Uターン・Iターンとは?就職・転職をUIターンでする際のメリットとデメリット!

Uターン就職やIターン就職とはどのようなものなのか、UターンやIターンの意味やUターンやIターンで就職や転職するメリット・デメリット、どのような人に向いているかなどについてご紹介していきます。

Uターン・Iターンの意味と違い

iStock.com/azuki25

 

近年、就職や転職を考える際の選択肢の一つとして、仕事と共に暮らしの拠点を変えるUターンやIターンが注目されています。
UターンやIターンは、都市から地方へ移住する場合が多く、移住先が故郷か、知らない土地かの違いで分けられます。

UターンやIターンをする人の中には、生活拠点を移すにあたって就職や転職をする人も多くいます。

 

Uターン

生まれ育った故郷から他の地域に移住し、再び故郷に移住することをUターンと言います。進学や就職などで、地方にある故郷から首都圏などへ移住し、結婚や子どもの誕生などをきっかけに再び故郷に戻る場合などが、Uターンに当てはまります。

 

Iターン

生まれ育った故郷から他の地域へ移住することを、Iターンと言います。地方から都市へ移住する場合もIターンに含まれますが、特に「都市から地方への移住」を指す場合が多いとされています。

 

Uターン・Iターンで就職や転職をする際のメリット

iStock.com/Hakase_

 

Uターン、Iターンをして、就職や転職をするメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

理想のライフスタイルの実現

Uターン、Iターンとともに就職や転職をするということは、仕事や住まい、暮らしの拠点も変えることになります。マリンスポーツが気軽にできるような海の近くで暮らしたい、田舎で家庭菜園を楽しみたいなど、UターンやIターンは理想のライフスタイルを実現させることができるため、仕事だけではなくプライベートも充実させることができます。

 

自治体の支援

全国の自治体の中には、UターンやIターンなどの移住者を受け入れる動きが活発な地域も多くあります。UターンやIターンの対象者に、経済的な支援制度を実施している県や市町村も多く、移住奨励金や住宅購入費の一部を負担する補助金などさまざまな取り組みを行っています。また、UターンやIターンなどの移住者に対し、就職先を斡旋している自治体もあります。移住ポータルサイトや移住パンフレットを出している自治体も多く、現地に足を運ばなくても、さまざまな移住に関する情報を入手することができます。

 

Uターン・Iターンで就職や転職をする際のデメリット

iStock.com/SetsukoN

 

方へUターン、Iターンをして、就職や転職をする場合のデメリットについてご紹介します。

 

選べる仕事が少ない

一般的に、首都圏に比べて地方では採用職種や業種が少ないとされています。転職の場合は、前職の経験をそのまま活かそうとすると、地方ではなかなか働き口が見つからない場合もあるでしょう。職種や業種にこだわらず視野を広くして、自分自身の経験やスキルをさまざな仕事に転換して考えてみると、可能性が広がるかもしれません。専門性の高いキャリアを持つ場合、専門分野周辺の業務に幅広く対応できるよう、資格の取得にチャレンジすることもよいでしょう。

 

年収が低い

一般に、地方は首都圏に比べて平均年収が下がると言われています。都市部の大企業から、地方の中小企業に転職した場合など、実際に大きく収入の違いを感じている移住者もいるようです。ただし、地方では住宅費など生活コストも低く抑えられるため、収支のバランスは取りやすいでしょう。工夫して家計管理していくことで、ゆとりある生活を送ることも可能です。

 

UターンやIターンに向いている人とは?

iStock.com/Yagi-Studio

 

UターンやIターンにはどのような人が向いているのでしょうか。

 

働き方や暮らし方を見直すタイミング

子どもの誕生や親の高齢化、人との出会いなど、働き方や暮らし方を見直すきっかけは十人十色です。求めているものが遠く感じる場合でも、暮らしの場を移すことを視野に入れることで、実現の可能性は大きく広がるでしょう。実際の移住者には、単身者やファミリー世帯、定年後の夫婦もおり、幅広い世代がUターンやIターンを選んでいることが伺えます。

 

場所を選ばない仕事

プログラミングやライター、WEBデザイナーなど、パソコン1台あればどこにいてもできる仕事は、地方にUターンやIターンした後も続けることができるでしょう。移住者の中には、移住先でカフェやゲストハウスを経営するなど、独立して自営業を始める人も多くいます。ホテルや旅館など宿泊施設は全国各地にあり、フロントや支配人など職種によって、接客や経営、人事や営業などさまざまなスキルが活かせるため、他の業種から転職するケースも多くあります。

 

Uターン就職やIターン就職は選択肢のひとつ

iStock.com/Hakase_

 

Uターン就職やIターン就職とは、新しい仕事とライフスタイルの両方を手に入れることができる魅力ある選択と言えるでしょう。懐かしさを感じる地元に帰るUターン、見たこともない土地に行くIターン、それぞれ移住先に違いはありますが、それまでの暮らしが大きく変わることに違いはありません。自分がなぜ移住するのかの意味を明確にし、就職活動にも活かせるとよいですね。

 

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る