旅館の住み込みバイトってどう?仕事内容・給料・口コミやメリット・デメリットを紹介

旅館やホテルは、住み込みバイトの代表格ですよね。給料が比較的良く、貯金を貯めやすいなどのメリットをよく耳にしますが、実際はどうなのでしょうか。旅館の住み込みバイトの仕事内容や給料をはじめ、メリットやデメリット、よくある疑問や口コミをまとめました。

旅館の住み込みバイトではどんな仕事をする?

おもてなし

iStock.com/recep-bg

 

旅館の住み込みバイトよく募集が掛かっているのは、仲居・清掃スタッフ・調理補助です。

 

中でも特に多いのは、仲居の求人です。仲居の仕事は、お客様のお出迎えや客室までのご案内、お布団や食事の準備、そしてお見送りなど。滞在中のお客様の身の回りのことを、一通りお世話するのが主な仕事です。

 

仲居はおもてなしの心や接客スキルが必要とされる仕事なので、「自分には無理かも」と思う人は清掃スタッフや調理補助など、本格的な接客の無い仕事を探しているのが良いでしょう。

 

旅館の住み込みバイトの給料は?

当サイト「おもてなしHR」に掲載されている旅館の住み込みバイトの求人を見ると、給料は時給1,000円前後が多いようです(2021年7月時点)。他業界のアルバイトと比較すれば、高時給と言えるのではないでしょうか。

 

時給が低い旅館でも900円程度からスタートする求人が多いので、地方であってもそれなりの給料を稼ぐことができるはずです。深夜割増賃金が適用される夜勤のシフトが多ければ、月30万円程度を稼ぐことも夢ではないようですよ。

 

旅館の住み込みバイトのメリットは?

温泉

iStock.com/PRImageFactory

 

どうせバイトをするのであれば、働くメリットの大きなバイトを選びたいですよね。旅館の住み込みのバイトには、他のバイトには無いメリットが多数あります。どのようなメリットがあるのか、しっかりチェックしていきましょう。

 

全国どこでも応募できる

やってみたい!と思うバイトがあっても遠方だったり、交通の便が悪くて諦めたりした経験がある方も少なくないはずです。

 

その点、住む場所が用意されている住み込みのバイトなら全国各地のどんなエリアでも、自分の現在地に関係なく応募が可能です。知らない土地で働き、生活してみたい人には大きなメリットと言えるでしょう。

 

面接も近隣の支店やオンラインで可能な場合が多く、赴任に掛かる費用も負担して貰えることがほとんどのようです。実家暮らしの大学生の方などは、ひとり暮らしの予行練習として働いてみるのも良いかもしれませんね。

 

お金が貯まる

宿泊業界のバイトは、他のバイトに比べて時給が高い傾向にあります。加えて、寮費や食費は無料か格安であることも多いので、生活費はほとんど掛かりません。

 

離島や山奥の旅館などでは時給が安いこともありますが、生活費が掛からないことを考えれば貯金は充分にできるはず。短期間で集中してお金を稼ぎたい・貯めたい人にも、旅館の住み込みバイトは適しています。

 

ミドル・シニアの未経験者も応募可能

旅館では、幅広い年齢層の人材が活躍しています。これは住み込みバイトも同様であり、ミドル・シニアの未経験者を歓迎している旅館も多いので、知らない世界に飛び込みたいという人にとっては大きなチャンスと言えるでしょう。

 

人生のどのタイミングで、天職に出会えるかは人それぞれですよね。旅館での住み込みバイトが、第二の人生のスタートになるかもしれませんよ。

 

接客マナーや着物の着付けが身につく

旅館のバイトでは、業務以外でも役に立つスキルを身に付けることができます。接客マナーはもちろん、着物の着付けや生け花、英会話まで無料で教えてくれる旅館もあります。ちょっとしたカルチャーセンターのようですよね。

 

業務上、習得しないわけにはいかないというプレッシャーがあるからこそ、真剣に取り組んで自分のものにできることでしょう。空いた時間に寮の部屋で仲間と助け合って練習できるのが、住み込みバイトならではの利点です。

 

温泉に入り放題の旅館もある

温泉旅館の住み込みバイトでは、仕事の終わりに温泉に浸かれるという、嬉しい特典が付いていることがあります。

 

一生懸命働いた疲労感が吹き飛び、お肌もつるつるになるのはとても魅力的なのではないでしょうか。仕事終わりの温泉が目当てで、住み込みのバイトをしているという人も少なくありません。

 

働きながら美肌づくりができるのは、温泉旅館の住み込みバイトならではです。

 

旅館の住み込みバイトにデメリットはある?

起きられない

iStock.com/MIND_AND_I

 

続いて、旅館の住み込みバイトをする上で、あらかじめ知っておいたほうが良いデメリットについて解説します。遠方の旅館に住み込んで、働き始めてから困ることが無いようにしっかり把握しておきましょう。

 

中抜けや夜勤などシフトが不規則

旅館で働く以上、不規則なシフトは避けて通ることができません。

 

特に大変なのは、宿泊業界ならではの「中抜け」と呼ばれるシフトです。中抜けとは、勤務の合間に数時間の休憩を挟むシフトのことで、朝7時に出勤し、10時から16時まで休憩、その後21時まで働くというような働き方です。

 

数時間の休憩があるとはいえ、早朝から夜までを仕事に費やすというのは気持ちが休まりにくいものですよね。

 

