接客業の職種はどんなものがある?各職種のやりがい・大変なことは?

接客業の職種は、飲食・販売・アパレル・美容など多岐に渡ります。人気のあるホテルなどのフロントスタッフ・飲食店のホールスタッフ・アパレルなどのショップスタッフ・コンビニなどのレジスタッフ・遊園地などのレジャー施設スタッフ・美容室などの美容スタッフの6つの職種について、やりがいと大変なことをご紹介します。

接客業の職種にはどんなものがある?

blanche – stock.adobe.com

 

接客業は、お客様と直接接することから、企業の顔とも言える華やかな職業ですよね。接客スタッフの素敵な笑顔を見て、自然と笑顔が移ったという経験を持つ方も少なくないはずです。

 

「自分も人を笑顔にしたい!」「多くの人と接したい!」という思いから、接客の仕事を目指している方も多いのではないでしょうか。「他の接客の仕事もしてみたい」と考えている方もいるかも知れません。

 

接客業は、飲食・販売・アパレル・美容など、業種によって職種は多岐に渡りますが、それぞれに違った魅力があります。代表的な6つの接客業の職種を例に、やりがい・大変なことをご紹介しますので、ぜひ就職・転職活動のヒントにしてみてくださいね

 

接客業の職種:ホテル・旅館のフロントスタッフ

one – stock.adobe.com

 

接客の花形とも言えるのが、ホテル・旅館のスタッフです。中でもイメージしやすいのは、お客様と最も接する機会の多いフロントでしょう。

 

近年、外国人観光客の増加から、語学力を活かす場が増えているホテル・旅館のフロントスタッフは、どのようなやりがいを感じられるのでしょうか。大変なこともあわせて、みていきましょう。

 

ホテル・旅館のフロントスタッフのやりがい

無形のサービスに対し対価が支払われるホテル・旅館では、お客様も接客に対する期待値を高く持って来店します。そのため、従業員は一流の接客を身に付けなければなりません。

 

そんなホテル・旅館のフロントスタッフの最大のやりがいは、厳しい研修を乗り越えたことで身に付いた一流の接客を通し、お客様に満足をしていただくことができるという点でしょう。

 

また、ホテル・旅館は、食事を提供するスタッフや客室清掃を担当するスタッフなど、様々なスタッフから成り立っています。従業員同士の連携を取り合い、業務を行うこともやりがいに繋がります。

 

ホテル・旅館のフロントスタッフの大変なこと

無形のサービスを提供しているということもあり、幅広いクレームに対応しなくてはならないということが大変だと感じるスタッフも多いようです。

 

お客様によっては、無理難題を押し付けられることもあります。その場合は、代替案を提示し、お客様に納得していただかなくてはなりません。

 

しかし、お客様に納得してもらえた時には、自分自身の成長を強く実感できるでしょう。

 

接客業の職種:飲食店のホールスタッフ

mapo – stock.adobe.com

 

外食をよくするという方が、接客といって真っ先に思い浮かぶのは、レストランや居酒屋をはじめとした飲食店のホールスタッフでしょう。

 

お客様を席までご案内し、料理や飲み物のオーダーを取り席まで運ぶということがメインの業務となる飲食店のホールスタッフには、どのようなやりがいがあるのでしょうか。

 

飲食店ホールスタッフのやりがい

カジュアルな接客ができる飲食店は、自分を表現しやすい職場とも言えるでしょう。

 

そんな職場で、食事を目的として来店したお客様が、接客を通し自身のファンになったことで、重ねて足を運ぶようになってくれたということがやりがいと感じるという飲食店のホールスタッフも多いようです。

 

また、飲食店には必ずピークタイムがあります。乗り切った時には、スポーツのような達成感を味わうことができるでしょう。

 

飲食店ホールスタッフの大変なこと

飲食店のホールスタッフは、業務時間中は常時動き回ることとなります。そのため、体力的に大変だと感じることも多いようです。

 

あわせて、酒類を提供する飲食店であれば、筋が通っていないお客様のクレームに対応しなければならなかったり、汚れの多いお手洗いを頻繁に掃除しなくてはならないということに苦労を覚えるかも知れません。

 

接客業の職種:アパレル・雑貨などのショップスタッフ

Monkey-Business – stock.adobe.com

 

ショッピングモールの中でも従業員数が多いのが、アパレル・雑貨などのショップスタッフです。

 

どれを購入しようかと悩んでいる際に、トレンドや店員さんならではの意見を伝える機会も多いため、他の職種と比較した時、お客様から感謝の気持ちを伝えられる回数が多い職種と言えるでしょう。

 

販売スタッフと呼ばれることのあるショップスタッフには、どのようなやりがい・大変なことがあるのでしょうか、みていきましょう。

 

ショップスタッフのやりがい

最大のやりがいは、自身が薦めた商品をお客様が購入してくれることでしょう。時には、その商品の感想を、再来店の際に話してくださるお客様もいます。嬉々としたお客様の顔を見ることができることで、大きなやりがいを感じられることでしょう。

 

また、その店の商品が好きということがきっかけて仕事に就くというスタッフも多いため、スタッフ間の価値観が近しいとともに、売上目標を切磋琢磨しながら達成ができるという点も、やりがいと言えるでしょう。

 

ショップスタッフの大変なこと

ショップスタッフで大変なことは、個人の売上目標がある点でしょう。営業職にも近いショップスタッフは、日々自身の売上と向き合いながら仕事をしなければなりません。

 

