ホテルの営業職を採用するために企業が気をつけるべきポイントとは?

ホテルの営業職は、募集が少ないことから参考にする求人や記事などを見かける機会も少ないのではないでしょうか。営業職での採用を進めたい、強化したいと考えるホテル担当者に役立つ情報をまとめました。

ホテルの全体売上を大きく支える営業職を採用をしたい!

kues1 – stock.adobe.com

 

宿泊客を増やすために、最も短期的に成果が出せるのは営業活動を行うことです。ますます競争が激化するホテル業界で生き残るために、営業職の採用を強化しようと考えているホテルも多いのではないでしょうか。

 

旅行代理店への営業強化、マーケティング・広報の強化などによって、個人や団体の宿泊客を増やしたいというホテル、また宴会・パーティーから全体売上を底上げしたいと考えるホテルと、考え方はホテルにより様々ですが、とりあえずで始めた採用活動では良い人材はなかなか集まりません。

 

ホテルを支える縁の下の力持ちとして、営業職を採用を強化したい、または営業職の採用を開始したいと考えている営業担当者、ホテルの人事・採用担当者は、ホテルの営業職をスムーズに採用するために気をおくべきポイントを把握しておきましょう。

 

ホテル営業の経験者を採用するメリット・デメリット

luengo_ua – stock.adobe.com

 

ホテルの営業職を募集する際には、経験不問・法人営業経験がある方を歓迎・ホテル営業経験必須など、ホテルごとに様々な条件を提示しています。

 

ただし、即戦力を確保したいと考えた場合、ホテルとしてありがたいのは「ホテル営業の経験者」からの応募ですよね。ホテル営業の経験者を採用するメリット・デメリットを考えてみましょう。

 

メリット

一概にホテルの営業と言えど、業務の種類は多岐にわたります。

 

部門で言えば宿泊の集客部門、宴会・パーティー部門、部門設定無し、顧客で言えば国内企業、外資系企業、代理店・イベント会社の担当など分けているホテルが多く、中でも部門で分けられる業務は、他業種の営業とは少し毛色の違った業務であることが多いです。

 

そのため、ホテル業界のお金の流れ自体を把握しているホテル営業の経験者であれば、募集部門での営業経験がないという求職者であっても、文字通り即戦力となってくれる可能性が高いということが大きなメリットでしょう。

 

また、旅行代理店やウェディングなど、ホテルに近しい業界での営業経験者も、即戦力としての活躍が期待できます。

 

デメリット

ホテル営業の経験者は、良くも悪くも業界を知っているため、給与などを含めた労働環境を比較したり、以前勤めていたホテルでの営業手法をなかなか手放さない、などということがデメリットとして考えられます。

 

また求職者が、きっちりと部門分けがされていたホテルから、部門分けのないホテルへ転職をした場合、「以前よりも業務量が多い」、「専門性が無くなり労力が分散されてしまう」などという理由から、モチベーションの低下に繋がる可能性があります。逆もまた然りです。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

ホテル営業の未経験者を採用するメリット・デメリット

neonshot – stock.adobe.com

 

ここ最近では、業種・職種全てが未経験という求職者も増えてきましたが、業種はさておき、大抵の場合は経験の活かすことができる同職種への転職が多いのは、今も昔も変わりありません。

 

ホテルでの営業経験はないが、営業職での経験はあるという求職者を採用するメリット・デメリットを考えていきましょう。

 

メリット

特に法人営業の経験がある求職者であれば、法人営業とは何かを心得ているため、ホテル営業で必要な知識を与えれば滞りなく業務を遂行することができるでしょう。

 

また、経験したのは新規営業のみという求職者だとしても、数値目標などに向かう姿勢などマインドセットができているため、全くの営業未経験という求職者よりもよいスタートが切れることでしょう。

 

ホテルの営業経験者と比較した場合、業界知識が乏しいということもあり、まずは教えた通りに仕事をこなしてくれ、教育がしやすいということがメリットと言えます。

 

デメリット

前項のホテル営業経験者と同様に、他業種で行ってきた営業と自ホテルの営業を比較する可能性があります。

 

ホテルによっては、熱心なルート営業や、飛び込み営業をしているということもあるでしょう。前職はIT企業におり、テレワーク・オンライン商談など足を使わずの営業経験があるという方などからすると、効率が悪いなどと考えられてしまう恐れがあります。

 

反対に、接する業種・職種が多く、戸惑ってしまうという方もいるかもしれないということがデメリットとして挙げられます。

 

ホテルの営業職を採用募集前に確認すべきこと

kues1 – stock.adobe.com

 

ホテルで営業職を募集する前に、確認しておきたい点がいくつかあります。採用活動を開始する前に、確認すべき3点をご紹介します。

 

雇用形態

近年、契約社員・パート・アルバイトなどの非正規雇用が増えています。以前のように、安定した働き方は正社員しかできない、という考えの正社員至上主義は減っているようです。

 

それぞれの雇用形態によりメリット・デメリットはありますが、ライフワークバランスを重要視し、転職活動を行うという求職者も多いため、自ホテルで募集をかける際には本当に正規雇用で良いのか、はたまた本当に非正規雇用で良いのか、ということを慎重に決める必要があります。

