防災意識を高める防災士の資格!取得方法や取得のメリットを見てみよう

防災士という資格を知っていますか?防災士とは、防災に関する正しい知識や技術を身に付けて、積極的に地域や職場の防災活動・災害支援活動をする人のことです。この記事では防災士の資格を取るための手順や、資格取得のメリットについて解説します。防災意識を高めるためにヒントにしてください。

災害大国日本!「防災士」の資格を知ろう

防災グッズ

KenamiRyoko – stock.adobe.com

 

地震や台風、大豪雨といった災害が多い日本。防災に対する意識を高く持ち、正しい知識を身に付けていざという時に備えたいものですよね。

 

日ごろの防災対策や、災害時の対処方法を習得できる「防災士」という資格があります。この資格を取ることで、どのようなメリットがあるのでしょうか。この資格が誕生した背景や、取得方法を見ていきましょう。

「防災士」とはどのような資格なのか?

地震対策

One-Dragon- stock.adobe.com

 

防災士とは、認定特定非営利活動法人の「日本防災士機構」から「防災に関する一定の知識・技能を有している」という認定を受けた人に与えられる資格です。

 

防災士とは、認定特定非営利活動法人の「日本防災士機構」から「防災に関する一定の知識・技能を有している」という認定を受けた人に与えられる資格です。防災士の活動内容は以下のとおり。

 

【平常時】

 

  • ・住宅の安全対策、防災グッズの備蓄を実施し、周囲の人にその方法を広める
  • ・職場や地域で防災訓練、防災教育を実施する
  • ・防災活動に積極的に参加する
  • ・防災計画の立案に参画

 

【災害時】

 

  • ・自分の身を守りながら初期消火や避難誘導、救助活動などを積極的に行う
  • ・復旧作業や物資の供給などの活動に参加する
  • ・所属する団体の要請に応じて避難所の運営などにあたる
  • ・救助計画の立案に参画

 

この資格が誕生した背景には1995年に起こった阪神・淡路大震災があります。震災の犠牲を教訓に、地域防災の向上を目的として考えられたのが防災士制度。

 

防災士の心構えは「自助(自分の命は自分で守る)・共助(身近な人と助け合う)・公助(国や地方公共団体と協力する)」です。公的な支援に頼りきるのではなく、自分たちの手で地域の安全を守っていきましょう、という取り組みなのですね。

「防災士」の資格はどうやって取得する?

防災士の資格を取るまでのステップを見ていきましょう。

 

まずは、日本防災士機構が定めたカリキュラムの防災士養成講座を受講します。教本にしるされた21項目のうち、最低12項目を集合研修で学び、残りの項目は自主勉強のうえレポートを提出するという方式です。

 

集合研修の日程は2日以上が一般的で、最終日に防災士資格取得試験を受験。正解率80%以上で合格。防災士資格取得試験に合格した後に救急救命講習を受ければ、防災士として認定されます。

 

一般的にはこの流れで防災士の資格を取ることになりますが、消防士や警察官(退職者を含む)を対象とした特例もあります。

 

参照:防災士の資格取得方法について/認定特定非営利活動法人日本防災士機構ホームページ

「防災士」の資格を取得するメリットとは?

防災士はあくまでも民間の資格であり、災害発生時に指揮を取ったり、救助活動の責任を負ったりということはありません。正しい知識と技能を持って防災活動や災害時のボランティア活動にあたる人、という位置づけが妥当です。

 

また、真面目に講習を受ければほぼ誰でも合格できるという難易度のため、就職で有利に働く資格ではないでしょう。

 

しかし、防災士の資格を取ることで、日ごろからの防災意識が高まり、災害時に「守ってもらう側」の立場から「守ってあげる側」の立場へと、意識を大きく変えられるはず。

 

自分や家族、地域を守ることはもちろん、ホテルマンなどお客様の安全を守る仕事をしている人は、取得して損はない資格です。

防災意識を高める「防災士」の資格

防災士は、取得しても権限を得られたり、何かが有利になったりする性質の資格ではありません。しかし、受験することで災害に備える方法を学べるはず。

 

その知識を周囲にシェアすれば、防災の輪が広がることでしょう。興味のある人は取得を検討してはいかがでしょうか。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る