華やかな観光地と豊かな自然が魅力!神奈川県の生活環境や移住支援について

関東の南に位置し相模湾と東京湾に臨む神奈川県は、温暖な気候と都心へのアクセスもよく、住みやすさに定評のある県です。また、横浜や湘南などのおしゃれなスポットを有しているので、移住に関心を持っている方も多いのではないでしょうか。今回の記事では、神奈川県の魅力や移住の取り組みについてご紹介します。

多彩な観光スポットを持つ神奈川県への移住

横浜

okimo/shutterstock.com

 

神奈川県には西洋文化をいち早く取り入れた横浜や、良質の温泉に恵まれた箱根、古い街並みが美しい鎌倉、アメリカナイズの横須賀など観光スポットがたくさんあります。神奈川県の暮らしにはどんな魅力があるのでしょうか。

都心から日帰りで行ける手つかずの大自然

神奈川県は都会的な顔とはまた別の、自然を感じられるスポットがあります。横須賀沖から船でわずか10分ほどの距離にある無人島は、かつて旧日本軍の要塞(ようさい)として使われていました。

 

今では公園として歴史散策やBBQ、夏はビーチリゾートを楽しむ人でにぎわっています。兵舎や弾薬庫など旧要塞(ようさい)施設を覆うように、木の根を張り巡らせる手つかずの自然は、まさに神秘的な空間といえるでしょう。

 

また箱根には、約3000年前の箱根火山によってできた爆裂跡があります。火山噴火により樹木は立ち枯れ、赤茶色の山肌が見え、白い噴煙が吹き上がる様子から「地獄谷」と呼ばれていました。今もなお100℃前後の噴煙が上がり続けており、大自然の迫力を感じられるスポットです。

見どころがいっぱいの神奈川県

日本有数の観光都市、横浜をはじめ県内の広範囲に観光スポットがある神奈川県。古都の雰囲気を味わえる鎌倉は、日本最古の禅寺や鎌倉のシンボルともいえる大仏、ご当地グルメを食べ歩きできる観光ストリートなど、幅広い年代の人々が楽しめる場所。

 

鎌倉から電車で約20分程の距離には、江ノ島があります。江ノ島には波の浸食でできた洞窟や日本三大弁財天の一つ「裸弁財天」がまつられている神社など、海水浴だけではなく、季節を問わずに楽しめる場所がたくさんあります。東京から1時間ほどでいけるのも魅力ですね。

ジャンクフードから海鮮料理まで豊かな食

神奈川県には、東アジア最大規模のチャイナタウンとして知られる横浜中華街があります。大通りから細い路地裏まで飲食店が立ち並ぶので、食べ歩きにおすすめの場所です。

 

米軍基地や自衛隊の基地がある横須賀市は、ボリュームたっぷりのハンバーガーなどアメリカンな料理を楽しめます。また、しらす漁やまぐろ漁が盛んなことから、生しらす丼やまぐろ料理が有名です。

移住前にチェック!神奈川県の住環境

平塚

osap/shutterstock.com

基本情報

人口 920万9442人(2020年)
転入人口 21万726人(2019年) 前年比1.1%の増加
年間降水量 1688mm (横浜市2020年)
雪日数 10日(横浜市2020年)
気温 日平均17.0℃、最高気温36.4℃、最低気温0.0℃(横浜市2020年)
求人倍率 0.75倍(2020年10月)
消費者物価
地域差指数
104.0(2019年)

都心部からアクセスしやすい環境

神奈川県は東京都心までの交通アクセスが良く、距離的には遠い地域でも、快速・特急を利用して東京へ30分以内で行ける駅もあります。

 

駅前には大型商業施設や飲食店が多くありますが、駅を少し離れると閑静な住宅街が広がり、自然公園、緑地が多く整った住環境です。神奈川県は、住みやすさなどからベッドタウンとして発展し、東京に次ぐ人口を有しています。

子育て世代にうれしい環境

待機児童ゼロを目指す横浜市は、市内18区すべてに保育教育コンシェルジュを配置しています。就学前の子どもを持つ母親を対象にしたサービスで、各家庭のニーズに合った保育サービスなどを紹介する、保育園に入れなかった場合のアフターフォローをするなど、子育て支援の活性化に取り組んでいます。

 

また、父と子どもが一緒に学べる講座やイベントなどの情報を発信するヨコハマダディの運営など、父親の育児をサポートする制度も設けられています。

 

横浜市での生活や、移住支援制度については以下の記事をご参照ください。

 

横浜市への移住を考えている人必見!横浜市に住むメリット・デメリットと住民支援制度を解説!

