地方移住の現状を理解しよう!知っておきたい現実とは?

新型コロナウイルス感染症の流行により、場所にとらわれない働き方が、誰もが現実にしやすい環境となりました。それに伴って、地方への移住を検討する方も多くなっているそうです。しかし、地方移住の現状について見て見ぬふりをすると、後悔することになるでしょう。地方の現実を知ってから、移住への準備を整えてくださいね。

メリットだけじゃない!地方移住の現実

Giulio_Fornasar – stock.adobe.com

 

地方移住の魅力は、なんといっても自然に囲まれて暮らせることです。都心よりも人口密度が低いため、必要以上のストレスを溜め込むこともないでしょう。

 

また、家賃などの住居費が安いだけでなく、地域によっては鮮度のいい野菜や海産物が楽しめます。

 

しかし、都心から地方に移住するデメリットもあります。地方に移住すると、都心では当たり前にできていたものが、できなくなる恐れがあるのです。

 

都心から地方へ移住した方が実際にどういったことに困ったのか、地方の現状を紹介いたします。

 

車がないと生活できない

 

車がないと生活に困る地域があるようです。

 

住んでいる地域の最寄り駅まで徒歩30分以上かかったり、最寄駅から隣の駅まで歩くと1時間以上かかったりすることも珍しくありません。

 

「電車が1時間に一本しか来ない」「終電が21時台」という地域もあり、さらに自宅から一番近いコンビニに行くまで車で15分以上走らなければいけないところもあります。

 

都市部では電車やバスの本数がたくさんあるので交通手段には困らなかったかもしれませんが、地方での移動は都市部のようにはいかないことを覚えておきましょう。

 

教育施設や医療施設が少ない

 

地方は都市部に比べて、教育施設や医療施設が少ない傾向があります。

 

教育施設

地方は子どもが成長するにつれて、学校の選択肢が狭まることがあります。
少子高齢化が進み、なかには隣町の学校と統合したり、小学校と中学校が合併したりなど、どんどん教育施設の数は減少しているようです。
場合によっては、中学校・高校進学のタイミングで親元を離れ、寮や下宿などで生活する子どもいるのだとか。

 

医療施設

地域差はあるものの、地方のどこにでも医療施設が整っているというわけではありません。
教育施設と同じように、都心と比べて病院の選択肢は減少するようです。
この先、地方移住を検討している方は「自宅付近に病院があるかどうか」というポイントも重視すると良いでしょう。

 

地元民との付き合いが大変

 

地方には、もともと住んでいる住民たちの結束力が強く残っている地域があります。そのため、移住してきた人がいつまでたっても「よそ者」として扱われることも少なくないようです。

 

排他的な雰囲気があると、移住者側がどれだけ努力しても地元のコミュニティに馴染めず、地元民たちとの付き合いがストレスに変わってしまうことも。

 

移住先を選ぶときには、自治体が用意している「田舎への宿泊体験」を利用して、実際に数日から数週間にわたって暮らしてみると地域の雰囲気がつかみやすいかもしれません。

 

 

都会に比べると地方の求人数はかなり少ない……。

beeboys – stock.adobe.com

 

都会に比べると、地域によっては求人数の幅がそれほど広くない傾向があります。仕事内容や職種を厳選しなければ問題ありませんが、地方で仕事を見つけようとすると業務が限られることがあるのです。

 

極端な例を挙げれば、限界集落で仕事を探そうとすると、他の地域よりも仕事の幅がかなり狭まるので自分の納得がいく仕事に出合える保障はできません。

 

憧れだけで地方移住をすると「自分に合った仕事が見つからない」といった理由で、都心に戻ってきてしまうことになります。

 

そういった地方移住者は大勢いますので、失敗しないようにきちんと地方の現状には目を向けるようにしましょう。

 

地方移住におけるミスマッチの現状

twinsterphoto – stock.adobe.com

 

地方移住には、「地元の住民」と「都心からの移住者」の間でミスマッチが生じやすい現実があります。

 

特にミスマッチを起こしやすいのは、住民のニーズと移住者の意欲によるミスマッチです。実際に生じたミスマッチ例を紹介いたしますので、地方移住の現実を見てみましょう。

 

地域おこし協力隊として、東北地方にやってきたAさん。
とある農家の広報を担当することになったAさんは、「地域を良くしよう」と張り切ってさまざまな提案をしました。
しかし、農家側からは「農業について何も知らないのに、余計なことをしないでほしい」と苦い顔をされてしまったのです。
その後、農家の方との関係を修復できず、Aさんは任期を残したまま広報業務の担当外となり、任期を終えるまで自治体役場の雑用業務を行って過ごしました。

 

このような例では、いくつかの失敗があります。

 

まず、自治体側にAさんと農家との間を取り持つ努力が足りなかったことが挙げられます。自治体側は、Aさんに任せる仕事について農家の方々と十分な話し合いを行い、そこで決まった内容をAさんにきちんと伝えるべきでした。

 

また、Aさんには「地域を良くしよう」という想いが強すぎて、地域から学ぼうとする姿勢があまり感じられなかったことが問題として考えられます。

 

「地域を良くしよう」という想いが、「変えてやる」といった一方的なお節介と捉えられると、地元の方の反感を買ってしまうのは無理もないでしょう。

 

もし「地域を良くしよう」という想いで地方移住するのなら、地元の方々の意見をないがしろにせず、地域に寄り添ってコミュニケーションをしっかりとることが重要ですよ。

 

 

地方での仕事探しにお困りの方は「おもてなしHR」をご活用ください

New Africa – stock.adobe.com

 

ホテル・旅館で働きたい方は、就職・転職支援サービス「おもてなしHR」をぜひご活用ください!

 

地方でのお仕事探しに苦戦しておられる方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

「おもてなしHR」では宿泊業界に特化した専任のアドバイザーがおりますので、就職・転職へのご不安を解消しつつ、あなたの就職・転職活動を丁寧にサポートいたします。

 

未経験の方でも安心してお仕事を探せるよう、あなたに合った求人を紹介いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る