採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

第二新卒の就活は厳しいって本当?第二新卒の就活を成功させるポイントを紹介!

第二新卒として就活を進める中で、想像よりも就活が厳しいと感じている方もいるかもしれません。世間的には、「第二新卒の就活は厳しい」と考えられているのでしょうか。第二新卒の就活が厳しいと言われている理由をはじめ、就活を厳しいと感じずに進められるポイント、ホテル・旅館の第二新卒の採用状況をご紹介します。

第二新卒の就活は本当に厳しいのか?

iStock.com/metamorworks

 

新卒から数年以内に離職した人々は、「第二新卒」と呼ばれることが一般的でしょう。

 

明確な定義のない第二新卒は、学校卒業後の入社3年以内の人々、もしくは20代前半までと捉える企業があり、いずれにせよ若年層であるため多くの企業が採用を前向きに検討しているようです。

 

しかし一方で、企業から「新卒入社後にすぐに離職をした人材」と捉えられてしまい、就活が難航するという場合もあります。第二新卒の中には「就活が厳しい…」と感じる方もいるようです。

 

果たして、第二新卒の就活は本当に厳しいのでしょうか。第二新卒の就活についての正しい知識をつけ、就活を成功させましょう。

 

第二新卒の就活が厳しいと考えられている理由

iStock.com/fizkes

 

第二新卒の就活が厳しい、と世間的に考えられているのはなぜなのでしょうか。第二新卒の就活が厳しいと考えられている3つの理由をみていきましょう。

 

新卒よりも選択肢が減る

大半の企業が、採用活動を「新卒採用」と「中途採用」に二分しています。

 

新卒採用はその名の通り、学校卒業後の人材に対しての採用活動です。

 

企業が新卒を採用するメリットは、自社に興味の高い学生を採用できること、複数人で研修を行えるため研修コストがかからないこと、社会人のスタート企業であるため強い愛社精神を持ってもらえるなど様々です。

 

では、第二新卒の採用どうでしょうか。第二新卒であれば「中途採用」として扱う企業が多いはずです。企業が中途採用を行う理由の多くが「欠員の補填」と、「事業拡大による人材確保」です。言い換えると、このようなタイミングで無ければ、求人は出ません。

 

新卒の採用目標人数を定めている企業は多くありますが、第二新卒・中途採用であれば理由が無ければ求人募集がなされません。結果として、第二新卒は新卒の時よりも求人を選ぶことができなくなり、就活のハードルが上がると言われています。

 

また早期退職をするかもと予防線を張られる

どんな企業でも、採用をしたのであれば長く勤めて欲しいと考えるのが一般的です。企業によっては、「3年間続けなければ一人前とは呼べない」というスポ根な考えを持っていることもあるでしょう。

 

第二新卒はその点で見ると、人生で初めて入職した企業を「退職」という形で裏切った、根性が無い人と捉えられてしまう可能性も大いにあります。

 

退職理由は、自身や家族の生死に関わるような特別な理由でない限り、第二新卒にネガティブな印象を抱く採用担当者であれば、採用も消極的になることでしょう。

 

自己PR・退職理由の説明が難しい

一度は社会人としての経験を積んでいるのですから、自己PRは社会人経験から語られることが望ましいのですが、第二新卒の社会人経験はわずかですよね。中には、新卒時の研修についていくことができず、退職に至ったという方もいるでしょう。

 

前職で思うほど成果を上げられなかった場合、自己PR・退職理由の説明は難しくなります。上手く伝えることができない第二新卒は、企業にネガティブに捉えられてしまい、なかなか選考に通過しないという事態に陥るため、就活が厳しいと感じるようです。

 

第二新卒の就活が厳しいと感じる人の特徴

iStock.com/taa22

 

前項では世間的に見た第二新卒の就活の厳しさをご紹介しましたが、就活がさらに厳しい状況下に置かれる方もいるようです。どのような特徴を持つ方が、第二新卒の就活をより厳しいと感じるのかをご紹介します。

 

入社1年未満で退職をした

「入社1年未満での退職」に対する意見を社会人に問うた場合、大抵が「学生から社会人への切り替えができなかった」という印象を抱くことでしょう。

 

