笑顔が不可欠な接客業なのに笑えなくなった…原因と対処方法を考えよう

笑顔は気持ちの良い接客のかなめです。しかし、接客業ならではのストレスが原因で笑えなくなり、悩んでいる人は多いのではないでしょうか。接客業のどんな部分にストレスを感じやすいのか、笑えなくなるほどのストレスを抱えてしまったらどう対処するべきなのかについてまとめました。

接客業なのに笑えなくなったら

素敵な笑顔が何よりも大切とされている接客業。しかし、接客業を続けているうちに笑えなくなってしまう人は少なくありません。

 

笑顔が必要な仕事に就いていながら、笑えなくなってしまう原因はどのようなことなのでしょうか。接客業に笑顔が求められる理由や、笑えなくなった時の対処方法と併せて解説します。

接客に笑顔が必要なのはなぜ?

そもそもなぜ接客に笑顔が必要なのでしょうか。まずは今一度、接客業における笑顔の重要性を確認しましょう。

暖かい印象を与える

正しい案内をしていても、笑顔が無ければお客様は事務的で冷たい感じを受けるでしょう。しかし、口角を少し上げて微笑むだけで、グッと柔らかい印象に変わります。

 

お客様に「心のこもった対応をしてもらえた」という記憶を残すためには、笑顔が必要不可欠なのです。

コミュニケーションが円滑になる

笑顔は本能的に敵意がないことを伝えるサインです。

 

お客様に満足してもらうには「本当の要望」に応えることが必要ですが、そのためにはまず心を開いてもらわなければなりません。

 

従業員に笑顔があればお客様の警戒が自然と解け、気軽に商品について質問をしたり、スムーズに要望を伝えることがでるでしょう。笑顔を見せてコミュニケーションを円滑にすることが、顧客満足度を高める鍵なのです。

消費意欲が高まる

「感情は伝染する」という話を耳にしたことがあるでしょうか。イライラしている人がいると周囲の人もイライラする、嬉しそうにしている人と話したら自分も嬉しい気持ちになった、というように感情は周りの人に伝わるものなのです。

 

明るい笑顔で接客をすれば、楽しい気持ちをお客様に伝染させます。そして楽しい気持ちになると、消費意欲が高まり、より多くのお金を使ってもらえる可能性があります。企業の利益を伸ばすためにも、笑顔は大切な要素なのですね。

 

なお、接客業における笑顔の重要性については以下の記事もご参照ください。

 

接客業では笑顔が重要!接客で笑顔をキープするコツとは?

接客業で笑えなくなる原因は?

酔っ払いクレーマー

polkadot – stock.adobe.com

 

接客業に従事する上で必要不可欠な笑顔。その笑顔が出せなくなるのは、大きなストレスを感じているためであることが多いのです。

 

そのようなことが、笑えなくなるほどの大きなストレスになるのか見ていきましょう。

接客そのものによるストレス

社交性の低い人が無理に接客の仕事をしていたり、重いクレーム対応が続いたことなどが原因で、接客そのものがストレスになることがあります。

 

この場合はプライベートではこれまで通りに笑えるのに、お客様の前に出ると顔の筋肉が固まって動かなくなるという人もいるのではないでしょうか。

 

すると、周囲の人からは「仕事中だけ笑顔が消えるなんて、まじめに接客をしていないのでは?」と誤解され、さらに大きなストレスを抱えてしいがちです。

多忙によるストレス

ファミレスや居酒屋などでは、接客とバックヤード業務を兼任することも珍しくありません。接客業のワンオペや過労死が社会問題になったこともあり、多忙によるストレスを抱えて笑えなくなる人は多いのではないでしょうか。

 

接客の合間を縫って在庫管理や発注をこなし、閉店後も後片付けや締めの作業で終電ギリギリまで働く…このような激務が続けば、疲労で感情がなくなり、笑えなくなるのも無理はありません。

人間関係によるストレス

接客業はチームプレイが求められる仕事です。それだけに、派閥争い・噂話・仲間の輪に入れないなど、多岐にわたる人間関係の問題に強いストレスを感じる人は多いでしょう。

 

嫌だな、と感じても自分ひとりの行動では改善しにくいこともあり、根強いストレスとなって笑えなくなるのです。

接客業で笑えなくなったらどうするか?

フェリー

Rob-Bouwman – stock.adobe.com

 

人間は「感情の生き物」といわれています。その人間が「笑えない」というのは非常に良くない状態でしょう。自分が笑えないと気が付いたら、早い段階で手を打ちましょう。ストレスを解消・軽減するための方法を紹介します。

感情を開放する

まずは溜まりに溜まったストレスの解放を試みましょう。

 

泣ける映画・笑える映画を観たり、親しい人にグチを聞いてもらう、ストレスに感じていることを紙に書きだして破いて捨てるなどの方法が効果的です。

 

ただし、疲れすぎてそれすらやりたくない時に無理をするのは禁物。ストレスを発散するための行為がストレスにならないよう、心身の調子と相談しながら試してみてくださいね。

職場に味方を作る

大きなストレッサーとなっている職場でも、ひとりでも味方だと思える人がいれば働きやすさが変わってきます。

 

同僚・先輩・後輩・上司といった枠にとらわれず、気軽に雑談をしたり、飲みに行ったりできる相手を見つけましょう。ポイントは、本当に信頼できる相手を選ぶことです。

徹底的にリフレッシュする

長く仕事を続けるためには、自分の楽しみのために有給休暇を使ったり、場合によっては多少のずる休みも必要ではないでしょうか。

 

ストレスでどうしようもなくなった時はぜひ、連休を作ってのんびりと船旅などをしてみてください。日常から完全に離れてみれば、仕事は人生の全てではなくほんの一部に過ぎないと実感できるはずです。

 

また、非日常での体験を通して、新しく打ち込める何かに出会い、自分の世界が変わるかもしれません。

 

なお、接客業におけるストレスの原因や対処法については、以下の記事もご参照ください。

 

接客業にストレスを感じた時の対策や解消法とは?

 

わたし、向いてないかも?接客業に向いてない人の特徴と解決策

 

接客が怖い!接客が怖いのを克服するにはどうすればいい?

どうしても笑えないなら接客業を辞めてもいい

事務仕事

polkadot- stock.adobe.com

 

接客の仕事が好きで続けたいということであれば、ストレスと上手く付き合いながら頑張るのも良いでしょう。しかし、笑えなくなるほど辛い仕事を続けるべきかどうかは、よくよく考える必要があります。

 

接客業は採用のハードルが比較的低いため、誰にでもできると思われがちですが、実際は向き・不向きがはっきりと分かれる仕事です。向いてない!と感じたら、接客以外の仕事に目を向けてみてはいかがでしょうか。

 

わたしたちおもてなしHRは、宿泊業界に特化した就職・転職エージェントですが、扱っている業種は接客だけではありません。ホテル・旅館内での事務や調理師、施設管理などの求人も掲載しています。

 

これまでに培ったホスピタリティを活かしつつ、接客以外の仕事に挑戦するのであれば、おもてなしHRをぜひ活用してください。登録から入社まで、完全無料でしっかりサポートいたします。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る