神奈川県の移住・定住支援の取り組み

神奈川の海

okimo/shutterstock.com

 

神奈川県は都会の便利さがありながら、海、山、川という自然の魅力も併せ持ち、移住者も年々増加傾向です。各市町村で行っている移住支援制度を、3つの市を例にご紹介します。

平塚市 

平塚市は神奈川県のほぼ中央、茅ヶ崎や江の島へと続く湘南エリアに位置する街です。湘南エリアに住みたい、働きたいを応援するプロジェクトとして、移住お試しプランや住まい紹介プランなどを提供しています。

 

子育て環境では、大学のキャンパスで子ども向けの講義が行われたり、子どもたちが五感で科学を体感できるイベントなど、楽しみながら学べる取り組みがいっぱいあります。

相模原市

神奈川県内では横浜市、川崎市に次いで人口が3番目に多い都市です。新宿まで快速で約30分という、アクセスの良さ魅力です。またリニア新幹線の駅が設置される予定で、都心までの所要時間が約10分と移動時間が飛躍的に短縮されます。

 

自然も多く、のどかな里山風景が色濃く残っている相模原市。日帰りで移住体験ができる藤野里山体験ツアーでは、かながわ観光大賞で審査員特別賞を受賞しました。里山に暮らす人たちと一緒に料理を作ったり、話したりとライフスタイルを楽しく体験できます。移住相談窓口や「Iターン応援住宅ローン」など移住者を対象とした特別住宅ローンもあります。

箱根町

箱根は「箱根十七湯」と呼ばれるように、大小17の温泉地が集結した日本有数の一大温泉街です。箱根町には移住支援として「箱根町民間賃貸住宅家賃補助制度」を設けています。

 

箱根町内の民間賃貸住宅に入居する新婚世帯または転入若者世帯を対象に、家賃の一部が補助されます。また子育て支援として、小学校在学児童を養育している世帯を対象とする「学校給食費補助金制度」や「高等学校等通学費補助金」など経済的な負担を軽減する制度が充実しています。

 

箱根での生活に興味のある人は、以下の記事も読んでみてくださいね!

 

緑と温泉の町・箱根の移住支援とは?箱根で暮らす魅力を解説!

まだまだたくさん!神奈川県の魅力的な街と移住支援制度

ここまで紹介してきた街のほかにも、神奈川県には魅力的な市町や移住支援に力を入れている自治体があります。以下のリンク先で詳しく紹介しているので、神奈川県内への移住を考えている人はぜひ参考にしてください。

 

子育てするなら逗子市や葉山?移住の失敗で後悔しないために知っておくべきこととは?

 

三浦半島に位置する三浦市の気候や生活の楽しみとは?移住支援制度の内容も解説!

 

人気の湘南エリア!二宮町での生活と移住支援制度とは?

魅力がいっぱい!神奈川県への移住を考えてみよう

箱根

Krishna.Wu/shutterstock.com

 

神奈川県は海や山などの豊かな自然と、おしゃれな商業施設や観光施設のある都市を持つ大変魅力的な地域です。交通のアクセスもよく、東京はもちろん新幹線を利用すれば、東海や関西方面へもすぐに行くことができます。神奈川県には、お試し移住体験できる自治体もたくさんあるので、興味のある方は利用するのもよいですね。

 

関東地方の移住情報については以下の記事でまとめて紹介しています。併せてご参照ください。

 

関東地方に移住する魅力とは?補助金・支援制度をまとめて見てみよう

 

また、以下のページではお試し移住ができる自治体に関する記事をまとめて紹介しています。他の地域のお試し移住に興味のある人は、併せてご参照ください。

関連記事:お試し移住ができる自治体を地域ごとにまとめて紹介!

 

神奈川県への移住をお考えの方、
ホテル・旅館のお仕事探しはこちらから

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る