移住先に熱海が選ばれる理由を徹底分析!

静岡県熱海市は、温泉や海がある観光地として有名なまちです。観光客として訪れてから熱海市に惹かれ、移住・定住を検討する方は少なくないそうです。この記事では移住先の候補に熱海市が挙がる理由や、実際に移住して大変だったことを紹介いたします。

熱海市ってどんなところ?

Masaharu Shirosuna – stock.adobe.com

 

熱海市は一年中を通して気候が安定しており、自然に囲まれたリゾート地です。

 

美しい海があるのでダイビングや釣り、クルージングなどが楽しめるほか、山もあるので四季の移り変わりも堪能できるでしょう。

 

都心へのアクセスも良く、移住後も熱海市から都心の企業に通勤する方がたくさんいらっしゃいます

 

魅力的に見える熱海市ですが、実はまちの衰退の危機に陥ったことがあるのです。しかし、いまでは着々と事業所数が増加し、空き店舗が減って新規出店が増えているそうです。

 

「豊かな暮らし」と「人気の観光地」を両立できるまちは、それほど多くありません。だからこそ、今後はますます熱海市への注目度は上がりそうですね。

 

なぜ熱海市が移住先に選ばれるのか

ipopba – stock.adobe.com

 

熱海市は観光地だけでなく、移住先としても高い人気があります。なぜ熱海市が移住先に選ばれているのか、その理由を探っていきましょう。

 

「暮らし」と「リゾート感」のバランスがいい

 

熱海市は、「暮らし」と「リゾート感」のバランスがとても良く、特に定年退職後の移住先に選ばれることが多いそうです。

 

温泉付きの物件が多いので、悠々自適に暮らしたい方には「憧れのライフスタイルを実現できる」と人気です。

 

都心へのアクセスが良い

 

熱海市は都心へのアクセスが非常に良く、新幹線を使うと品川駅までは約40分、東京駅までは約50分で到着します。

 

熱海市には東京まで通勤する方は珍しいことではなく、移住者の多くは「東京までの移動時間でオンとオフを切り替えやすい」と評判です。

 

また、1時間ほどで箱根市や御殿場市まで、気軽に足を延ばせることも魅力でしょう。

 

気候が安定している

 

年間を通して過ごしやすい気候の熱海市は、夏は涼しく、冬は暖かいので、猛暑や降雪量を心配する必要はありません。

 

都心から少し離れたところへ地方移住したい方には、とてもピッタリの土地だと言えるでしょう。

 

熱海市に移住して大変だったことはある?

One – stock.adobe.com

 

熱海市に移住をしたものの、「もっと調べておけばよかった」と実際に暮らしてみて大変に思うこともあるようです。

 

移住を決めるうえでどんなことを気を付ければよいのか、そのポイントを紹介いたします。

 

坂道が多い

 

熱海市は坂道が多いので、自転車を移動手段とするのはかなり大変なようです。だからといって、徒歩も辛いので、基本的には車や原付バイクでの移動が主流となります。

 

都会では車なしでも徒歩や自転車でなんとかなっていましたが、熱海市ではいままでの移動手段だけでは厳しいことを覚えておきましょう。

 

良くも悪くも観光地

 

熱海市は、とても人気のある観光地です。観光地ならではの恩恵もありますが、土日の道路が混んでいたり、イベントがあると交通規制がしかれたりなど、住民にとっては良いことばかりではないようです。

 

歩行者も多くなるので、運転には苦労する方も多いそうなので十分に気を付けましょう。

 

車の運転がしにくい

 

熱海市に住むには車があったほうが良いとお伝えしましたが、狭い道路がたくさんあるので、運転が怖いという方も少なくありません。

 

また、観光地ならではの特徴かもしれませんが、他県からの観光客の運転がおぼつかなかったり、狭い道に路駐されていたりなど、「車の運転に、かなり気を遣わなければいけないのが疲れる」という声もあるようです。

 

理想だけを追い求めず、等身大の「熱海」を知ろう!

masyok – stock.adobe.com

 

熱海市はとても暮らしやすく、明るい未来のあるまちです。しかし、観光で何度か訪れただけでは本当のまちの良さや、「自分にこの土地が合っているのか」は判断できません。

 

もし熱海市への移住をお考えであれば、熱海市の「暮らしやすさ」と「大変さ」の両方から検討するようにしてくださいね。

 

結果、移住を決定した際には、熱海市にはどのような移住支援制度があるのかよく確認しましょう。支援制度を使ったほうが、物件探しや住まい探しがスムーズに進むかもしれませんよ。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る