店内販促の設置やレイアウトの変更など、営業時間中にできない仕事があることが大変だと感じるスタッフも多いようです。

 

接客業の職種:コンビニ・スーパーなどのレジスタッフ

TAGSTOCK2 – stock.adobe.com

 

幅広い年齢層で採用をしているのが、コンビニやスーパーのレジスタッフです。接客業の職種の中でも、お客様と接する回数が最も多いのはレジスタッフなのではないでしょうか。

 

扱う商品数が多いことや、小さな業務がたくさんあるため、マルチタスクの処理能力が高いほど重宝されるレジスタッフには、どのようなやりがい・大変なことがあるのでしょう。

 

レジスタッフのやりがい

レジスタッフは、1日に多くのお客様が絶え間なく来店しながらも、品出しやトイレ掃除、カゴの回収など雑務をこなさなくてはなりません。

 

忙しい中で、業務の効率化を図ったり、スキマ時間を上手く活用することで、任された仕事以上の仕事ができた時は、大きなやりがいを感じることができます。

 

仕事で一定以上の評価が得られた場合には、売り場担当を任されることもあり、自身が行ったディスプレイやPOPなどから商品の売上が伸びた時にはさらに大きなやりがいを感じられることでしょう。

 

レジスタッフの大変なこと

業務ひとつひとつにスピード感が求められます。ゆったりと仕事を行いたいという方は、ひっきりなしに押し寄せるお客様の対応だけで大変だと感じてしまう場合があります。

 

また、目まぐるしく仕事を行う中で、常に店のお金を扱わなければならないため、中には気苦労してしまうという方も。

 

最近では、紙幣や硬貨のほか、ポイント支払いや、クレジットカード払い、スマートフォンでのキャッシュレス払いなど、多岐に渡る支払い方法に対応しなければならないことも、大変な点と言えます。

 

接客業の職種:遊園地・アミューズメントなどのレジャー施設スタッフ

pixel78.de – stock.adobe.com

 

ここ数年、流行が続くリゾートバイトという言葉はご存じでしょうか。

 

リゾートバイトは、主に繁忙期の一定期間、レジャー施設に住み込みで働くアルバイトのことを指します。国内外、様々な場所のレジャー施設で働くことができ、住み込みの場合は食事などが提供されることもあり、学生を中心に人気のアルバイトとなっています。

 

そんなリゾートバイトを含めた、遊園地やアミューズメントなどのレジャー施設のスタッフは、どのようなことにやりがいを感じるのでしょうか。また、どのようなことが大変だと感じるのでしょうか。

 

レジャー施設スタッフのやりがい

非日常を提供する遊園地やアミューズメントなどのレジャー施設スタッフのやりがいは、なんといってもお客様の楽しんでいる様子を間近で見られることでしょう。

 

お客様に全力で楽しんでもらうため、スタッフ自身も楽しみながら仕事をすることができます。また、お客様から「楽しかった!」「また来ます!」という声をいただく機会が多さは、他の職種の類を見ないことでしょう。

 

レジャー施設スタッフの大変なこと

どの接客業でも大型連休や年末年始などは休みを取りづらい傾向にありますが、最も休みを取りづらいのはレジャー施設でしょう。

 

そして、屋外施設であれば、営業は天候に左右されますので、スタッフは暑い・寒いという環境で働かなくてはならなくてはならないということが、大変な点と言えます。

 

加えて、プライベートで落ち込むようなことがあった場合でも、一切笑顔を絶やすことができないということから、精神的に疲れてしまうというスタッフもいるようです。

 

接客業の職種:美容室・エステなどの美容スタッフ

buritora – stock.adobe.com

 

女性を中心に人気の高い職種が、美容室・エステなどの美容スタッフです。近年では、日本国内で男性の美容意識も高まってきたことから、男性専門の脱毛エステなども増えてきました。

 

他の職種と比べ、専門的な知識が必要となる美容スタッフのやりがい・大変なことをみていきましょう。

 

美容スタッフのやりがい

お客様を、お客様自身の思い描く理想に近づけるお手伝いができ、理想に近づけたと感じたお客様から感謝の言葉をかけてもらえることが、やりがいに繋がるというスタッフが多いようです。

 

また、美容系の職種は多少なりとも技術が必要になります。日々、技術が向上していくことを感じられることも、やりがいと言えるでしょう。

 

美容スタッフの大変なこと

職場には女性スタッフが多いことに加え、美意識の高い方が職場に集まっていることから、人間関係に疲れてしまうというスタッフもいるようです。

 

お客様に関する大変なことは、施術中のコミュニケーションです。他の職種と比べ、圧倒的に1人のお客様とのコミュニケーション量が多い仕事ですので、口ベタな方は気苦労をしてしまうこともあるでしょう。

 

自分に合った接客業の職種を選ぼう!

LIGHTFIELD-STUDIOS – stock.adobe.com

 

一口に接客業と言えども、様々な職種があります。ご紹介した6つは一例でしかありませんので、接客業に就きたい方、また別の業種へ転職を検討している方は、自分に合った接客を行える環境を探してみるのがよいでしょう。

 

ホテル・旅館への就職・転職に興味があるという方は、当サイト「おもてなしHR」を活用してみてはいかがでしょうか。

 

宿泊業界の豊富な求人情報掲載をはじめ、就職・転職支援サービスを無料で受けることができます。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る