人材を集める方法を考えて良い人材・優秀な人材を確保しよう!

採用活動でなかなか良い人材と出会えないと、お悩みのホテル・旅館の方もいらっしゃるでしょう。優秀な質の良い人材を集めるには、どのような方法があるのでしょうか。優秀な人材を惹きつけるホテル・旅館などの企業が実施すべき戦略をご紹介します。

なぜ人材を集めるのは難しいのか?

naka- stock.adobe.com

 

少子高齢化や高齢化によって、労働力の人口がどんどん減少しています。それに伴い、多くの企業が採用活動を行っても、人材が集まりにくくなっているのが現状です。

 

人手不足を補うために、効率よく業務を遂行してくれる質の良い人材はどのホテル・旅館も求めています。

 

良い人材となれば競合他社も欲しがる可能性が高く、良い人材に絞って採用活動をしても必ずしも獲得できるとは限らないのです。

 

ですので、採用活動もただ行うのではなく、ある程度戦略を練って臨む必要があるのです。

 

そもそも良い人材を見極められているのか?

fizkes_AdobeStock- stock.adobe.com

 

採用活動で良い人材が集まりにくいホテル・旅館などのは、担当者が良い人材を見極められているのかということが心配されます。

 

良い人材を自社に集めるためには、担当者自身も良い人材を見極める目を養わなければなりません。自社が求める人材を確保するために、優秀な人材の特徴を把握し、選考過程で適切に見極められているでしょうか。

 

採用担当者は「良い人材」という基準を設け、応募者の話を聞き、自社で活躍できそうな人かどうかを確かめましょう。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

良い人材が集まる魅力のある求人や会社なのか?

Monet- stock.adobe.com

 

企業が人材を選んでいるように、良い人材も企業や求人を選んでいます。良い人材が「このホテル・旅館で働きたい」と思うような魅力がホテル・旅館などの企業や求人にないと、応募者数は一向に増えないはずです。

 

採用活動をしても良い人材が集まらないと嘆く前に、「自社の魅力がきちんとユーザーや応募者に伝わっているか」や「自社の魅力が求人にしっかりと落とし込まれているか」などについて今一度考え、改善を試みると良いでしょう。

 

良い人材を集めるために求人方法を見直そう

Freedomz- stock.adobe.com

 

採用活動で良い人材を集めるためにも求人方法を見直してみてはいかがでしょう。求人方法の種類を確認しながら、求人を出す際に注意するポイントをご紹介します。

 

求人方法の種類

 

求人方法には様々な種類があります。

 

  • ・ハローワーク
  • ・大学や専門学校の学内システムや掲示板
  • ・求人媒体
  • ・人材紹介
  • ・人材派遣
  • ・自社の採用サイト
  • ・SNS
  • ・知人の紹介
  • ・スカウト

 

一般的には8つの求人がありますので、自社に合った求人を選ばなければなりません。それぞれの求人方法に特徴もありますし、採用コストや求める人材に応じて求人方法を選択する必要があります。

 

「大手求人媒体だから」などの単純な理由で選ぶのではなく、それぞれの求人方法の効果が自社にとって良い人材を呼び込む見込みがあるかどうかで判断しなければならないのです。

 

求めている人材に合わせて掲載方法を変える

求人といえば、ハローワークやインターネットでの掲載が主流でしたが、自社の求める人材によって求人方法を変更するべきでしょう。

 

たとえば、若い人を求めているのであれば、SNSなどを利用したほうがハローワークを利用するよりも応募者数は増やすことができます。

 

また、専門職や幹部候補となる人材は、できるだけこちらからスカウトをしたほうが良い結果が得られる可能性が高いですよ。

 

求人の理想を高くしすぎない

求人に記載されている内容が理想の高いものだと、高いポテンシャルを持っているはずの人材が応募時点で諦めてしまうことがあります。

 

仕事内容にもよりますが、特殊な職業で資格が必要な場合を除けば、働きながら資格を取得することもできる職業もあります。そのような求人を出すのであれば、その資格を入れずに「取得できる資格」として記載したほうが意欲のある人材が集まりやすくなるでしょう。

 

未経験から働いても素晴らしい成長を遂げる人もいます。なるべく募集条件を狭めずに、たくさんの人材を集めてから選ぶことを心がけましょう。

 

優秀な人材を集めるためのポイント

Panya Studio- stock.adobe.com

 

企業自体に魅力がなければ、優秀な人材に長く務めてもらうことはできません。さらに、応募者数も減少してしまいますよね。優秀な人材を集めるために必要なポイントはなにかご紹介します。

 

多様性のある職場環境をつくる

まずは、多様性や公平性の高い職場環境をつくることが大切です。

 