 

営業職・総合職の選択

営業で募集をかける場合でも、ホテルの規模によっては、営業活動以外のマーケティング・広報活動、連携する部門が多いことから自ホテル内の管理業務などを任せたい、と考えているホテルもあるのではないでしょうか。

 

求職者側からしても、営業職でキャリアステップを踏みたいと考えている、総合職としてゆくゆくは営業以外の別業務にも携わりたいと考えているなど、状況は様々です。

 

ホテルで募集したい内容、求職者が行いたい職種・業務内容に齟齬が生じてしまえば、たとえ入社したとしても早期離職などに繋がりかねません。募集する際には、営業職・総合職などの職種にも気を付けましょう。

 

他競合・他業種の募集条件の比較

営業職は、精神・肉体ともに大変な仕事と考える人が多いようです。そのため他競合・他業種などでも、常に営業職の募集は盛んな傾向にあります。

 

基礎さえできれいれば、どんな業種の営業でも通ずる所があり、雇用も多いことも相まって、業界を飛び越え転職を検討している営業経験者も多くいます。

 

ホテル業界は、労働時間が長く、低賃金というイメージを持たれやすい業種でもありますので、他業種と比較し福利厚生などに圧倒的な差は無いか、また他競合と比較し不利な募集条件を出していないか、などを見極めましょう。

 

既に営業職の採用を始めているがなかなか良い人材が集まらない、とお悩みのホテルがあれば、上記3点に気を付け、必要に応じ募集条件を見直してみるのもよいかも知れません。

 

ホテル営業職の採用募集の方法

LIGHTFIELD-STUDIOS – stock.adobe.com

 

ホテルの営業職を採用するにあたり、どのような方法を用いれば効率的に募集を行えるのでしょうか。ホテル営業職の採用募集の方法を見ていきましょう。

 

インターネットの求人広告の掲載

まず第一に、インターネットでの求人広告の掲載を検討してみてください。現在では、求職者の約8割が転職求人サイトを利用しているというアンケート調査も出ているほど、利用者が多くなっています。併せて、自ホテルのホームページ内でも、採用情報を掲載するとよいでしょう。

 

多くの求職者の目に触れるように、と大手求人サイトへの登録することもよいですが、利用者が多いということは掲載する競合他社も多いということを忘れてはいけません。

 

営業職の募集に特化したサイト、宿泊業に特化したサイトなど、多種多様な転職求人サイトがありますので、自ホテルと求職者がマッチしやすいサイトへの掲載を検討しましょう。

 

知人からの紹介

ホテル営業では、人脈作りが欠かせません。今まで築き上げてきた人脈の中で、自ホテルに転職したいと考える方もいるかも知れないのです。

 

業界によっては、業界内での引き抜きから転職を決意し、キャリアアップという道を辿っている営業もいますので、アイスブレイクや情報交換程度に話を進め、適した人材がいないかどうかを探ってみるのもよいでしょう。

 

人材紹介会社の利用

ホテルの営業の求人数は、営業職全体から見ると多いものとは言えません。そのため、他業種から転職を検討している求職者の場合、ホテルに営業職があるというイメージがそのものが無いという場合もあります。

 

そんな時には、人材紹介会社の手を借りるのも一つの手です。自ホテルの条件を人材紹介会社へ伝え、適した人材へアプローチを行ってくれるため、求人広告で募集を待つよりも効率的である場合があります。

 

ただし、自身で調べ、辿り着き応募をした求人広告に対し、人材紹介会社を経由している場合、「紹介をされたから」という理由で応募を求職者がいるというのも事実です。応募段階の熱量が異なる場合がありますので、注意が必要です。

 

ヘッドハンティング

外資系や高級ホテルを中心に、他ホテルからのヘッドハンティングを受けているという事例も見受けられます。優秀な人材を早急に確保したいという場合には、ヘッドハンティングを活用するのもよいでしょう。

 

前述した人材紹介会社とは異なり、ヘッドハンティングを専門に受け持っている人材会社もありますので、興味のある方はぜひ調べてみてくださいね。

 

ホテルの営業職の採用も「おもてなしHR」におまかせ!

polkadot – stock.adobe.com

 

自ホテルで営業職の採用をする際には、求職者の営業の経験・未経験、雇用形態、他競合・他業種の募集条件などに気を付けながら、自ホテルに合った募集方法で採用活動を行っていくのがよいでしょう。

 

とはいえ、慢性的な人手不足に悩まされるホテル業界での採用活動は容易なものではありません。採用活動を進める中で、思うようにいかないと思うこともあるでしょう。

 

そんな時は、ホテル・旅館の宿泊業に特化した当求人情報サイト「おもてなしHR」へのご相談もご検討ください。

 

これから営業職の採用を進める、また営業職の採用がうまくいかない、など小さなお悩みでも結構です。専門スタッフが、貴社に寄り添いサポートいたします。ご相談はもちろん無料ですので、気負わずお気軽にご相談くださいね。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る