そして、「夜勤」も体への負担が大きいという側面があります。その分深夜割増の時給を貰えますが、生活リズムの乱れで体調を崩しては元も子もありません。旅館で働こうと思ったら、これまで以上に体調管理に気を配る必要があることを心得ましょう。

 

まれに募集時の内容と実際の業務に相違がある

きちんとした企業ならまず無い話ですが、まれに募集時の内容と実際の業務が相違している旅館もあるようです。

 

裏方の求人に応募したのにフロントや仲居を任されたり、エアコン付きの寮があると聞いていたのに実際はエアコンが壊れていて使えなかったり、といったトラブルもごくまれにあるのだとか。

 

住み込みのバイトではおかしな点があっても身動きが取れず、すぐに辞めることが難しい可能性があります。応募する前に、バイト経験者の評判をリサーチするなどの情報収集を行って、怪しい案件には近寄らないように気を付けてくださいね!

 

通信環境が良くない場合がある

山奥の温泉や、離島の旅館などでは携帯電話の電波が入らない場合があります。

 

多くの旅館ではWi-Fiが導入されているのでインターネットに接続することは可能ですが、通話やモバイルデータ通信が利用できなくなる恐れもゼロではないので注意しましょう。

 

人間関係に注意

旅館の住み込みのバイトでは、ある程度の期間仲間と寝食を共にすることになります。完全個室の寮であっても、共同スペースでは毎日顔を合わせますよね。

 

仲良くなれればバイト中の生活は楽しいものになりますが、一度仲がこじれると大変です。良好な関係を保っていてもお互いに気を遣い、窮屈さを感じるかもしれません。

 

共同生活を快適に過ごすには、完全に自分ひとりになれる時間を確保するなどの知恵と工夫が必要です。

 

旅館の住み込みバイトにまつわる疑問を解消!

ビデオ面接

iStock.com/ijeab

 

旅館の住み込みバイトのメリット・デメリットを比較し、「働いてみたい!」と思った人もいることでしょう。そんな人に向け、住み込みバイトの希望者の多くがバイトを始める前に感じた疑問をまとめました。ぜひ仕事選びの参考にしてみてくださいね。

 

どうやって応募するの?

応募方法は大きく分けて2つあります。1つ目は、リゾートバイトの人材派遣に特化した派遣会社に登録し、派遣会社を通して応募する方法。条件の合う求人が出次第、紹介してもらうことも可能です。

 

2つ目は、旅館が出している求人に直接応募するという方法です。バイトの求人サイトなどで「住み込み可能」の条件に絞って検索すれば、少なからずヒットすることでしょう。直接応募ができる求人を就職・転職エージェントに探してもらうのもおすすめです。

 

面接は、自分が住む地域の支店やオンライン面接で対応してくれるところが多いようです。わざわざ遠方まで出向かなくても良いのは、嬉しい計らいですね。

 

どれぐらい短期から働ける?

最短期間は、1週間程度からのようです。

 

旅行業界は、シーズンによって客足に差がある業界。1年~3年のように長期間の募集もありますが、期間限定の求人も少なくないのです。

 

働く期間の短い旅館の住み込みバイトの募集が行われるのは、夏休み・冬休みやゴールデンウィーク・シルバーウィークなど、お客様が多いハイシーズンがメインになります。

 

高校生でも応募できる?

結論から言えば、高校生が旅館の住み込みバイトとして働くのはそう簡単なことではないでしょう。これは、未成年(18歳未満)の午後10時から翌5時までの時間帯の労働が、労働基準法によって禁じられていることが関係しています。

 

旅館の住み込みバイトは派遣会社を通して働くのが主流ですが、バイトに指示を出すのは旅館です。旅館が深夜に未成年を働かせてしまえば、法律違反になるのは派遣会社。そのリスクを負ってまで高校生を採用したくない、と考える派遣会社が大多数なのです。

 

ただし、旅館独自が求人を募集していれば働くことができる可能性もあります。どうしても旅館の住み込みバイトで働きたいという高校生は、直接応募してみてはいかがでしょうか。

 

実際に働いた人の口コミは?

これから働く人によって気になるのは、実際に働いたことのある人の意見ですよね。旅館の住み込みバイトで目立った口コミを見てみましょう。

  • ・考え方が近い友人がたくさんできた
  • ・貯金をたくさん貯めることができた
  • ・外国の方とコミュニケーションを取れるようになった
  • ・休みの日に気軽に出かけられないのが不便だった
  • ・食事付きに惹かれて応募したが、メニューが少なくてすぐ飽きてしまった
  • ・自室でも物音を立てないように注意したり、お風呂やランドリーなど共用スペースが多かったりと、気疲れすることが多かった

旅館に対する口コミもありますが、全体的に住み込みバイトという「働き方」に対しての口コミが多く見受けられました。旅館や求人のリサーチももちろんですが、応募前には自分自身が住み込みバイトとして働くことができそうかをイメージするのも重要でしょう。

 

旅館の住み込みバイトの求人探しはおもてなしHR!

地方の街を歩く

iStock.com/monzenmachi

 

知らない土地で生活しながら働く旅館の住み込みバイトでは、他のバイトでは得られない特別な体験ができるはずです。

 

その土地ならではの空気を感じ、地元の人や旅行者、そして仕事仲間との触れ合うことで、人生観が丸ごと変わる可能性もあります。少しでも興味のある方はぜひ、当サイト「おもてなしHR」で旅館の住み込みバイトの求人を探してみてくださいね。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る