履歴書・職歴欄のアルバイト経歴の書き方を紹介!掛け持ちバイト・フリーター・パートの書き方のポイントも

転職活動で履歴書を書き進めていく中で、「アルバイト歴を職歴欄に記入すべきか……」と迷う方は少なくないようです。アルバイト歴は、履歴書・職歴欄に記入しても良いものなのでしょうか。掛け持ちバイト・フリーター・パート・学生バイト、それぞれのアルバイト歴の履歴書・職歴欄の書き方をまとめました。

アルバイトの経歴は履歴書・職歴欄に書いても良いの?

結論から言えば、アルバイト歴を履歴書・職歴欄に記入しても、全く問題はありません。アルバイトもれっきとした職歴ですので、特に職歴が心もとないと感じる方はぜひ記入しましょう。

 

中には「アルバイトの職歴なんて記入したくない」と思う求職者もいるかもしれません。しかし、未記入=空白期間が長い応募者、と捉えられる恐れもゼロではありませんので、特別な理由がない限りは記入するのがおすすめです。

 

ただし、記入によりネガティブなイメージを与えやすい短期間のアルバイトは、記入を避けるのが無難。記入してもネガティブに映らないのは、3カ月以上勤務したアルバイトから、と覚えておきましょう。

 

履歴書・職歴欄のアルバイト経歴の書き方

iStock.com/g-stockstudio

 

では、アルバイトの経歴は履歴書・職歴欄にどのように記入すべきなのでしょうか。まずは、履歴書・職歴欄のアルバイト経歴の書き方の基本をみていきましょう。

 

企業名・部署・職種は正式名称で記入

雇用形態問わず、勤務していた企業・部署・職種は正式名称で記入するのが基本ルールです。株式会社を(株)などと省略して記入しないよう、注意してくださいね。

 

また、勤務先の店舗名を記入する場合も正式名称で記入します。口頭で話す「〇〇店」や、「〇〇駅に近いから〇〇店だろう」などの思い込みで記入を進めるのではなく、記入前には必ず正式名称を確認しておきましょう。

 

アルバイト・パートだったとわかるように記入

勤め先の情報を記入した横には、必ずアルバイトとして勤務している・していた旨を記入します。

 

記入がなければ「正社員として働いていた」と捉えられるのが一般的。アルバイトという表記を忘れてしまえば、意図的ではないにしろ経歴詐称になってしまいますので記入漏れには気を付けてくださいね。

 

「入社」「在籍中」「退職」を記入

職歴欄から採用担当者が知りたいのは、入社・退職の時期(=就業期間)と、いつから働き出すことができるのかということです。よって、入社年月、退職年月に加え、現在の状況を忘れずに記入しましょう。

 

アルバイトを続けているのであれば、職歴欄に「在籍中」や「現在に至る」と記入します。既に退職しているのであれば、退職年月を記した次の行に「以上」を右寄せで記入し、最終職歴であることを伝えます。記入位置は、下記記事からチェックしてみてください。

 

履歴書の学歴・職歴欄の「以上」を書く場所は?「現在に至る」の書き方、入らない時の対処法も紹介

 

業務内容は簡潔に記入するのがおすすめ

離職期間中の繋ぎのためのアルバイトであれば、記入するのは入社・在籍中・退職のみでも構いません。しかし、アルバイトの職歴・経験をアピールしたいという方であれば、入社の下の行に、簡潔に業務内容を記入しておくのがおすすめです。

 

たった1行の補足があるだけで、身に付いているスキルはぐんと想像しやすくなるもの。学歴・職歴欄に余裕があれば、ぜひ記入しておきましょう。

 

履歴書・職歴欄のアルバイト歴[1]:掛け持ちバイト

ここからは、履歴書・職歴欄に記入するアルバイト歴を、パターンごとに詳しくご紹介します。まずは、「掛け持ちバイト」の履歴書・職歴欄の書き方をみていきましょう。

 

これから掛け持ちバイトをする場合

履歴書・職歴欄の書き方(アルバイトの職歴)

©nextbeat

 

現在、アルバイトをしていて、別の仕事を増やしたいと考えている方は、上記のように履歴書・職歴欄に記入しましょう。

 

なお、「現在に至る」と記入したり、企業名の横に「アルバイト入社(在籍中)」のように記入しても問題はありません。

 

過去にダブルワークをしていた場合

履歴書・職歴欄の書き方(アルバイトの職歴)

©nextbeat

 

