移住前の情報収集は雑誌・WEBサイトを活用!情報収集のポイントは?

移住関連の情報を集めようと思った時、真っ先に思い浮かぶのは雑誌やインターネット検索ですよね。雑誌・インターネットは手軽に情報が集められる便利なメディアですが、効率的な情報の集め方がわからない、という方もいることでしょう。移住関連の情報の集め方をはじめ、効率的に情報収集を行うコツをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

移住の情報収集は雑誌・ネットでメリットが異なる

iStock.com/horstgerlach

 

まずは、雑誌・インターネットの特徴を押さえておきましょう。それぞれのメディアで移住の情報収集を行うメリットをご紹介します。

 

雑誌で情報収集を行うメリット

雑誌で移住関連の情報収集を行うメリットとして挙げられるのは、選択の幅が広がることです。まだ移住先が明確に決まっていない方や、移住の流れがわからないという方であれば、移住の大枠を掴むのに役立つことでしょう。

 

また、雑誌であれば付箋を貼ったり、書き込み・切り貼りもできます。集めた情報を手元に置いておきたいという方にもおすすめです。

 

インターネットで情報収集を行うメリット

インターネットで移住関連の情報収集を行うメリットは、求める情報に辿り着きやすいことです。漠然と移住を考え出した方から、移住先が決まっている方まで、移住の検討段階にあわせて、さまざまな情報を集めることができます。

 

また、タイムリーな情報が集められるということも、大きなメリットと言えるでしょう。調べ方によっては、よりリアルな情報を知ることができるはずです。

 

雑誌・ネットで移住情報を集めるには?

iStock.com/Yagi-Studio

 

移住後のギャップを軽減するためにも、移住前にはできる限りの情報を集めておきたいものですよね。どのようにすれば、情報を幅広く集められるのでしょう。雑誌・インターネットを使った、4つの情報の集め方をご紹介します。

 

移住専門の雑誌を読む

雑誌の中で最も効率良く情報が集められるのは、移住の専門雑誌を読むことです。

 

移住専門雑誌は、発刊年・発刊月によって扱われるテーマが異なります。移住人気の高いエリアの紹介や、空き家・中古住宅の参考価格、農林水産業関連の特集、移住先で起業した方のインタビューなど、役立つ情報が盛りだくさんです。

 

移住について、幅広い知識をつけたいという方はぜひ購入を検討してみてください。ただし、国内で販売されている移住専門雑誌の数は限られていますので、購入時は大きめの書店に足を運ぶか、ネットで取り寄せるようにしましょう。

 

自治体の移住・定住サイトをチェックする

昨今、地方創生や地方移住の動きがますます加速しています。その影響もあってか、都道府県や市町村単位で移住・定住サイトを運用している自治体が増えました。

 

都道府県の移住・定住サイトでは、市町村の紹介や、支援制度から市町村を逆引きできるシステムが組まれていることも少なくありません。まずは、気になる都道府県の移住・定住サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

「都道府県ごとの魅力が知りたい!」という方は、日本全国を10のブロックに分けご紹介している下記記事を、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

国内移住でおすすめの地域はどこ?エリアごとの魅力と移住のポイントを紹介!

 

移住マッチングサイトをチェックする

移住マッチングサイトとは、気になる地域の担当者と繋がりを持つことができるWEBサイトのことです。メッセージのやり取りができるサービスが大半で、「移住のやり取りをする場所を1カ所にまとめたい」という方にもおすすめです。

 

地域の見つけ方は、自治体職員や関連団体が発信した情報をWEBサイト内で探すものや、相性診断のようにおすすめの地域が導き出されるものまで多種多様。発信される情報は、賛同した自治体や担当者がおのおので行うのが一般的でしょう。

 

全国全ての自治体が登録している訳ではありませんが、裏を返せば、トレンドに敏感・移住者の受け入れに前向きな自治体が集まっている、と捉えることもできます。

 

自分の情報を登録しておけば、スカウトが受けられるサービスもありますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

