Uターン・Jターン・Iターンとは?地方に移住や転職の3つのパターンを紹介!

地方移住や地方転職に関心のある人なら、Uターン・Jターン・Iターンの意味や違いなどが気になる人もいるのではないでしょうか。近年は移住の受け入れに積極的な自治体が増えていることもあり、移住を考える人も多くいます。Uターン・Jターン・Iターンとはどのようなものなのか、地方への移住や就職のメリットなどについてご紹介します。

UJIターンとは

iStock.com/JGalione

 

近年、ライフスタイルの多様化に伴い、都市から地方へ移住をする人が増えてきています。移住は、大きくUターン、Jターン、Iターンの三つに分類され、三つをまとめたものを「UJIターン」や「UJIターン現象」と称されています。

 

Uターンとは

Uターンとは、故郷のある地方から都市部に移住した人が、再び故郷へと移住することを指します。地方から都市へ出る理由としては大学進学や就職が主である一方、帰郷する理由としては就職や転職以外にも、結婚や子どもの誕生、親の高齢化などさまざまなライフイベントが挙げられます。

 

Jターンとは

Jターンとは、故郷のある地方から大規模な都市へ移住した後、出身地に近い中規模の都市へ再び住まいを移すことを指します。田舎で生まれ育った人が都会へ引っ越し、その後、故郷である田舎の近くに位置する地方都市へと再び引っ越すなどの例が当てはまります。

 

Iターンとは

Iターンとは、生まれ育った故郷と異なる地域に移住することを指します。都市部から地方へ移住する場合と、反対に地方から都市部へ移住する場合も含みます。Iターンの理由はさまざまで、旅行で訪れた土地に魅了された、希望の仕事の募集があったなど、理想の暮らしが実現できそうだと感じて移住を決める人もいます。

 

地方への移住や就職のメリット

iStock.com/Hakase_

 

地方での暮らしや働き方には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

通勤スタイル

東京や大阪など都会では、時間帯によって公共交通機関が非常に混雑します。特に、朝の通勤客が集中する時間帯では、電車に乗ることにストレスを感じている人も多いでしょう。地方では、電車などの公共交通機関をゆとりをもって利用することができます。都会に比べると道路の混雑も少ないためマイカーで通勤する人も多く、混雑によるストレスから解放され、通勤時間の短縮にもつながることは大きなメリットと言えるでしょう。

 

生活コスト

地方は、都市部に比べて住宅費や物価が安い傾向にあります。民間の賃貸住宅の家賃では、同じ広さの住まいを借りるのに東京では地方の倍以上かかる場合もあり、土地の価格にも大きな差が見られます。山や海に囲まれた地域では、産直売り場などがあり、地元の新鮮な野菜がリーズナブルな価格で並んでいます。豊かな食生活を楽しみながら、食費を抑えることもできるでしょう。

 

子育てを取り巻く環境

地方では、待機児童ゼロの市町村が多く、子どもを預ける環境が整っています。UターンやJターンなど、祖父母の住まいが近い場合は、子育てへの援助も受けやすいでしょう。また、自然が豊かな地方での暮らしは、車の往来などを気にせず子どもが遊べる場所がすぐ近くにあり、気軽に遊びに出ることができます。

 

自治体の支援

地方の自治体には、移住者の経済的負担を減らすため、さまざまな支援制度を実施しているところが多くあります。住まいに関するサポートを行っている自治体では、住宅の購入や、空き家のリフォームなどに対して補助金を支給している他、移住者が民間の賃貸住宅に入居する場合には家賃の半額を負担するなどの支援制度を設けている自治体もあります。「お試し移住」や「移住体験施設」として、無料または比較的安い賃料で一定期間住むことのできる住居を用意している市町村も全国各地にあり、移住者や移住を希望する人に提供されています。

 

地方への移住や就職のデメリット

iStock.com/olga_d

 

方への移住や働き方には、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

キャリアやスキルを活かせる就職先の見極め

全国的に見ると、地方は都市部に比べて求人倍率が低い傾向にあります。大企業が集まり、さまざまな仕事がある都会に対して、地方は働き口が少なく、キャリアが活かせないのではないかという不安もあるかもしれません。昨今では働き方の多様化に伴い、「業務委託」や「顧問」として、地方と首都圏を行き来して業務に携わるケースや、地方に拠点を持ちながら、全国にビジネス展開する企業も多数あります。自分のキャリアやスキルを活かすため、業種や分野にこだわらず、幅広い視野で働き方をイメージすると転職先を見つけやすいかもしれません。

 

年収が下がる

大企業のある首都圏などの都会と比べて、中小企業の多い地方では年収が低くなる傾向があります。ただし、住居費などの生活コストも低くなるため、収支のバランスは取りやすいと言えるでしょう。移住者からは手元に残る金額は都市部で生活していたときと変わらない、という声も聞かれ、年収が下がっても工夫して家計を管理していくことができるでしょう。

 

近所付き合いや地域の慣習

地方では、昔ながらの近所付き合いや地域のつながりが今も残っているところが多くあります。田舎の地域にUJIターンすると、地域の清掃作業や役員などの係の務め、行事など、仕事が休みの日に地域の予定が入ることもあります。忙しいと感じるかもしれませんが、地域の人と交流する良い機会でもあり、充実した暮らしを送ることができるでしょう。

 

UJIターンは目的や状況に応じて考えよう

iStock.com/Hakase_

 

UターンやJターン、Iターンは自分が置かれている環境や考え方、または仕事の状況によって選択が変わってきます。ですが、どれになるにしても環境が変わることにはなりますので、自分の生活や仕事への考え方から、理想を実現出来るように進めていく必要があるでしょう。地方に行くにしても都会に行くにしても、どちらが良いかは言い切れませんし、どちらも仕事や生活をしていくうえでの難しさはあるでしょう。ですから、UJIターンをしっかりと理解して自分の考えを見つめ直して検討する必要があるのです。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る