Uターン転職で後悔する前に知っておくべきこと

転職を考えた時に、転職情報誌などでUターン転職と言う言葉をよく目にします。近年、地方創生の気運が高まる中、都市部の人材集中を緩和する取組みとしてUターン転職が注目されています。今回の記事では、Uターン転職とはどのようなものか、Uターン転職のメリット、後悔しないためのポイントなどについてご紹介します。

Uターン転職とは

iStock.com/iconeer

 

Uターン転職とはどのようなことを言うのでしょうか。Uターン転職を考えるきっかけや現状についてご紹介します。

 

Uターン転職とはどのようなことを言うのか

Uターン転職とは、生まれ育った故郷を離れて都心の学校に進学し卒業、そのまま都心で就職したのち、何らかの事情で故郷へ移住し転職することを言います。地元の学校を卒業し、就職は都会に出て、その後、地元へ移住し転職することもUターン転職に含まれます。

 

Uターン転職を考えるきっかけ

Uターン転職を考えるきっかけは人それぞれです。都会暮らしを経験する中で、故郷の良さに改めて気がついた。故郷にやりたい仕事があったなど前向きな人もいれば、親の介護で戻らざるを得なくなった。会社の倒産や人間関係がうまくいかないなど、何らかの事情で不本意ながら故郷へ戻ることを決めた人もいるでしょう。いずれの理由であったにしても、Uターン転職で後悔しないためには、しっかりとした目的意識を持つことが必要と言えそうです。

 

実際のUターン転職者からは「都心の大手企業を辞めて安定を手放すのは不安で迷いもあったが、自分が求めるライフプランを考えたとき、安定にしがみつくのではなく、違う選択をするべきだと思い故郷に戻った」という声があります。Uターン転職をするしないの判断基準としては、どちらが正しいかではなく、どちらが楽しいかを優先させることが、Uターン転職後も後悔しないことにつながっているようです。

 

Uターン転職の現状

独立行政法人労働政策研究・研修機構の2016年調査によると、Uターン転職者の年齢別の割合では、22歳ごろが就職のピークとなりますが、転職では30歳ごろまで続きその後減少傾向にあります。また、地元に戻りたい人の割合は、戻りたい・やや戻りたいが45.1%に対し、あまり戻りたくない・戻りたくないが54.8%となっており、否定的な方がやや上回る状況となっています。Uターン転職において必要とする行政支援では、仕事情報の提供や転居費用の支援、無料の職業紹介に加え、住宅における家賃補助などが挙げられ、各都道府県や市町村ごとに、Uターン転職者のニーズに応える支援策を実施しています。

 

Uターン転職のデメリット

iStock.com/itakayuki

 

Uターン転職を考えた時に、さまざまな不安も出てきます。後悔しないためにも、どのようなデメリットがあるのか知っておきましょう。

 

収入が減る・希望する仕事が見つけにくい

都心に比べて地方のほうが年収が低い傾向にあるため、Uターン転職は年収が下がる可能性があります。また、地方は都心と比較して企業数も少ないことから、希望する職種の求人が見つけにくいという問題もあります。しかし、地方創生に国が力を入れていることや、自治体ごとに就労支援を行うなど、地方でも仕事を見つけやすい取り組みが推進されています。

 

公共交通機関が都会に比べて不便

都会は公共交通機関が充実しているため、車は持っていなくても不便を感じることはありませんが、地方は駅までの距離が遠かったり、電車やバスの本数が都会に比べて少ないので、車が移動手段のメインになります。車の購入費用や維持費が捻出できない、自動車免許は取得しているがペーパードライバーで運転が不安、そもそも免許がないため免許取得から始めなければならないなど、通勤手段の不安を抱える人もいるようです。しかし、満員電車のストレスから解放され、車内は自分のプライベート空間として過ごせる楽しみがありますね。

 

地方ならではの田舎のしがらみ

都心は近所付き合いが希薄な傾向がありますが、地方は地域のつながりが深く、自治体や地域活動の参加を求められることも多いでしょう。都会での生活に慣れてしまうと、少し面倒に感じられることがあるかもしれません。その一方で、近所で採れたばかりの野菜をお裾分けしてもらえるなど、人とのつながりがあたたかく感じられることも多いでしょう。

 

Uターン転職のメリット

iStock.com/Hakase_

 

方へUターン転職するメリットとしては、どのようなことが挙げられるのでしょうか。

 

心の豊かさを実感できる地方での暮らし

都会は交通の利便性が高く、モノや情報にあふれ便利な一方で、さまざまなストレスを感じやすい社会です。通勤時の混雑に疲れ果てて、Uターン転職を決めたという人もいます。Uターン転職では生まれ育った地であることから、土地の文化や雰囲気になじみやすく、両親の近くで暮らせるという安心感もあります。子育てする上でも、地域に溶け込み安く、豊かな自然の中でのびのびと子育てすることができるでしょう。実際にUターン転職した人の声として、「ゆったりとした時のながれの中で、生活の一つひとつに心から感謝ができて、生きている実感を感じている」という声も聞かれます。

 

生活費が抑えられる

Uターン転職は、給与面では減少する人の方が多い現状がありますが、暮らしに満足していると感じている人は、不満を感じている人よりも上回る結果が出ているようです。これには、地方は都心に比べ住居費や物価が安く抑えられるので、生活費の負担が少なくて済むことも要因として挙げられます。普通の会社員であっても、庭付きの広い敷地でゆったりと暮らすことも夢ではなく、田舎暮らしならではのよさと言えるでしょう。

 

Uターンで後悔しないためのポイント

iStock.com/Jacob Ammentorp Lund

 

Uターン転職で後悔しないためには、事前の準備をしっかりとしておくことが大切です。まず、自分自身が仕事や人生において求めるものが何かを明確にしましょう。目的を明確にしておけば、Uターン転職する際につまづくことがあったとしても、ぶれずに強い気持ちで切り抜けていけるでしょう。そして、情報収集を怠らないことも大切です。自分が働きたい業種や職種の求人はどのような状況か、日ごろから調べておくことも必要となるでしょう。また、慣れ親しんだ故郷とは言え、地域の歴史や風土、人柄といった個性を受け入れる柔軟な心を持っていると、Uターン転職後もなじみやすく働きやすいようです。やりたいことや自分自身の個性を活かし、Uターン転職してよかったと思える結果につながるとよいですね。

 

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る