地域活性化の仕事に繋がる地方創生のまちづくりの仕事とは?

「生まれ育ったまちを元気にしたい」「故郷になんらかの形で貢献したい」このような考えを持ったことはありませんか?少子高齢化などさまざまな問題を抱える日本において、地域活性化や地方創生は今後ますます注目されていくであろうホットなトピックです。今住んでいるまちのために何かがしたい人や、都会で働いているけれどそろそろ故郷に帰ろうか悩んでいる人向けに、地域活性化につながる仕事にはどのようなものがあるかを紹介します。

地方創生に関わる仕事はいろいろある!

鶏の世話をする女性

iStock/iryouchin

 

日本は現在、少子高齢化や東京一極集中などさまざまな課題を抱えています。

 

とくに地方からの人口流出や経済の衰退が問題視されている中で、日本政府は2014年に地方創生に関わる「まち・ひと・しごと創生」戦略を打ち出しました。

 

これを皮切りに、全国で地方創生、地域活性化につながる活動の重要性が叫ばれるようになりました。昨今では東京に人口が集中している一方で、UIJターンや移住など、地方への注目も集まっています。

 

一方、住まいを地方に移すとなると、避けては通れないのが仕事についてですよね。都心部と比べるとどうしても「仕事がなさそう」というイメージを持たれがちの地方ですが、地域活性化に関する仕事は思った以上にあるのです。

 

むしろ、地方では若い働き手や新しいアイデアを常に欲している状態なので、あなたのスキルや能力を活かせる仕事がきっと見つかるはずですよ。

 

地域活性化のまちづくりの仕事には2つのタイプがある

街並みを見下ろすビジネスマン

iStock/metamorworks

 

まちづくりに関わる仕事とひと口に言っても、内容は多岐にわたります。これらを大きく分けると、「ハード」と「ソフト」の2つに分けられます。

 

「ハード」の仕事は、いわゆる都市計画事業と呼ばれるものです。国や都道府県が主体となって行う大規模な事業を指します。

 

具体的には、橋や道路をつくったり、大きな建物を建設したりといった仕事です。成果が目に見えやすく大きなやりがいを感じられる反面、個人レベルで関われる仕事ではありません。

 

もう一方が「ソフト」面に重きを置いた仕事で、こちらはまちづくりと呼ばれます。都市計画のように新しく道や建物をつくるのではなく、今ある環境や仕組みを整備したり、より良くするために工夫を凝らすイメージです。

 

都市計画がトップダウン方式で行われる事業なのに対し、まちづくりは行政と住民が協力し合い、意見を出し合うボトムアップ方式で行われます。都市計画が目指すのは「成長する都市」で、まちづくりは「持続可能な都市」を目指すというビジョンの違いがあります。

 

これを踏まえ、地域活性化につながる仕事につきたいと考えたときは、自分がどちらに進みたいかをよく考える必要があります。

 

【ソフト編】地域活性化・地方創生に関わる仕事

商品の写真撮影をする女性

iStock/fotostorm

 

まずはまちづくり、つまりソフトの目線で見る地域活性化につながる仕事を見ていきましょう。

 

地域プロモーション、ブランディング

地域の資源や魅力をアピールする仕事です。地域外の人に魅力を伝えて人を呼び込むこと、また地域内の人の郷土愛を育む効果があります。

 

ホームページやSNS、動画、パンフレットなどのツールを使って情報発信をする、ご当地キャラやゆるキャラなどを使って地域をアピールするなど、手法はさまざまです。

 

地域おこし協力隊

地域おこし協力隊とは、人口減少や高齢化などの進行が著しい地域を活性化するための人材を確保するための取り組みです。

 

おおむね1年から3年の期間で地方自治体が都市住民を受け入れ、地域おこし協力隊として農林漁業の応援、水源保全・監視活動、住民の生活支援などの活動に従事してもらいます。

 

国全体が主体となって進めている事業ですが、条件や活動内容は受け入れる自治体によってかなり違いが見られます。期間は限られるものの、ダイレクトにまちづくりに関われる仕事といえます。

 

コンサルタント

地域活性化につながる仕事がしたい、まちづくりに関わりたいという思いは十分でも、「じゃあ具体的に何をどうしたらいいの?」というところまで理解できている人は少ないでしょう。これは、自治体も同じです。

 

何かをしなければならないという危機感はあるけれど、具体的な方法がいまいちわからない。こういった人たちに対して、スキルやノウハウを伝えます。さらに伝えるだけで終わりにせず、最終的には自治体や住民が主体的にまちづくりを行えるようサポートしていくのがコンサルタントの仕事です。

 

商品企画

ご当地キャラや、地域のオリジナルブランド商品などを使った町おこしも効果的です。いかに地域の魅力をアピールするか、インパクトを与えられるかなど考えるべきことはたくさんあるので、さまざまなスキルを活かせるでしょう。

 

またそのキャラクターや商品がヒットすれば、爆発的に地域の知名度が上がり、地域活性化につながる可能性もあります。

 

【ハード編】地域活性化・地方創生に関わる仕事

建設現場に立つ男性

iStock/bee32

 

次に、ハードの目線から見た地域活性化に関わる仕事を挙げてみましょう。

 

ゼネコン業界

大きなゼネコン企業には都市開発部署があり、橋や道路など地域の生活に密着した仕事を請け負っています。大企業には多くの部署があるため、必ずしも希望した部署に配属されるとは限りませんが、ゼネコン業界であればさまざまな形で地域貢献できていると感じる機会が多いでしょう。

 

不動産業界

土地の取得、建物の建設や売買、管理などが不動産業の仕事です。家や建物は日常生活と切り離せないものですから、当然地域に関わる仕事といえます。

 

公務員

「まちの仕事をしたいなら、まちの職員になればいい」というのは、おそらく誰しもが考えつくであろう発想です。そしてその通り、市役所や町役場の職員になると、ハード・ソフト両面で地域の仕事を遂行していくことになります。

 

とはいえ、ゼネコンや不動産会社と同じように、役所にも部署がたくさんあります。自分が本当に希望した仕事のできる部署に配属されるかどうかはわかりません。

 

どんな形であっても地域に貢献したい、地域活性化を目指したいという強い思いがあれば、やりがい溢れる仕事になるはずです。

 

地域活性化の仕事について考えよう

たくさんの手が持つ新芽

iStock/Cecilie_Arcurs

 

地方創生や地域活性化、まちづくりといった言葉が巷にあふれるようになって久しいですが、それらはたくさんの仕事、たくさんの働く人によって支えられています。仕事の内容も、ハード・ソフトのどちらの目線で見るかによって大きく異なります。

 

もしあなたが「地域活性化に関わる仕事がしてみたい」と考えているなら、自分がどのようなアプローチでまちと関わりたいのか、一度じっくりと考えてみてください。たとえば「地域活性化といえばやっぱり行政に関われる公務員かな」と安易に考えたとして、希望する部署に配属されなければガッカリしてしまいますよね。

 

それならもっと深く掘り下げて、自分のスキルを地域活性化のためにどう活かしたのかを考えてみると、進むべき進路が定まってくるはずです。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る