ホテルウエディングのメリットとデメリットを比較!

ホテルウエディングとは、ホテル内に作られたチャペルや神殿、披露宴会場で結婚式を行うことですが、昔からホテルでのウエディングに憧れている方は多いのではないでしょうか? ホテルウエディングを行うメリットやデメリットを紹介いたしますので、両方を比較したうえで「どのような結婚式にするのか」を考えてみましょう。

ホテルウエディングのメリット

primipil – stock.adobe.com

 

ホテルウエディングはシェフが作るコース料理なども楽しめることが魅力ですが、式の最中は一流のスタッフがサポートしてくれるのでサービスも充実しています。

 

そのほか、ホテルウエディングのメリットを具体的にチェックしていきましょう。

 

設備が整っている

 

ホテルは設備面が整っているので、幅広いゲストを招待したい場合はホテルウエディングがピッタリでしょう。

 

バリアフリーが考慮されたホテルは多く、ホテルによっては車いすを貸し出してくれるので年配のゲストを招くときも安心です。

 

遠方からのゲストにとっては、更衣室があったり宿泊もできたりするホテルであれば、負担が軽くなります。

 

また、授乳室もあるので、小さな子どもを連れているゲストにも優しい結婚式となるはずですよ。

 

交通アクセスがいい

 

ホテルは空港や駅からアクセスが良い立地にあることが多く、とても交通の利便性が高いことも魅力です。さらに駐車場も用意されているので、ゲストからは喜ばれやすいそうです。

 

特に遠方からのゲストや、新郎新婦の家族が式場から離れている場合は考慮しておきたいポイントです。

 

少人数から大人数まで幅広く対応できる

 

ホテルウエディングは身内だけで行う少人数の結婚式から、大人数のゲストを招く結婚式まで幅広く対応できます。

 

最近では感染症対策の一環であえて広い会場を確保し、ソーシャルディスタンスを取った席順に設定するケースもあるようです。

 

式場を探す段階でゲストの人数がはっきりしていない場合でも、ホテルウエディングであれば気にせず話を進められるのもメリットの一つでしょう。

 

各種打ち合わせを一箇所にまとめられる

 

結婚式を行うにあたり、決めなければいけないことはたくさんあります。会場だけでなく、衣装、会場の装飾、演出内容、料理、引き出物など、その準備はかなり大変です。

 

しかしホテルウエディングで結婚式を行うと、その準備が必要な業者と提携しているので、諸々の打ち合わせを一箇所でまとめられ、準備にかかる負担が軽減されます。

 

さらに心強いのが、ウエディングプランナーの存在です。不明点などがあれば丁寧にサポートしてくれるでしょう。

 

挙式後はそのまま宿泊できる

 

ホテルで挙式すると、式が終わったあとは同じホテルに宿泊することができます。結婚式は幸せなひと時である一方、相当な疲れが溜まります。そのままゆっくり休めるのは、とても嬉しいメリットかもしれません。

 

新郎新婦に限らず遠方からのゲストの宿泊先も、結婚式の手配に併せて進められます。これは、宿泊施設と結婚式場が一緒になっているホテルならではの魅力でしょう。

 

ホテルウエディングのデメリット

Dzina – stock.adobe.com

 

ホテルウエディングはメリットばかりに思えますが、デメリットもあります。どのようなデメリットがあるのか、深掘りしていきましょう。

 

費用が高額になる場合がある

 

ホテルによっては、費用が高額になる恐れがあります。

 

知名度のある老舗ホテルや格式のあるホテル、サービスの質に定評があるホテルなどは費用が高くなりがちです。特に、外資系ホテルや一日あたりの挙式をする組数を少なく設定しているホテルは、その傾向が顕著です。

 

ただし、季節や日取りによっては料金が割引されている場合もあるので、時期やタイミングを慎重に見計らうことも大切でしょう。

 

プログラムの自由度が低い

 

ホテルの挙式や披露宴では大体のプログラムが決まっていることが多く、オリジナルの結婚式を求めている新郎新婦には向かないかもしれません。

 

演出や式全体の流れなどは自由に変えられない場合もあるので、式場を決める前に「プログラムにはどこまで自由度があるのか」を担当者に確認しておくことをおすすめします。

 

他の新郎新婦と鉢合わせする場合がある

 

ホテルウエディングは、同じ日に複数の結婚式が同時に行われている場合があり、館内での撮影時や移動をするときに他の新郎新婦と鉢合わせするリスクがあります。

 

複数の挙式会場や披露宴会場を持つのはホテルウエディングのメリットでもありますが、他の新郎新婦がいることで「雰囲気が半減する」「式中に他の新郎新婦がチャペルの鐘を鳴らしているのが聞こえてガッカリした」という声もあるので注意しましょう。

 

大安や、結婚式のハイシーズンと言われる初夏や秋に挙式を検討している方は、このような点も考慮しておいたほうが良いかもしれません。

 

自分たちに合ったホテルウエディングを選ぶポイントとは

Aliaksandr Marko – stock.adobe.com

 

ホテルウエディングを成功させるためには、自分たちに合ったプランや式場を選ばなければいけません。

 

理想の結婚式を叶えられるよう、ホテルウエディングを選ぶポイントを解説いたします。

 

予算内に収められるか

 

ホテルウエディングを選ぶときに最も大切なポイントと言えるのが、「予算内に収められるかどうか」という点です。

 

ウエディングプランナーとの打ち合わせや会場見学の段階で、ホテル側に希望の予算を伝えておくと良いでしょう。

 

演出にはどれくらいの自由度があるのか

 

ホテルウエディングの演出や流れは、新郎新婦の希望が通りにくい場合があります。

 

式場を選ぶとき、結婚式の演出や流れにこだわりたい新郎新婦は、事前に自分たちの理想を伝え、それが可能かどうかを確認しておいてください。

 

しかし融通が利いたとしても、演出に使用する物の持ち込み料などが必要になる恐れがあるので、その点も細かく確認しておきましょう。

 

同じタイミングで挙式する人がどれくらいいるのか

 

ある程度プライベートのような雰囲気がほしい方は、あらかじめ「どれくらいのカップルが、同じタイミングで挙式をするのか」というポイントもチェックすることをおすすめします。

 

ホテルウエディングを行う際に、担当者に「できるだけプライベート感がほしい」という旨を伝えれば対応してくれる可能性が高いでしょう。

 

ホテルウエディングは格式高い結婚式をしたい人におすすめ!

Igor – stock.adobe.com

 

ホテルウエディングはフォーマルな雰囲気で一流のサービスが受けられるので、格調高い結婚式にしたい新郎新婦にはかなり向いているスタイルでしょう。

 

ゲストの人数が多い結婚式や、親族だけでなく会社関係者も招いて洗練された空間で結婚式を行いたい方にもおすすめです。

 

ホテルウエディングのメリットは新郎新婦だけでなくゲストにもあります。そのため、おもてなしや感謝の気持ちを表現できる最高の結婚式となるでしょう。

 

メリットやデメリットの両方をよく検討したうえで、「どのような結婚式にしたいのか」を二人でよく考えてみてくださいね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る