移住マッチングサイト・移住マッチングサービスってどんなもの?使い方や利用するポイントを解説

 

SNSを活用する

移住に関する情報の発信元は、自治体がメインです。ただ、どうしても「1年を通して過ごしやすい気候!」「街には魅力がいっぱい!」のような、ポジティブな情報ばかりが発信されがち。そんな時に活躍するのが、SNSです。

 

移住関連の情報収集で、特におすすめのSNSはYouTubeです。移住者のリアルな暮らしぶりを知るには、もってこいのSNSでしょう。YouTube上で情報が見つけられなければ、Twitter・Instagramで地元の方の投稿を眺めてみるのも良いかもしれませんね。

 

雑誌・ネットで移住情報を調べるポイント

iStock.com/AigarsR

 

雑誌やインターネットで情報を集める際には、気を付けておきたいポイントがいくつかあります。ポイントを意識するだけで、きっと情報収集の精度が上がるはずですよ。2つの情報収集のポイントをご紹介します。

 

自分の移住イメージを膨らませる

移住のきっかけは、憧れの土地がある、都会にうんざりした、親の介護が必要になったなど、人によって千差万別。しかし、どんなきっかけであったとしても、まずは自分が移住した後のイメージを膨らませておくのがおすすめです。

 

移住前に考えておきたい項目の例を、みてみましょう。

  • ・理想的な気候(雪/雨/風/気温など)
  • ・住みたい家(賃貸/住宅取得/空き家など)
  • ・就きたい仕事や業種(現職を続ける/転職/起業など)
  • ・移動手段(車必須/車不要など)
  • ・理想的な環境(子育てがしやすい/医療体制が充実しているなど)

特に、移住先をこれから探すという方であれば、整理をしておくだけで情報収集がスムーズになるはずです。ぜひイメージを膨らませてみてくださいね。

 

地域の悪い面にも目を向ける

移住前には、必ず地域の悪い面までしっかり調べておきましょう。

 

自治体職員は、住んでいる地域を魅力的に見せるために日々努力を重ねています。そのため、移住に関する情報は、自然と良い面ばかりに目がいきやすいものなのです。しかし、移住してから「こんなはずではなかった……」と後悔しても仕方がありませんよね。

 

後悔を避けるためには、目ぼしい地域を見つける前に「これだけは避けたい」という条件をリストアップしておくのがおすすめです。雪かきはしたくない、虫が多いのは嫌、ご近所付き合いは極力控えたいなど、さまざまな条件が思い浮かぶことでしょう。

 

絶対に無理という条件を除いてしまえば、後は意外とどうにかなるもの。SNSなどを駆使しながら、ぜひネガティブな意見にも耳を傾けてみてくださいね。

 

イベントがあるかをチェックする

移住者の受け入れに前向きな自治体は、セミナーや相談会などのイベント開催頻度が高い傾向があります。ニーズに応えるために開催している場合は、移住検討者が多い地域ということがわかりますよね。

 

反対に、移住イベントが極端に少なければ、移住者の受け入れに消極的な地域なのかもしれません。先輩移住者が少なく、移住後に充分なサポートが受けられないリスクがある、などの仮説を立てることもできます。

 

また、イベント情報から自治体レベルを量ることも可能です。新型コロナ流行後すぐにオンライン相談に切り替えられた自治体は、インフラが整っている可能性が高い、などがその例です。移住先を決めるひとつの指標として、参考までにチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

移住前には雑誌・ネットを活用して情報収集をしよう!

iStock.com/Hakase_

 

自ら移住を決心した方であれば、不安より期待に胸が高鳴っているはず。しかし、雑誌・インターネットで確認できる移住情報は、良い面ばかりにスポットが当てられていることも少なくありませんので、全てを鵜呑みするのは少々危険です。

 

百聞は一見に如かず、という言葉もありますので、必要に応じて移住関連のイベントに参加する、現地に訪れるなど、自らの足で情報を集めてみてくださいね。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る