働き方改革によって起こる人材不足の原因と解決策とは?

ホテル業界にとっては、人手不足は深刻な問題です。働き方改革は、労働力の確保と生産性の向上が柱になっていますが、間違った進め方ではかえって人手不足を加速させることがあります。新しいルールをつくることだけが働き方改革ではありません。働き方改革がホテルの人手不足を助長させてしまうの理由をご紹介します。

働き方改革による人手不足とは?

taka- stock.adobe.com

 

働き方改革とは、日本企業で顕在化している労働環境のへの課題解決を目指した取り組みです。常態化する長時間労働や非正規労働者に対する待遇、これらの働き方が起因した様々な弊害が取りざたされるようになりました。

 

過労死やうつ病などの精神疾患を発症するなど、労働者の心身へ影響がが浮き彫りになっていることから、早急な対応が求められています。

 

働き方改革で変化する働き方のルール

 

働き方改革の対象となっているのは、大手企業だけではありません。働き方改革を行う目的は、労働者一人ひとりの能力や個人の事情に応じた、柔軟な働き方を選択することが可能な社会を目指すことにあります。

 

働く意欲を持っている人が、無理をすることなく働き続ける環境づくりを社会全体で取り組むこと、労働力や生産性の向上、さらには税収の増加を見込むことができるのです。

 

働き方改革で取り組まれるのは、働き方のルールの見直しと改善です。働き方改革の代表的な動きとしては、残業時間削減による長時間労働の是正、有給休暇取得の義務化、時短勤務やテレワークなどの労働環境の柔軟性などがあります。

 

働き方改革が労働者を苦しめることもある

 

労働力と生産性の向上は、働き方改革の大きな柱です。しかしながら、働き方改革が行われたことによって、ネガティブな声が聞かれることもあります。

 

  • ・仕事量の見直しがされないまま残業時間の削減された
  • ・有給休暇取得へのプレッシャーが強いことが苦痛
  • ・テレワークが可能になり持ち帰り仕事が増えた

 

長時間労働や休みが取りづらい雰囲気は、労働環境として良いとは言えませんが、労働者にとっては、働き慣れた環境に働きやすさを感じる人もいます。自分なりの時間配分や切り替え方が確立されている場合には、突然の残業時間の削減は強引に感じることがあるかもしれません。

 

新しいルールの締め付け感やしわ寄せの発生、慣れない労働環境へのストレス、根本的な改善のない働き方改革は、労働者をさらに苦しめてしまう結果につながります。

 

労働力や生産性の向上に繋がらなければ、働き方改革どころか働きにくさの改革になってしまいます。

 

働き方改革が人手不足を招く原因

なぜ

JK2507- stock.adobe.com

 

労働力の向上、つまりは人材確保を目的としている働き方改革ですが、取り組み方によっては、離職のきっかけとなってしまうことがあります。離職率の高さは、生産性だけでなく企業の求心力を低下させます。

 

要因を解消しない労働時間の削減

 

企業の一般的な労働時間は、7~8時間の間に設定されていることが多いでしょう。労働時間は労働基準法で定められており、原則として1日8時間、週40時間以内とされています。 長時間に渡る労働は、健康の確保や家庭生活との両立を困難にするもので、男性の家庭参加を阻害し、少子化の原因にもなり得ます。

 

日本人は働きすぎと言われることがあるように、国際的に見ても日本人の労働時間は長いと言われています。長時間労働が健康上に与えるリスクは大きく、月の平均労働時間は80時間を越えた場合には、脳や心臓疾患の危険性が上昇すると指摘されています。

 

長時間労働を発生させる主な原因には、業務量の多さが挙げられることがあります。慢性的な人員不足によって、業務過多に陥っていることも考えられます。

 

また、長時間労働をよしとする残業を美徳とするような風土や、無理をした頑張りを高く評価するような風潮が長時間労働を恒常化させてしまいます。

 

労働時間の削減をするからといって、やみくもに退社を促すのでは働き方改革とはいえません。根本原因を理解し、改善に努めない限り長時間労働を無くすことはできず、抜け穴をくぐるような「見えない残業」を発生させてしまいます。

 

働かないこと、休むことへの意識が先行する

 

労働時間の削減や有給休暇取得の促進に対して、誤った理解を示す労働者がいることが指摘されることがあります。快適に安心して働ける環境を整備するのは企業の役割です。

 

制度に守られ活用することは労働者の権利であり、企業が求める労働力と生産性を意識したパフォーマンスを提供するのは義務ともいえます。

 

労働時間が削減された分は仕事を減らしても良い、有給休暇は好き勝手に取得ちても良い、というような都合の良い解釈と権利の主張ばかりになる労働者が増えては困ります。

 

働き方改革の目的、企業が労働者に対してどうあって欲しいかを明確に提示し、労働者の意識改革も必要になるでしょう。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

働き方改革が招くホテルの人手不足

Yusei- stock.adobe.com

 

ホテル業界は慢性的な人手不足と離職率の高さに頭を抱えています。ホテル業界も例外なく、働き方改革を意識しています。

 

ホテル業界が人手不足に悩む原因

 

ホテル業界が人手不足と言われる原因は労働条件によるものが多くあります。一般企業と大きく異なるのは、24時間労働であるという点でしょう。労働時間に区切りが付けづらく、繁忙期と閑散期の落差の大きさも、人材確保を難しくしている原因です。

 

  • ・長時間労働
  • ・低賃金
  • ・公休日数が少ない

 

ホテル業界が人手不足に悩む原因は、まさに働き方改革の対象になる課題ばかりです。ホテルで働きたいと考えていても、こういったイメージが先行するために、求人が集まらないといったことも発生しています。

 

働き方改革でホテルの離職が深刻化する

 

働き方改革によって労働時間の削減が進められた場合、たびたび課題になるのが残業代についてです。長時間労働が改善されれば、残業代の発生が抑制されます。企業側の視点で考えれば、経緯削減の効果も期待できますが、労働者にとっては賃金に対する懸念が生まれます。ホテル従業員の中には、夜勤手当や残業手当を考慮して生計を立てている人がいます。そのような場合は労働時間の削減が、生活不安に直結してしまうこともあるのです。離職を余儀なくされるといった場合もありますので、労働時間の削減に伴う賃金の減少については、同時に考慮していくべき課題です。

 

表向きの働き方改革では改善に繋がらない

Artem- stock.adobe.com

 

働き方改革と聞くと、何か大きな革命を起こすような、いいことばかりが待っているかのような印象を持つかもしれません。労働者にとって働きやすい環境が用意されることによって、働く意欲の向上を狙い、企業の生産性や利益の向上につながる必要があります。残業を減らし休みを増やすだけでは、そのような効果が期待できるとは言えません。単にルールを変えるだけでは、改革とは言えないでしょう。企業全体、労働者個人の成長を見込み、目指せるものでなければ、働き方改革は人手不足のきっかけにもなりうるのです。変化させることばかりに捕らわれず、現状を把握することが働き方改革のスタートです。新しくなることばかりが良いこととは言えません。働きやすい労働環境は求心力を向上させます。表向きのルール変更ではなく、根本の改善を目指すことができれば人材確保への道も広がっていくのではないでしょうか。

 

おもてなしHRは、宿泊業界に特化した採用支援サービスです。ホテル・旅館ならではの労働環境に詳しい専任スタッフが、しっかりサポート致します。人材確保にお悩みの場合は、是非一度お相談ください。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る