地方への移住の際に考える仕事。自営や雇用などの働き方や業務委託など

地方への移住を考えている人の中には、仕事について悩んでいる人もいるのではないでしょうか。移住者の中には未経験の分野の仕事や、自営業を始める人もいるようです。今回は、地方へ移住する際の仕事について、農業や起業などの自営や会社員として雇用されて働く場合、業務委託などさまざまな形での働き方をご紹介します。

地方移住したい場合の仕事探し

面接を待つ人々

iStock/AndreyPopov

 

近年、理想の暮らしを求めて、都市から地方への「移住」が注目されています。年代を問わず、いつかは自然豊かな地方で暮らしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

地方への移住を考える際、ネックとなることの1つに、移住先に希望する仕事があるかどうかという悩みが挙げられます。今回は、地方へ移住する際の仕事について、自営や会社員など雇用されて働く場合や業務委託など、さまざまな形での働き方をご紹介します。

 

地方移住する際の自営の仕事

林業をする男性

iStock/bee32

 

自営業とは、独立して行う事業のことを指します。仕事の内容や働く時間などを自分でコントロールすることができ、ライフスタイルに合わせて多様な働き方もできるでしょう。

ここでは、地方へ移住する際の自営の仕事についてご紹介します。

 

農業や林業など

地方では、農業や林業、漁業、畜産業などの一次産業を自営で行う人も多くいます。地方ならではの自然を相手にした仕事は、大変ですが、やりがいも大きいと感じる人もいるようです。地方自治体によっては、農業や林業に就きたい移住者を対象とした支援制度を設けているところもあり、給料をもらいながら研修を受けることができる制度や、栽培以外にも経営ノウハウについて学ぶ場があるなど、さまざまな支援施策を行っています。このような支援制度を利用し、経験がない人も移住先で自営で農業や林業などにチャレンジするケースがあります。

 

起業 

地方などの移住先で、自分自身で事業を起こすケースもあります。地方移住者による起業では、会社を作ること以外にも、パン屋や民宿を始めるなど自分の店を持つケースも多く見られます。都市部に比べ地方では物価が安い場合が多く、事務所や店舗の賃料、人件費などを抑えることができます。事業をスタートさせるにあたっての開業資金だけでなく、事業を継続していく上でかかってくるコストも抑えることができるため、都市部に比べると起業へのチャレンジがしやすいと感じる人もいるようです。地方自治体によっては、事業を始めるための費用を対象とした補助金制度を設けているところもあります。環境の整ったシェアオフィスの提供や、起業についての相談機関の設置、マッチングサービスなど、自治体によってさまざまな起業への支援が行われているので、事前に調べておくと参考になるでしょう。また、国による「移住支援金」や「起業支援金」などの補助金は、対象とされる事業においての起業もサポートするもので、各地方自治体によって実施されています。

 

地方移住する際に雇用されて働く仕事

病院内の車椅子

iStock/byryo

 

企業などに雇用されて、会社員として働く場合にはどのような仕事があるのでしょうか。

 

地域おこし協力隊

地域おこし協力隊とは、都市部から過疎地域などの地方に移住し、一定期間そこに住みながら、地域おこしの支援や農林水産業などに従事し、地域への定住・定着を図る取り組みです。地方自治体によって実施されており、活動期間は概ね1年から3年で、活動期間中は国から給料が支払われます。地域おこし協力隊に参加する人の約7割が20代と30代で、任期終了後約6割が同じ地域に定住しています。

 

医療・介護の仕事

地方では、人口に占める高齢者の割合が高い地域もあり、中には人口の半分が高齢者という地域もあります。このため、高齢者を対象とした、医療や介護のサービスの求人が多くあります。老人ホームなどの介護施設や、ホームヘルパー、訪問看護など、資格を取得してチャレンジする人もいるようです。

 

工事関連や製造業

地方を支える中小企業において盛んな業種の一つに製造業が挙げられます。地方によっては大手メーカーの工場がある場合もあり、福利厚生などが整った環境で働くこともできるでしょう。また、ものづくりとして代々受け継がれてきた技術を活かし、製造業を営んでいる工場も少なくありません。土木建築や電気工事など、資格やスキルを活かせる仕事に就く人もいるようです。移住をきっかけに、手に職をつけることができる専門性の高い仕事にチャレンジするのもよいかもしれません。

 

地方移住する際の業務委託としての仕事

パソコンと男性

iStock/Chaay_Tee

 

一般に、業務委託とは会社に雇用されるのではなく、個人で仕事を請け負う働き方です。近年、企業の人件費削減に伴い、業務の外注が増加傾向にあることも追い風となって業務委託での働き方が注目されています。

ここでは、地方移住する際の業務委託としての働き方についてご紹介します。

 

場所にとらわれない仕事

インターネットを介して顧客と商品をやり取りできる、デザイナーやライター、ITエンジニアなどの仕事は、パソコン一つあればどこでも仕事を行うことができます。都心など以前住んでいた地域の人脈を生かして仕事を受注したり、クラウドソーシングなどを活用する人もいます。また、ブログを書くなどインターネットを使って副業を行う人もいるようです。

 

自伐型林業 

近年、都市から地方の山間部などに移住して林業を始める20代・30代が増えています。自伐型林業は、森林を所有していない都市部出身の人でも、山の所有者などから間伐や搬出、作業道づくりなどを請け負う形で林業に従事することができます。低予算で始められるため、副業としてチャレンジする移住者もいるようです。

 

仕事を見つけて地方移住を叶えよう

上空から眺める地方都市

iStock/dreamnikon

 

地方移住後の仕事としては、会社員や独立などさまざまな働き方があるようです。仕事について考えるとき、移住先での生活費がどのくらいかかるか把握しておくと、生活への不安が減らせるかもしれません。各都道府県の移住相談窓口では、就職先の紹介や就労相談にものっています。移住の目的に合った仕事を選んで、理想のライフスタイルが実現できるとよいですね。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る