「住みやすさ」が特徴!東海地方へ移住する魅力、暮らし、移住支援制度について

田舎暮らしを検討している方にとって、東海地方は「ちょうどいい田舎」として注目を集めているようです。都会で生まれ育ってきた方にとって、移住して急に田舎暮らしをするのはハードルが高いかもしれません。しかし、東海地方は、特に都会育ちの方にはおすすめの移住地です。東海地方に移住する魅力について、具体的にみていきましょう。

都会育ちにおすすめ!東海地方に移住したほうが良いワケ

pressmaster – stock.adobe.com

 

東海地方は海や山の自然に恵まれた暮らしやすく、移住するには最適の地域です。

 

愛知県や静岡県は比較的温暖な気候で、冬は雪がほとんど降りません。しかし、内陸部では寒暖差が激しく、日本海側に近づくにつれ大雪が降る地域が多いそうです。

 

東海地方への移住におすすめしたいのは、都会育ちで田舎暮らしをしてみたいと検討している方です。

 

田舎暮らしの大変さやデメリットを理解せずに、憧れだけで移住すると失敗につながります。その点で、東海地方は首都圏へのアクセスが良いので、「自然」と「都会」の良いバランスで暮らせるのです。

 

都市でありながらも自然に囲まれた地域がたくさんあるので、田舎暮らしの理想を叶えやすいでしょう。

 

静岡県

7maru – stock.adobe.com

 

静岡県は雄大な富士山と太平洋のもと、さまざまなアクティビティを体験できます。暮らすにあたって、どのような魅力があるのか紹介いたします。

 

魅力

 

新幹線の停車駅が多く、東京までは1時間、名古屋へは1時間半で到着します。そのため、静岡県から都心まで新幹線で通勤する方も少なくないそうです。

 

さらに、都会暮らしにうれしいのは、気候が安定していることでしょう。

 

豪雪地帯に移住すると、分かっていたつもりでも「思っていた暮らしと違う」「寒すぎてストレスが溜まる」「雪かきが重労働でつらい」など、暮らしてみないと分からない苦労があるようです。

 

その点で、静岡県はめったに雪も降らないどころか、年中気候が比較的温暖なので、かなり暮らしやすい地域と言えます。

 

移住支援

 

静岡県は、移住支援制度が充実している地域の一つです。いくつかの移住支援例を紹介いたします。

 

【下田市】

 

下田市への移住を希望している方であれば、市内での宿泊滞在費を半額補助してくれる取組みがあります。

1名につき4000円までの補助があるので、移住前に下田市での暮らしを知るには大きなチャンスとなるでしょう。移住への不安を解消することにもつながりそうですね。

 

【三島市】

 

三島市は夫婦で一緒に子育てをしやすい仕組みを整えるために、さまざまな子育て支援に取り組んでいます。

男性の育児休暇取得を積極的にサポートしたり、中学3年生までの入院・通院にかかる医療費を無料にしたりなど、安心して子育てできる環境を用意しています。

 

【沼津市】

 

沼津市では、東京圏から移住した方が、市内で就業・起業した場合、最大で100万円の支援をする取組みがあります。

条件が満たされれば、誰でも支援金を受け取れます。目標がある方は、沼津市で達成できるかもしれませんよ。

 

【浜松市】

 

浜松市では、市内で生産・加工された木材を使った住宅の助成事業を行っています。

「天竜材」と呼ばれる地域材を利用して家を建てると、一立法あたり2万円(上限30万円)の補助金を受けられるのです。「マイホームを持つのが夢だ!」という方は、浜松市への移住を検討してみてみてくださいね。

 

静岡県に移住する魅力はなに?うれしい移住支援を紹介!

 

愛知県

beeboys – stock.adobe.com

 

愛知県は産業力や経済力の他にも、都市機能、自然、食文化など、さまざまな魅力にあふれています。

 

活気ある愛知県の知られざる魅力について紹介いたしますので、移住地を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

 

魅力

 

愛知県は日本のほぼ中心に位置しているので、全国各地へ気軽にアクセスできる地域です。2027年にリニア新幹線が開通すれば都心へのアクセスが、より良好になるでしょう。

 

愛知県は都会というイメージがあるかもしれませんが、豊かな自然にも囲まれたバランスのとれたまちです。

 

また、女性の活躍や、子育て支援にも力を入れて取り組んでおり、さまざまな背景を持つ人すべてが暮らしやすいまちになるようにサポートする動きがあります。

 

気候は一年を通して温和なので、とても過ごしやすいですよ。

 

移住支援

 

県全体で取り組んでいるのは、以下のような都内23区などの首都圏からの移住者を対象とした支援金の支給です。

 

【対象】

・東京23区へ5年以上在住していた・東京23区外、神奈川、千葉、埼玉などへ5年以上在住し、かつ23区内に5年以上勤務していた

 

【支援金】

・世帯の場合:1世帯につき100万円
・単身の場合:1人につき60万円

 

さらに、愛知県は移住を検討する人に向けて、「愛知の住みやすさ発信サイト」で愛知の魅力を発信しています。

 

先輩移住者のリアルな声も掲載されているので、気になる方はWEBサイトを覗いてみてくださいね。

 

名古屋市だけじゃない!愛知県の魅力&移住支援とは?

