Oターンとは?Uターン・Iターンとの違いや転職成功のポイントを紹介

近年、地方移住が増える一方で、Oターン転職を考える方もいるようです。Oターンは、Uターン・Iターンとどのような違いがあるのでしょうか。Oターンの意味や実態をはじめ、Oターン転職を考える理由、転職成功のための3つのポイントについて解説します。

Oターンとは

都会に立つ会社員の男性

iStock/monzenmachi

 

近年では、地方の活性化を目指し、積極的に移住の受け入れ体制を整え自治体が増えました。それに伴い、地方へ移住を検討する人も増加傾向にありますが、中にはOターンの道を選ぶ人もいるようです。まずは、Oターンとは何かを押さえておきましょう。

 

Oターンは再び都会に戻る動きのこと

Oターンとは、地方に移住した人が地方暮らしにおいて何らかの不満を感じ、もう一度都市部へ出て就職することを指します。

 

間違われることが多いのは、Oターンをする人が地方出身者だけということ。Uターン後に、地元の生活に慣れきれず都会へ戻る人はもちろんですが、都会出身のIターン者も「やっぱり田舎暮らしは厳しい……」と、Oターンを選ぶこともあります。

 

Uターン・Jターン・Iターンとの違い

Uターン・Iターン・Jターンも移住に関連する言葉です。Oターンとの違いをみていきましょう。

  • ・Uターン:進学や就職で都市部に移り住んだ地方出身者が、地元へ戻ること
  • ・Jターン:都市部に移り住んだ地方出身者が、地元に近い中規模な都市へ移ること
  • ・Iターン:故郷と異なる別の地域に移り住むこと

Uターンの背景には親の介護や家業を継ぐなどの理由が考えられますが、OターンやJターンは「都会の生活は疲れる」「田舎は不便」といった、本人の感じた違和感から行われることが多い移住と言えるでしょう。

 

Uターン・Jターン・Iターンとは?地方に移住や転職の3つのパターンを紹介!

 

Oターンの実態

Oターンは、都会から地方、再び都会へという動きが取られるため、実態が掴みづらいという特徴があります。

 

しかしご紹介した通り、「東京に戻りたい!」「やっぱり大阪の方が空気が合う……」といった気持ちが生まれなければ、Oターンの道は選ばれませんよね。このような地方暮らしのミスマッチを防ぐため、昨今ではさまざまな地域で「二段階移住」が推奨されています。

 

二段階移住とは、段階的に実施する移住のこと。まずは、比較的都市部である市内中心に移住し、そこを拠点に自分に合った地域を見つけてもらう。そして気になった市町村へ移住してもらうという仕組みです。

 

また近年では、地方生活の経験がない20代~40代の東京圏出身者からの移住相談も増えているよう。就職口が多くあり、今までの生活スタイルとあまり変わらない県庁所在地や中核市などを移住先として選ぶ、地⽅都市暮らしのニーズが⾼まりを見せていまます。

 

Oターン転職を考える理由とは?

計算する人

iStock/kohei_hara

 

地元に戻ってきた人、あるいは都市部から地方へ移住した人が再び都市部へ戻ってしまうOターン現象ですが、Oターンをする理由にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。みていきましょう。

 

キャリアやスキルを活かせない

首都圏では大企業が多く、さまざまな仕事がありますが、地方では中小企業が多い傾向にあります。

 

地方で就職したものの、自分のキャリアやスキルが活かせない環境で働き続けられない、また都市部で自分の力を試したい、という思いがOターン転職に繋がるようです。

 

収入が少ない

大手企業がある首都圏や都市部と比較すると、地方は年収が低い傾向にあります。物価や地価は地方の方が比較的低いことが多いものですが、車の維持費や光熱費などで意外と生活にお金がかかる、という声も聞かれます。

 

生活環境の違いによって支出も異なるため、場所によっては収入が少なくなるデメリットが強くなってしまうようです。

 

利便性に欠ける

都市部は言うまでもなく、電車やバスなどの公共交通機関やコンビニ、病院など生活関連施設が充実した利便性の高い地域です。

 

一方地方では、交通機関の本数が少ないことやコンビニまで遠いなどと言った不便さが日常的にあるため、それを強くストレスに感じ、Oターンの道を選ぶ人もいるようです。

 

専門的な職種

地方は都市部と比較して、専門分野を扱っている仕事が少ない傾向にあります。そのため、WEBやデザイン関連の仕事など、特に都市部に多い仕事に挑戦したくなって都市部に戻るパターンもあるようです。

 

Oターン転職を成功させる3つのポイント

ポイントを押さえよう

iStock/takasuu

 

Oターン転職をする際には、どのようなことを意識するとよいのでしょうか。成功させるためのポイントをご紹介します。

 

転職する理由を明確にする

Oターン転職を考える際は、なぜまた都会へ出たいのか、今何が不満なのか理由を明確にするのがおすすめです。自分の気持ちを整理しておくことで、求めていることが明確になり、転職先を選ぶ際のブレない判断基準を作ることができます。

 

気になる企業が見つかったときは、仕事内容や待遇などを情報収集し、自分の企業に求める条件を照らし合わせると、転職もスムーズに進むはずですよ。

 

今の仕事を続けながら転職先を決める

Oターンを決めた際、今の仕事を退職してから転職先を探すという人もいるでしょう。しかし、退職後の転職活動は賢明とは言えません。

 

というのも退職後の転職活動は、引越しの初期費用や転職先に勤め始めるまでの生活費などがかかるため、金銭面で不安になってしまい、焦りがちになってしまうからです。

 

今の仕事を続けながら転職活動を行う方が、気持ちの余裕にもつながり、自分の理想に近い転職先と出会う確率が上がるはずですよ。

 

生活拠点を決めておく

Oターンする上で、住む場所も重要になってきます。都心か郊外かによって、家賃など生活環境が異なりますので、自分がどのような生活スタイルを求めているかも明確にしておくとよさそうです。

 

Oターン転職で理想のライフスタイルを目指そう

都会のイメージ

iStock/uschools

 

自分の求めているライフスタイルの実現を目指すOターン転職。地方では見つからない仕事にチャレンジしたいという思いや都市部の生活環境へ戻りたいという気持ちから、Oターンを決意する人は一定数存在します。

 

また近年では、地方都市を生活拠点とする人も増えてきているようです。自分はなぜまた都会へ出たいのか、仕事に求めるものは何かなど、転職する理由を明確にすることで、転職先も選びやすくなるでしょう。

 

Oターン転職の仕事探しに不安を覚える人は、当サイト「おもてなしHR」の転職エージェントサービスを利用するのもおすすめです。ホテル・旅館などの宿泊業界の転職実績が多数ありますので、気になる方はぜひ気軽に問い合わせてくださいね。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る