就活の履歴書・職歴にアルバイトやインターンは含む?職歴なしはどう書く?新卒の疑問を一挙に解消!

就活の履歴書やエントリーシートの作成時に、「アルバイトやインターンを職歴欄に記入しても良いの?」と、疑問に思う新卒者は少なくないようです。アルバイト・インターンは、履歴書の職歴欄に記入しても良いのでしょうか。反対に、一切就業経験がない新卒者の職歴欄は、どうすべきなのでしょうか。就活生が気になる、履歴書・職歴欄の書き方についてまとめました。

就活の履歴書・エントリーシート(ES)における職歴とは?

iStock.com/takasuu

 

職歴とは、職務経歴の略。わかりやすく言えば、これまでどんな職場で働いて、どんな仕事をしてきたのかを簡潔にまとめたものが職務経歴と言えます。

 

履歴書における学歴・職歴欄では、採用担当者に応募者の経歴を伝えるのが主な役割ですが、この職歴はあくまで「社会人になってからの仕事」が対象。つまり、社会人経験のない新卒就活生が、履歴書に記入できる職歴はないのです

 

「アルバイトやインターンの経験をアピールしたい!」と考えていた新卒就活生にとっては、残念な事実かもしれませんね。しかし、これはどの新卒者も同じこと。足並みは揃えておきましょう。

 

就活の履歴書にはアルバイト・インターンは書けない?

では、アルバイト・インターンでの経験は、履歴書やエントリーシートでアピールすることはできないのでしょうか。

 

結論から言えば、アピールは可能です。「志望動機欄」や「自己PR欄」に記入する分には全く問題はありませんので、ぜひアピールしていきましょう。

 

ただし、繰り返しになりますが、「学歴・職歴欄」への記入は誤りです。「他の新卒者よりも目立ちたい!」と記入すれば、就活の基礎ができていないと応募者として悪目立ちするリスクが高まりますので、職歴欄への記入は控えておくのが賢明です。

 

職歴なしの就活生は履歴書・職歴欄はどうすべき?

新卒就活生は「職歴なし」になるのが基本ルールとご紹介しましたが、空欄がある状態の履歴書を提出するのはマナー違反にあたります。「職歴なし」への理解を示すためにも、職歴欄には「なし」と記入しましょう。

 

下記は、新卒就活生の学歴・職歴欄の書き方例です。

履歴書・職歴欄の書き方(新卒)

©nextbeat

 

学歴・職歴ごとに欄が設けられている履歴書はそうありません。

 

よって、書き始めは「学歴」と中央寄せで記入してから詳しい学歴を記入し、最終学歴の終わりを1行空け、「職歴」を書き出しましょう。職歴は「なし」とだけ記入すればOKです。行を変え、右寄せで「以上」を記入すれば学歴・職歴欄は完成です。

 

就活の履歴書「学歴・職歴欄」は西暦?和暦?

iStock.com/miya227

 

学歴・職歴欄には、学校の入学・卒業年月を記入する列が設けられていますが、年号は西暦・和暦のどちらを使用しても問題はありません。応募先の担当者が見やすい、あるいは自分が使いやすいと感じる年号を使用しましょう。

 

記入の最大のポイントは、履歴書全体で西暦・和暦を統一させることです。学歴・職歴欄の他にも、履歴書の提出年月日・免許や資格の取得年月で年号の記入が求められますので、混合しないよう気を付けてくださいね。

 

履歴書以外にも提出する応募書類がある場合は、提出前に全ての年号を確認するのがおすすめです。応募書類全体で年号が揃っていれば、より統一感のある応募書類になるはずですよ。

 

西暦・和暦の変換時には、下記記事を参考にしてみてください。

 

<令和版>履歴書の学歴記入に役立つ年号西暦・和暦早見表!元号は「西暦・和暦」のどちらかに統一しよう!

 

就活の履歴書「学歴・職歴欄」の基本ルール

職歴までの記入を終えれば履歴書の学歴・職歴欄は完成ですが、提出前の見直しは必須です。下記の学歴欄の基本ルールと照らし合わせながら、間違いがないかをチェックしてみてくださいね。

  • ・隠ぺいや学歴詐称はNG
  • ・学校名は、正式名称で記入
  • ・新卒者の書き出しは、「中学校卒業から」が一般的
  • ・続く学歴は、「入学」と「卒業」をセットで記入するのが基本

下記記事では、私立学校ならではの学歴の書き方や、中退者の学歴欄の書き方をご紹介しています。学歴欄の書き方で少しでも不安に思うことがある方は、確認をおすすめします。

 

履歴書の「学歴・職歴欄」の書き方!学歴はどこから?卒業見込み・以上の書き方は?私立・中退などケース別で解説

 

就活の履歴書「学歴・職歴欄」は正しいルールで記入しよう!

iStock.com/FotoDuets

 

全国の学生が、同時期に一斉スタートする新卒の就職活動。新卒者はさまざまな企業に応募・エントリーを行うのが一般的ですが、効率的に採用活動を進めるのは新卒者のみではない、ということは忘れてはなりません。

 

人気企業ともなれば、数百の新卒者から履歴書やエントリーシートが集まります。応募者数が多くなれば、減点方式でチェックする企業も出てくることでしょう。つまり、応募書類にしっかりと目を通してもらうには、正しいルールで記入をするのが最低条件なのです。

 

履歴書では、基本項目や学歴・職歴欄の書き方を確認されることが多いよう。ルールさえ覚えてしまえば記入に時間はかかりませんので、学歴・職歴欄はさくっと記入し、志望動機や自己PRに時間を割けるよう書き方をマスターしてくださいね。

 

履歴書「学歴・職歴欄」の書き方《職歴編》|アルバイト歴は書く?職歴なしは?転職・パート応募のポイントも

 

履歴書の書き方徹底ガイド!テンプレートと見本付きで封筒・学歴・職歴・志望動機・写真のポイントを一挙解説

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る