もちろん、常人には想像できないほどのブラック企業に入社し、体調を崩し退職を決意したという方もいるはずですが、第一印象では企業から「逃避した」という印象を抱かれやすいようです。

 

そのため、入社1年未満で退職をした方は、就活の書類選考の通過が思うように進まず、就活がスムーズに進められないという現実に苦しむこともあるようです。

 

志望動機が曖昧

第二新卒であれば、さほど貯金も無いことでしょう。社会人になり引っ越し、一人暮らしを始めたという方であればなおのことです。

 

貯金がつきてしまうという理由から、焦って就活を行うという方もいるようですが、焦って仕事探しをしては、志望動機が曖昧となります。曖昧な志望動機であることを、企業の採用担当が見抜けないわけはありません。

 

「とりあえず応募した」という印象を受ける志望動機や、「複数の企業で使いまわしている」というような志望動機であれば、就活が難航することは言うまでもないでしょう。

 

前職に対するネガティブな印象が伝わる

第二新卒であれば、「キャリアアップがしたい」というような前向きな転職理由を抱けるほど、長い期間働いていないでしょう。どこかしら前職に不満があり、退職を決意したという方が大半であるはずです。

 

社会人経験が少ないということもあるため、退職理由を「会社のせい」にしてしまうという方もいるかもしれませんが、これを好印象ととる求人募集企業はないでしょう。前職に対するネガティブさが出てしまう応募書類・面接であれば、選考に通過せず、就活も難航します。

 

自己分析・企業分析などの準備不足

どんな企業でも、入社するまでは内情はわかりません。しかし、自己分析や企業分析を徹底して行えば、そのミスマッチを最小限に留めることができるはずです。

 

新卒で早期退職をしてしまった方の中には、この準備が充分にできていなかったと後悔している方もいるのではないでしょうか。一方で、「企業が悪かった」と割り切ってしまう方もいるでしょう。

 

第二新卒の就活の場合、両者には歴然な差がでます。

 

全てが会社のせいと考えている第二新卒であれば、就活でも同じような失敗を繰り返す傾向にあるため、求職活動が滞り「第二新卒の就活は厳しい」と感じるようです。

 

企業が第二新卒に求めているのは決して厳しいものではない!

iStock.com/BrianAJackson

 

「第二新卒の就活は厳しい」と感じることも多いかもしれませんが、企業が第二新卒に求めているのはそこまでレベルが高いものではありません。一般的に、企業が第二新卒に期待しているのは下記のようなものです。

 

  • ・社会人としての心構え・ビジネスマナー
  • ・人に対する誠実さ
  • ・仕事に対するモチベーションの高さ

 

新卒同様、驕らず前向きで、企業の刺激となるような人物は、第二新卒であっても新卒と同じようにスムーズに就活を進めることができるでしょう。

 

企業によっては、新卒よりも採用コストがかからないという理由から、第二新卒の受け入れを強化しているということもあるようですので、あまり難しく捉えず、ポジティブ思考で就活を進めることをおすすめします。

 

第二新卒が厳しい就活を乗り切るためのポイント!

iStock.com/miya227

 

第二新卒が就活を厳しいと感じる間もないほど、スムーズに内定を獲得するためには、どのようなことが必要になるのでしょうか。第二新卒が就活を乗り切るためのポイントを4つご紹介します。

 

自分を見つめ直す

まずは立ち止まり、自身を見つめ直すことから始めましょう。

 

新卒での入社は失敗ではありません。自身と企業の考え方が合わなかった、ただそれだけのことです。このミスマッチを防ぐために必要なのが、徹底した自己分析です。

 

在学中はどのようなことに興味を持ち、どんな理由で新卒の就活を進めたのか、なぜ退職に至ったのか、転職先の企業に求めることは何か、などを整理することで、就活の目的を定めることができるでしょう。

 

自身を客観的に評価する

次に、企業が第二新卒に求めることと、今自分にできることの接点を見つけましょう。自分にできることは、主観ではなく、客観的に評価することが重要です。

 

