転職ではコミュニケーション能力がないと不利?

自分にコミュニケーション能力がないことを理由に、転職活動を踏みとどまる方は決して少なくありません。しかし、転職活動で求められるコミュニケーション能力は、あなたが思うものと異なる可能性があります。転職活動を成功させるコミュニケーション能力のポイントを知り、より自分にあった仕事を探していきましょう!

転職活動ではコミュニケーション能力が不可欠?

naka – stock.adobe.com

 

コミュニケーション能力は転職活動に欠かせませんが、どのような能力が必要とされているのか誤解している方は意外と多いようです。

 

そもそも、コミュニケーション能力とは「自分と相手との意思疎通をスムーズに行うこと」を指しています。

 

誰とでもすぐに打ち解けられることもコミュニケーション能力のひとつですが、転職活動や仕事で求められるものとは少し異なるのです。

 

コミュニケーション能力の基本は以下の2点です。

 

・聞く力 :相手の話をじっくり聞く
・伝える力:順序立てて話す

 

これらの基本が備わっていれば、転職活動におけるコミュニケーション能力がないとは限らないでしょう。

 

コミュニケーション能力を誤解したままだと自分に自信が持てず、面接などで本来の力を発揮できなくなる恐れがあります。

 

転職活動で求められるコミュニケーション能力を知り、自分自身の魅力を存分にアピールできるようになりましょう。

 

コミュニケーション能力とは? 仕事に必要なワケを解説!

コミュ力に自信のない人が仕事で困らないための対処法とは?

 

転職活動で求められるコミュニケーション能力とは?

Freedomz – stock.adobe.com

 

転職活動でコミュニケーション能力がないと困るシーンは、面接選考でしょう。転職活動の面接で見られるポイントは「伝える力」「聞く力」「協調性」があるかどうかです。

 

どのようなポイントが重視されるのか、具体的に解説いたします。

 

聞く力

 

転職活動の面接で必要なコミュニケーション能力のひとつは、相手の言葉にじっくり耳を傾けることです。

 

面接では、面接官が知りたい事柄に的確に答えることが求められています。それに対応するには、単に面接官の話を聞いているだけでは思うような結果は得られません。

 

面接官の話を聞いたあとの反応や発言なども見られており、応募者の理解力も「聞く力」のひとつとして含まれているのです。

 

はりきって質問されたこと以上のものをアピールすると、面接官が質問した意図と回答がズレてしまい、かえってマイナスポイントとなる場合があります。

 

「聞く力」を養い、質問された範囲で自己アピールするようにしましょう。

 

伝える力

 

「聞く力」と同じように、「伝える力」も重要です。

 

面接で失敗する方のなかには、自己アピールが長くなりすぎたり、逆にアピールポイントの説明が足りなかったりするなど、自分自身について適切に伝えられないパターンがあるようです。

 

話が長すぎると「話の要点をまとめられない人だ」、説明が足りなすぎると「自己完結で済ませてしまうからチームでの仕事は向いてなさそうだ」という印象を面接官に与えかねません。

 

ビジネスにおいては、はじめに結論を伝えて端的に話すことが良しとされています。「聞く力」だけでなく、「伝える力」も身に付けるようにしましょう。

 

協調性

 

仕事はチームで行うことがほとんどなので、協調性のある方は重宝されやすい傾向があります。

 

ただし仕事では、自分の意見を発信せず周りに譲ることが協調性のある人と判断されるわけではありません。

 

仕事で求められる協調性は「同じ目標に向かって、異なる意見を認め合えること」です。いくら周りと調和することが得意だという方でも、自分の意見をしっかり持っていなければ協調性のない人と見なされてしまいます。

 

面接官から何かしらの意見を求められたらしっかりと答えられるよう、普段から世の中の動きにアンテナを張っておきましょう。

 

コミュニケーション能力に自信がないのは勘違いかも?

djile – stock.adobe.com

 

「コミュニケーション能力に自信がない」と語る人のなかには、第三者からみると「社交的で仕事ができる人」と思われているケースがあります。

 

コミュニケーション能力の高さは、「相手の立場になってものを聞いて、自分の言い分をわかりやすく伝えられるかどうか」が大きく関係しています。

 

調子よく相手の懐にうまく入る人が、必ずしもコミュニケーション能力が高いというわけではありません。相手の話を聞かずに一方的に自分の話ばかりする人は、社交的とは言えないのです。

 

コミュニケーション能力に自信がない人でも、周囲から評価されている人はたくさんいます。第三者から評価されているのであれば、素直に受け取り自信を持って長所を伸ばしていきましょう。

 

コミュニケーション能力がないと心配なら練習あるのみ!

_Jacob Lund – stock.adobe.com

 

転職活動においてコミュニケーション能力に自信のない人の多くは、面接選考に苦手意識を感じているようです。

 

しかし、コミュニケーション能力の意味を誤解し、自分自身で壁を作っているパターンは少なくありません。そうした方はもっと自分に自信を持って転職活動に臨むと、良い結果が待っているでしょう。

 

それでも面接が苦手だと思う方は、面接に慣れることから始めてください。転職エージェントを頼ると面接選考の練習もサポートしてくれるので、きっと面接で慌てることもなくなりますよ。

 

ホテル・旅館への転職をお考えの方は、就職・転職支援サービス「おもてなしHR」をご活用ください!

 

宿泊業界に特化した専任のアドバイザーがおりますので、あなたの面接に関するお悩みも丁寧にサポートいたします。あなたからのご相談をお待ちしております。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る