たとえば、それは国籍・人種・性別・性的指向・身体的能力などの個人のアイデンティティを、採用や昇給に影響させないということです。

 

多様性を尊重するということは、個人のアイデンティティで差別しないだけではありません。一人ひとりの考え方や価値観・背景を尊重し、多種多様な意見を認めることで初めて意味を成します。

 

そして、ホテル・旅館には関係ないかもしれませんが、リモートワークが普及されるなかで、会社に所属する意味が見出さなければなりません。多様性が認められる職場環境があると、優秀な人材は自分自身を高められる学びの場として認識するでしょう。

 

優秀な人材が選ぶ企業の基準として「自分の力が最大限発揮できるか」のようなポイントが挙げられます。職場環境を見直すことで、優秀な人材が自社に魅力を感じやすくなるのです。

 

若い社員にも責任のある役職を持たせる

若い才能のある社員にキャリアアップの機会が与えられているかどうかで、優秀な人材が企業に抱くイメージは良いものになります。

 

年功序列型で重要な役職が決まるような環境だと、優秀な人材は自分の力が存分に発揮できる環境がないと判断し、離職率にも影響がでてしまいます。

 

若い社員にもチャンスがあると、自信やモチベーションを上げることにつながります。結果的に仕事への満足度も向上し、優秀な人材の定着率も上昇します。

 

そうすることで、社員自身の成長にもつながりやすいので、創造性のある企業としての印象も強くなるでしょう。

 

多様な働き方を認める

最近では、個人の環境や能力によって様々な働き方が認められるようになってきました。時代の流れに柔軟に対応することで、企業の魅力を高めることができます。

 

社員の立場に立ち働きやすい環境を提供することは、有能なのに仕事から離れなければならない人を引き止めることができるのです。たとえば、育児や出産などの事情がある人には、在宅勤務やフレックスタイム制を導入すると良いでしょう。

 

また、企業によっては、残業など長時間労働をすすめない雰囲気をアピールすることが優秀な人材を集めることにつながるかもしれません。

 

採用活動で優秀な人材を集めるにはどうする?

Monet- stock.adobe.com

 

優秀な人材を求めていても、実際に採用活動を行う際はどのようなことが必要なのでしょうか。確認してみましょう。

 

どのような人材が必要なのか明確にする

良い人材は、それぞれの企業で異なります。採用活動を行う前に、自社が求める人材を洗い出す必要があります。そうしなければ、良い人材を採用したとしても自社と応募者にミスマッチが生じてしまい、人手不足は解消されません。

 

自社の状況と目指す方向を見据えたうえで「ホテル・旅館などの会社が成長するためにどのような人材が必要か」を明確にしてください。せっかくの採用活動が無駄にならないよう、求める人材を明確にしましょう。

 

求めるスキルを具体化する

どのような人材が自社に必要かどうか明確化したら、次はどのようなスキルを持った人材が必要なのか具体的に精査してください。

 

必要なスキルが分かると、採用活動をスムーズに進めることができます。ただし、前述した通り、ここで理想を高くしてしまうと応募者が求人を見るだけで断念してしまうかもしれないので気を付けましょう。

 

研修やトレーニング内容の計画を立てる

教育研修やトレーニングの内容が明確にされていると、優秀な人材が入社した際、自社でどのような活躍が必要になるのかを示すことができます。

 

教育研修の内容が充実していると社員が成長しやすくなり、会社としてもより良い成果を残すことができるかもしれません。

 

さらに、社員が成長しやすい企業として評価も上げることができますので、就職・転職市場でも有利になります。

 

本人の希望を把握する

優秀な人材を集めるためには、面接選考の段階から本人がどのように成長をしたいのかについて把握しておきましょう。

 

働くうえでのモチベーションにも関わりますので、自社が求める成長と本人がなりたい姿が一致しているかどうかを確認する必要があるのです。

 

企業だけでなく優秀な人材も求人を選んでいる

maru54- stock.adobe.com

 

人手不足を補うために質の良い人材を求める企業も多いでしょう。ですが、優秀な人材も求人を選んでいますので、いかに自社の魅力をアピールしていくかが鍵となります。

 

自社の魅力をアピールしたからといって、何もせず人材が集まるとは考えにくいのが、最近の採用活動での難しいところです。

 

しかし、社内の雰囲気を整えるだけで、以前の採用活動が見違えるようにうまくいくことがあるかもしれません。採用活動をする前に、自社が求める人材の立場に立って「この企業尾に魅力を感じるか」と問い直してみてはいかがでしょう。

 

採用活動にお困りのホテル・旅館業界の方は「おもてなしHR」のご利用をおすすめします。負担に感じている採用活動を、それぞれの企業のニーズに合わせながらサポートしておりますので、ぜひ一度ご相談くださいね。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る