自分ひとりでの評価が難しければ、友人や家族など、第三者に評価してもらうことで、自身の市場価値がわかります。自分では大したことが無いと思っていることでも、社会に出れば「すごいこと」である可能性もあるのです。

 

自身が企業にどのような貢献ができるのか、どのように貢献していきたいのかを考えることは、明確な志望動機に繋がります。ぜひ自身を客観的に評価してみてください。

 

ネガティブな印象を抱かせない

極端に能力に自信がある方や、自分に自信がない方ほど陥りやすいのが、ネガティブな印象を受け取られてしまうということです。

 

「もっと自分に適した仕事がある」という高圧的なもの、「自分は駄目人間だ」という消極的なもの、どちらにしても数年で判断できるものではありません。企業からは「思い付きで早期退職を選んだ人物」と捉えられてしまいます。

 

とは言え、企業も第二新卒の心境はある程度把握しています。退職の決断の後、どのように考えをまとめることができたかを見ている場合が多いはずですので、まずは退職理由をポジティブに変換し、あわせて長く勤めたいという意向を示すようにしましょう。

 

転職アドバイザーに相談をする

第二新卒の転職の場合は、まずは「今できること」と「今後できるようになりたいこと」を意識することが重要です。また、「できるがあまり好きではないこと」を仕事として行ううちに、好きになり、天職だったと振り返る方も多いようです。

 

しかし、これらを一人でまとめ上げることは容易ではありません。

 

そんな時には、転職アドバイザーに相談をしましょう。転職アドバイザーは、求人を取り扱う企業や、人材紹介企業が提供しているサービスで、様々な転職者にアドバイザーをしている転職のプロです。

 

転職アドバイザーは、考えをまとめる手助けをしてくれると同時に、「第二新卒歓迎」の求人もあわせて紹介してくれるでしょう。経験の少ない第二新卒は、就活を一人で進めるのは厳しいと感じる場面も多々あるはずですので、まずは相談をしてみてはいかがでしょうか。

 

宿泊業界への第二新卒の就活は厳しい?

iStock.com/SolStock

 

第二新卒歓迎の求人を眺めているうちに、ホテル・旅館などの宿泊業に興味を抱いたという方もいるのではないでしょうか。

 

宿泊業は、インバウンド需要の高まりから、昨今日本でも注目を集めている業界です。しかし、人手不足に悩みを抱えるホテル・旅館もたくさんあるため、第二新卒を積極採用している企業も多くあります。

 

ホテル・旅館であれば、一流の接客スキルを身に付けることができるうえ、お客様の大切な時間を共に創り上げることができ、大きなやりがいを感じることができるでしょう。中には、英語や中国語など、外国語の習得を後押ししてくれるホテル・旅館もあるようです。

 

気になる方は、下記の記事も参考にしながら、宿泊業への転職を検討してみてはいかがでしょうか。

 

第二新卒でホテル業界に転職!ポイントと注意点を徹底解説

 

第二新卒の就活を「厳しい」と感じるかは自分次第!

iStock.com/taa22

 

第二新卒の就活は厳しいと考えられる一方で、厳しいと感じずに就活を進めることができたという方も多くいます。第二新卒の需要は高まっているということは忘れないでください。

 

もし、あなたが新卒で入社した企業の退職を検討しているのであれば、まずは1年以上勤務を続け、できる限りの成果を残しておくことで、スムーズに就活を進めることができるはずです。

 

また、既に退職をし、第二新卒として就活中という方であれば、退職理由がネガティブになっていないか、自己分析を徹底して行えているのかなどを振り返ることで、就活に活かすことができるでしょう。

 

宿泊業であれば、当サイト「おもてなしHR」で求人検索・転職アドバイザーへの相談が可能です。第二新卒の就活が厳しいと感じている方であれば、今を乗り越えるため、ぜひ転職支援サービスを利用してください。内定まで、専属アドバイザーが全力で力になります。

 

利用料は一切かかりませんので、気になる方は登録を進めてみてくださいね。

 

有名宿泊施設で働きませんか?

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事