接客業にストレスを感じたときの対策や解消法とは?

宿泊業界に限らず、接客業にストレスを感じてしまう方が多くいらっしゃるようです。たとえ接客業に誇りを持っていても、人と関わるからこそ感じてしまうストレスもありますよね。ストレスを解消するために必要な対策などをみていきましょう。

ホテルなどをはじめとした接客業にはストレスはつきもの

Sergey-Nivens – stock.adobe.com

 

接客業やサービス業は体力的にも、精神的にも大変な仕事です。立ち仕事も多く、時にはお客様の理不尽なクレームにも対応しなければなりません。

 

接客業が好きでやりがいを感じている方でも、ストレスを抱えながら仕事をしています。ですが、ストレスを溜めるだけでは良いパフォーマンスはできませんよね。特に、休日の取りにくいホテルや旅館で働いていると、ストレスは積もるばかりではないでしょうか。

 

ストレスに気づくことが大切

誰しもが抱えるストレスを「どのように発散するか」は、今後の仕事の質や自分の将来に大きく関わります。やっかいなのは、ストレスを抱えていることに本人が気が付かないことです。

 

ですので、いまストレスを抱えている・いないに関わらず、自分なりのストレスの受け流し方や発散方法を身に着けて実践しておくことが非常に重要なのです。

 

どんな仕事をしてもストレスが消えるわけではありません。接客業でのストレスと、どのように付き合っていくのか、一緒に考えていきましょう。

 

接客業でストレスを抱える原因とは?

assedesignen- stock.adobe.com

 

接客業で抱えるストレスには、どのような原因があるのでしょうか。仕事内容と職場環境に分けてみていきます。

 

仕事内容

日本には「お客様は神様」という言葉があります。この言葉はお互いを尊重しあう心があってこそ発揮されるものですが、一部のお客様は「お客様は神様」が客とスタッフの間に上下関係をつくるものだと勘違いしている方もいます。

 

結果、お客様がスタッフに横柄な態度をとったり、大げさなクレームを入れる事態にもなってしまうのです。お客様が悪い場合でも、スタッフが頭を下げて謝らなければならない場面が多いので、どうしても精神的に疲れてしまいます。なかには理不尽なお客様に対応しているうちにストレスから人間不信に陥ってしまうこともあります。好きだったはずの接客が嫌いになってしまう事もあります。

 

また、接客業は基本的には立ち仕事です。長時間勤務になってしまう可能性もあり、体力も奪われます。接客業の仕事内容をみても、精神的にも、体力的にも疲れるきつい仕事であることが分かりますね。

 

職場環境

 

次は職場環境を考えてみましょう。接客業・サービス業は宿泊業界に関わらず、そのほとんどが休日の取りにくい業種です。長い休暇もとりにくく、ゆっくりと旅行に行くことも難しいかもしれません。そのうえ、給料や待遇に不満を感じているとストレスも大きくなりますよね。

 

加えて、接客業が好きでも職場の人間関係や雰囲気に馴染めずに悩んでいると、ストレスを溜めやすく離職するきっかけとなってしまうこともあります。

 

接客業にストレスを感じやすい人の特徴は?

BillionPhotos.com- stock.adobe.com

 

接客業にストレスを抱えている方の中には、離職するかどうか悩んでおられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

どんな仕事にも向き・不向きがあります。ですので、当然、接客業にも同じことが言えます。まず、どんな方が向いてるかというとあらゆる場面で臨機応変な対応ができ、気配りのできる方です。

 

反対に、接客業に不向きな方は以下の通りです。

 

・純粋で感受性が強い
・マイペース
・自己主張が強い
・辛いときに笑顔を作るのが苦手

 

純粋で感受性が強い

「純粋で感受性の強い」方は、繊細なので相手の言うことを全て真に受けやすく、悩みを多く抱えてしまう傾向があるので、それがストレスに直結してしまいます。

 

マイペース

「マイペース」な方は、自分の世界観があり一つの仕事にのめりこんでしまう傾向があります。接客業はお客様の立場に立って、すばやく行動に移す必要があります。

 

ですが、接客業は自分のペースを乱されることが常なので、マイペースな方は仕事もしづらくストレスも必要以上に溜めてしまうでしょう。

 

自己主張が強い

「自己主張が強い」方は、自分が正しいと信じることには一直線に突き進みます。しかし、接客業ではいくらお客様が間違っていようと、基本的にはスタッフが謝らなくてはその場が収まりません。自分が悪くなくとも謝ることが難しい方は接客業には向いていないでしょう。

 

辛いときに笑顔を作るのが苦手

最後に「辛いときに笑顔をつくるのが苦手」な方は、接客で悩んでしまうことが多いかもしれません。接客業では、どんなに辛いことや嫌なことがあっても、無理をしてでも笑顔でいなければいけない場面があります。慣れてしまえば笑顔をつくることに抵抗はなくなりますが、どうしても笑顔を作れない方にとっては、接客業はストレスを溜めやすい業種になってしまうでしょう。

 

接客業でストレスを溜めないためには?