 

岐阜県

oben901 – stock.adobe.com

 

岐阜県は飛騨高山の風情ある街並みなど、古くからの伝統が今も息づく歴史深い地域です。

 

アウトドアが気軽に楽しめる岐阜県には、どのようなところに移住する魅力があるのかチェックしていきましょう。

 

魅力

 

岐阜県は東西からのアクセスが良く、新幹線で東京から約2時間、大阪から約1時間、名古屋からは電車で約20分という近さです。

 

週末移住から定住に変えるなど段階的な移住もできる距離なので、田舎暮らしを始めてみたい方にはおすすめです。

 

また、岐阜県では古くからある伝統文化が、いまも大切に受け継がれています。情緒のある町並みが見られる地での暮らしでは、きっと歴史が息づいているのを感じられるでしょう。

 

移住支援

 

岐阜県は移住者のサポートが充実しています。県内ではどのような移住支援があるのか、いくつかの例を紹介いたします。

 

【お試し住宅】

 

県外からの移住者に向けて、一部の県営住宅をお試し住宅として提供しています。古民家やシェアハウス形式のコテージが用意されており、個性的な住まいを楽しめます。

家賃は1万円台から4万円以内なので、移住先を探すための拠点として気軽に利用できますよ。

 

【岐阜県林業就業移住支援金】

 

東京圏以外から岐阜県内へ移住して林業に就業する方に対して、県と市町村が共同で支援金を支給しています。

支援金の額は単身世帯が60万円、2人以上世帯は100万円の支援金です。

 

【ぎふの木で家づくり支援事業】

 

この事業では、岐阜県産の木材を使用した住宅の新築、もしくはリフォームをする時に県が費用の一部を助成しています。

1棟あたりの助成額は新築が20~90万円、リフォームの場合は4~16万円となっています。

 

岐阜を知れば住みたくなる!移住する魅力はなに?

 

三重県

Rummy & Rummy – stock.adobe.com

 

三重県は、全国から参拝客が訪れる伊勢の神宮や世界遺産の熊野古道など、歴史と文化の観光資源にも恵まれている地域です。

 

三重県に移住する魅力を深掘りしていきましょう。

 

魅力

 

三重県は5つのエリアに分かれており、それぞれ異なる魅力があります。

 

・経済産業なら「北西エリア」

・都会と自然のバランスがとれた「中勢エリア」

・観光スポットに恵まれた「伊勢志摩エリア」

・通勤通学のアクセスが良い「伊賀エリア」

・人情味あふれた田舎暮らしができる「東紀州エリア」

 

地域によって気候の特性や暮らしぶりも異なるので、三重県への移住を考える際は、「どのような暮らしが理想なのか」についてよく向き合う必要があるでしょう。

 

5つのうちどこかの地域には、あなたが思い描く理想の暮らしが見つかるはずです。

 

移住支援

 

三重県の移住支援は、移住する前段階から手厚いサポートがあることが特徴です。どのような支援があるのか、早速みていきましょう。

 

【体験住宅】

 

移住を考えている方に向けて、三重での生活を体験できる「お試し住宅」を用意しています。

短期滞在型から最長6ヵ月の長期滞在もできるので、移住や田舎暮らしへの不安がある方は、活用したほうが良いでしょう。

 

【子育て応援クーポン】

 

三重県では子育て支援にも力を入れており、その取組みの一環として「子育て応援クーポン」を配布しています。

県内の協賛しているスーパーマーケットや飲食店などで「子育て応援クーポン」を提示すると、割引やサービスなどの特典が受けられるそうですよ。

 

【移住支援金の支給】

 

東京圏から三重県に移住し、県内で就業した方には移住支援金が支給されます。

単身者の場合は60万円、2人以上世帯の場合は100万円ほど支給されるようです。対象者の条件を確認し、この機会を逃さないように自治体のホームページをチェックしてみてくださいね。

 

パワースポットの宝庫!三重県に移住する魅力はなに?

 

 

東海地方ではたらく

peach100 – stock.adobe.com

 

東海地方で働くには、自治体ごとの移住支援制度を利用したほうがスムーズに仕事探しができます。

 

農業や林業、漁業、または起業など、挑戦したいことがあれば、東海地方にはどんどん挑戦できる環境が用意されています。

 

また、東海地方に移住する方の中には、都心まで通勤できる距離という前提で住まい探しをする方が多いそうです。「今の仕事は辞めたくないけど、地方への移住に興味がある」という方は、東海地方から通勤できるのも一つの魅力です。

 

さらに、都心へのアクセスの良さから、二拠点居住を実践する方も珍しくありません。多様な働き方ができるので、いまのうちにキャリアプランを見直してみると良いかもしれません。

 

東海地方のホテル・旅館で働きたい方は、就職・転職支援サービス「おもてなしHR」をぜひご活用くださいね。

 

移住の最新情報は自治体のホームページをチェックしよう!

Drobot Dean – stock.adobe.com

 

東海地方には、さまざまな魅力的なエリアがたくさんあります。今回紹介したのは、ほんの一例に過ぎません。

 

もし気になった自治体があれば、早めにその地域について調べるようにしましょう。移住に関する最新情報は自治体のホームページでしっかりと確認してみてくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る