知らない村の暮らしを味わえる貴重なエリアではないでしょうか。山あいの集落には田畑が広がり、緑に囲まれて毎日を過ごせるはず。

 

村の中に鉄道はありませんが、隣接する小川町にはJR東武東上線と高崎線の小川町駅があります。東武東上線を利用すれば、1時間10分前後で池袋に到着。この利便性の高さは埼玉県内だからこそのものでしょう。

 

村で暮らしたいけれど、街まで何時間もかかるような地域は不安……という人に、おすすめの移住先です。

お試し移住の内容は

東秩父村では、村の古民家を改装したお試し住宅を提供しています。築約80年の建物で、昔ながらの梁は残したまま、快適なキッチンやバスルームが整備されています。「田舎の古民家」と聞くと暮らしの利便性に不安を覚えることもありますが、これなら安心ですね。

 

利用料金は1世帯あたり、1泊2日から7泊8日までが10000円、9泊10日から14泊15日までが20000円。水道光熱費が別にかかりますが、気軽に利用できる価格ではないでしょうか。

 

ただし、2021年8月時点では新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、受付を停止しているようです。興味のある人はホームページをこまめにチェックしながら、受付の再開を待ちましょう。

 

参照:東秩父村の人口について/東秩父村ホームページ

 

参照:東秩父村のお試し移住について/東秩父村移住体験施設MuLife

埼玉県での仕事探しはおもてなしHRで

秩父の山

osap1111 – stock.adobe.com

 

埼玉県には、今回紹介した町や村のように豊かな自然が残る地域が多くあります。のどかな田舎町で暮らしてみたいけど仕事があるかどうか心配……という人は、温泉旅館や山の中のリゾートホテルなどで働くことを考えてみてはいかがでしょうか。

 

市街地から離れた旅館・ホテルでは寮や社宅に入居でき、移住先での住居と仕事を一度に見つけられる場合もあります。

 

埼玉県でホテル・旅館の仕事を探すなら、私たちおもてなしHRにお任せください。希望のエリアや移住のタイミングなども考慮して、ぴったりの求人情報を紹介します。まずは、気軽に登録から始めましょう!

 

なお、以下のページではお試し移住ができる自治体に関する記事をまとめて紹介しています。他の地域のお試し移住に興味のある人は、併せてご参照ください。

 

関連記事:お試し移住ができる自治体を地域ごとにまとめて紹介!

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る