allison14- stock.adobe.com

 

ストレスを抱えていようとも「接客業が好きで、できればいまの職場も辞めたくない…」という方もいらっしゃることでしょう。

 

実際に接客業でストレスを溜めないためには、どのような方法があるのでしょうか。ストレスと上手に向き合っているために、いくつかの方法をご紹介します。

 

流れ作業に徹する

接客業の理想は心を込めて行うことですが、時には感情を入れずに流れ作業に徹して対応したほうがうまくいくケースもあります。

 

流れ作業に徹するときは、笑顔を忘れないようにすることがポイントです。

 

割り切る

辛いことや嫌なことがあってストレスを感じたら、ある程度割り切ることも大切です。

 

同僚や上司が原因でストレスを抱えてしまう場合は「あの人はああいう人だから仕方ない」「また同じことを言ってる」などと思うようにしましょう。

 

お客様や同僚・上司などに言われたことを鵜呑みにして考えすぎるのではなく、サラッと受け流すためにぜひ割り切ってみてください。少しは楽になりますよ。

 

相談相手をつくる

同じ会社の同僚や上司でもいいですが、普段付き合いのある友人でも良いので、自分が置かれている状況を相談できる相手をつくることも重要です。

 

自分の感じていることを話すだけでもストレスは発散されます。とりわけ、接客業に行き詰ったら同僚や上司に相談してみてください。同じ接客業を担当するものとして、何かしらの解決策も見つかる可能性もあります。

 

休日に好きなことをする

せっかく取れた休日は、自分の好きなことをたくさんしてください。ショッピングや食べ歩き、釣り、スポーツ、映画など、仕事を忘れて思い切り楽しむということがポイントです。

 

もちろん、家でダラダラ過ごすだけでも大丈夫。体と心をゆっくりと休ませることが重要です。

 

誰とも会わない日をつくる

休日では、あえて誰とも会わない日をつくることも良いでしょう。

 

接客業はいつも人とコミュニケーションを取って仕事をしています。お客様に対しては緊張感を持って接しなければならないので、「コミュニケーション疲れ」を引き起こしている可能性も考えられます。

 

もしかしたら、あなたは人と会うこと自体がストレスになっているかもしれないのです。人と会うことがストレスになっている場合は、試しに一度誰とも会わない日をつくってみてはいかがでしょう。

 

ホテルの接客業にストレスを感じたら裏方に行くのもアリ

green- stock.adobe.com

 

接客業に向いていないし、今後続ける気力も保てそうにない。でも、ホテルの仕事には携わっていたい。そのように考える方も少なからずいらっしゃるかもしれません。

 

ホテルの仕事は接客業だけではありません。無理をして接客業を続けるよりは、まず上司に相談して、ホテル内の裏方で勤められないかなどを確認してください。

 

ホテルの裏方には事務や客室清掃、経理などもあります。人と関わることが苦手な場合は、比較的、人と関わらない仕事もあるでしょう。そういった職種でも現場の経験が活きることもありますよ。

 

あなたの経験や能力を存分に活かせる場所で、気持ちよく働けることを第一に考えましょう。

 

接客業でストレスを感じてしまったら休職・転職も視野に入れるべき

ohayou!- stock.adobe.com

 

接客業でストレスを感じると様々なことに変化がでます。クレーム対応をはじめ、お客様と接するだけでも疲れを感じます。また、人間不信になってしまったり、ストレスが原因で病気になってしまうケースもよく見られます。

 

接客業を好きになれない場合は、休職や転職を視野に入れましょう。たまに「仕事に対する考え方が甘い」と意見する方もいますが、そういった声は一切無視してください。好きになれない仕事を無理して続けてもいいことはありません。無理をすると、最悪の場合、病気になってしまい仕事をすることが難しくなってしまうこともあるのです。

 

自分の事を第一に考えて行動を

「接客業を辞めたい」と思ったらとりあえず休職をして、しばらく考える時間を設けることも必要です。それでも辞めたい想いが変わらない場合は転職をしたほうが良いでしょう。

 

仕事環境によっては休職や転職を選択することすら難しいかもしれません。ですが、自分のことを第一に考えて、まずは行動を起こしてみてくださいね。

 

コミュケーション能力のほかに接客業はストレス耐性も必要

naka- stock.adobe.com

 

コミュニケーション能力が高いことも接客を行ううえで非常に重要な素質といえます。しかし、接客業はコミュニケーション能力が高いほうが向いているというわけではありません。

 

辛いときでも常に笑顔で対応することが求められますし、迷惑客にもきちんと対応しなければなりません。接客を行ううちに自分自身に嘘をつく習慣ができるので、それがストレスとなって現れることが往々にしてあります。

 

安易に「人と接することが好きだから」「コミュケーションをとることが得意だから」と考えていると、泣きをみることになってしまうので注意してくださいね。

 

接客業にはコミュケーション能力のほかにも、ストレスへの対処力なども必要です。ひとまず続けてみることも一つの手ですが、どうしてもストレスに耐えられなければ転職を検討しましょう。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る