過去にアルバイトを掛け持ちして働いていた、ダブルワーク期間があったという方は、上記のように履歴書・職歴欄に記入します。

 

ご紹介しているのは「会社ごとに入社・退職」をまとめたものですが、「時系列順」に書いたり、「入社・退職を1行にまとめる」という書き方もあります。詳しくは、下記記事からチェックしてみてくださいね。

 

履歴書・職歴欄に掛け持ちアルバイトはどう書く?在籍中や退職後の書き方をパターン別で紹介

 

履歴書・職歴欄のアルバイト歴[2]:フリーター

続いては、「フリーター」の履歴書・職歴欄の書き方をみていきましょう。

 

職歴が多い場合

履歴書・職歴欄の書き方(フリーター/アルバイトの職歴)

©nextbeat

 

これまでさまざまなアルバイトを経験し、職歴が複数になるという方は、上記のように1行に入社・退職をまとめて記入するのが良いでしょう。

 

しかし、職歴が5社・10社などとなれば1行に入社・退職をまとめたとしても書ききれないということもあるはず。そのような場合は、直近の職歴や、アピールしたい職歴を履歴書に記入し、職務経歴書で補足説明を行うのがおすすめです。

 

繋ぎの短期バイトを書く場合

冒頭で「職歴に記入するのは3カ月以上のアルバイト」とご紹介しましたが、3カ月未満の短期バイトを転々としているというフリーターの方もいることでしょう。そんな方は、下記のように短期バイトを1行にまとめて記入しましょう。

履歴書・職歴欄の書き方(フリーター/アルバイトの職歴)

©nextbeat

 

ただし、伝える情報の軸はあくまで「空白期間がなかった」ということ。アルバイトごとに行を使って細かく紹介しては、かえって非常識に見えてしまいます。短期バイトによる加点は期待できるものではない、ということは覚えておきましょう。

 

フリーターから正社員に応募するポイントをご紹介している下記記事も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

フリーターの履歴書・職歴はどう書く?アルバイトから正社員に応募する時の書き方のポイントを紹介

 

履歴書・職歴欄のアルバイト歴[3]:パート・学生バイト

最後にご紹介するのは、「パート」「学生バイト」の履歴書・職歴欄の書き方です。それぞれの職歴の書き方をチェックしていきましょう。

 

パートから正社員を目指す場合

子育てや介護などによって一時的に仕事量を減らし、落ち着いてから正社員に復帰しようと考えている方は、下記のように履歴書・職歴欄に記入しましょう。

履歴書・職歴欄の書き方(パートタイムの職歴)

©nextbeat

 

パートの職歴もフルタイムのアルバイトと同様に、「パートタイム」であることがわかるように記入します。

 

また、正社員の退職理由は「一身上の都合により退職」と記入されるのが一般的ですが、出産・介護などによる退職であれば、退職理由をあわせて記入するのがおすすめです。退職理由を記しておけば、マイナスイメージが薄れるはずですよ。

 

今とは別のバイトに応募する学生の場合

履歴書・職歴欄の書き方(学生バイトの職歴)

©nextbeat

 

関連性が高い職種に応募する場合、またそうでない場合でも、業務内容はできる限りわかりやすく記入するのがおすすめです。

 

別職種へ応募する場合は、次の仕事に活かすことができそうな「前職場での経験」を考えておけば、求職活動をスムーズに進めることができるでしょう。考えを自己PR欄に記入するのも、ひとつの手です。

 

なお、新卒のエントリーシートや履歴書の職歴欄には、学生時代のアルバイト歴を記入する必要はあません。職歴は、社会人の就業状況を記入するものと考えられているためです。学生時代のアルバイト経験をアピールしたい場合は、自己PR欄に記入するようにしましょう。

 

アルバイト歴も履歴書・職歴欄に書いておこう!

iStock.com/DjordjeDjurdjevic

 

履歴書・職歴欄には、アルバイト歴も記入しておくのがおすすめです。空白期間・ブランクが長い求職者、と採用担当者にマイナスイメージを与えないためにも、ぜひ記入しましょう。

 

ただし、誤ったルールやマナーで記入をするのはNG。基本を押さえ、ルールに沿って記入を進めてくださいね。

 

履歴書「学歴・職歴欄」の書き方《職歴編》|アルバイト歴は書く?職歴なしは?転職・パート応募のポイントも

 

履歴書の書き方徹底ガイド!テンプレートと見本付きで封筒・学歴・職歴・志望動機・写真のポイントを一挙解説

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る