ホテルで業務効率化をする方法とは?

ホテルでお客様をお待たせずに質の高いサービスを提供したり、コストを抑えて利益を増やすためには業務の効率化が必要です。ホテル内の業務において、効率化が図れる部分や、業効率化の事例を見ていきましょう。

ホテル業務の効率化はなぜ必要か

考えるビジネスマン

aijiro – stock.adobe.com

 

観光立国を目指す日本では、観光庁が指揮を取ってホテル業務の効率化を推進しています。ホテル業界は、業務内容が多岐に渡る、従業員の長時間労働といった課題を抱えていますよね。

 

こうした課題を抱えたままでは、観光立国として成り立つことは困難です。従業員の負担を減らして働きやすい環境を整えることで、サービスレベルを向上させるためには、業務効率化に真剣に取り組む必要があるのです。

 

業務効率化に成功すれば、作業時間やコストの削減に繋がりますよね。以前からも必要性が叫ばれていたことですが、新型コロナウィルスの流行でホテル業界全体が窮地に立たされている今は、特に早急に手を打たなければなりません。

 

また、利益の追求のみならず、エコの観点からも業務効率化は推奨されています。

 

効率化できるホテル業務とは

スキルマップ

tashatuvango- stock.adobe.com

 

多岐に渡るホテルの仕事の中で、効率化しやすいのはどのような部分でしょうか。接客業務・裏方業務・労働環境の効率化について、それぞれ見ていきましょう。

 

接客業務の効率化

ホテル業務全体の中で、接客関連はもっとも比重が大きい業務です。効率化に成功すれば、業務負担はかなり軽減されることでしょう。

 

接客業務の効率化には、ICTの推進が有効です。ビジネスホテルやカプセルホテルではすでに、自動チェックアウト・チェックインは当たり前になっていますよね。対人による接客を重要視する高級ホテルにおいても、顧客管理などのお客様から見えない部分においてはICTを活用しています。

 

以下は、接客業務に役立つICTについて詳しく解説した記事です。ぜひ、ご一読ください。

 

RPAがホテル業界を救う?PRAを導入してホテルの業務を効率化!

 

スマートホテルってなに?IoTやAIの活用でホテルをスマート化するメリットとは

 

ホテルの質を高める顧客管理とは?顧客管理委ステムのメリット・デメリットを解説!

 

裏方業務の効率化

客室清掃や食事、事務作業などの裏方業務についても、効率化の余地はあります。まずは、今まで行っていた手順の見直しをしてみましょう。

 

ルームウェアを畳む作業をやめてハンガーに掛ける、下膳する前に残飯をひとまとめにする、不要なダブルチェックを廃止するなど、ちょっとした工夫で大きな改善効果が得られる可能性があります。

 

また、エネルギーやフードロスのカットも考える必要があります。カンに頼った仕入れから、毎日のフードロスを分析して数字的な根拠のある仕入れに切り替えたところ、大幅なフードロスのカットに成功したホテルがあります。エネルギーについては、省エネ設計の備品の導入や、料金プランの見直しを行いましょう。

 

労働環境の効率化

また、フロント係はフロントだけ、事務員は事務作業だけといった、非効率な仕事の割り振りも見直しが必要です。あるホテルでは、従業員のスキルマップを作成し、業務効率化に成功しました。習得済みのスキルを見える化し、徐々にスキルを増やすやり方で、効率の良い業務の割り振りができるようになったのですね。

 

こうした工夫で作業時間の短縮・負担の軽減が実現すれば、少ない人数でホテル業務が回り、従業員の労働環境を改善することができます。手待ち時間や中抜けなど、不規則なシフトを極力減らし負担を軽減することで、より行き届いたサービスが提供できるようになるでしょう。

 

ホテル業務の効率化事例を見てみよう

上記で紹介した業務効率化の一部は、観光庁のホームページに事例として詳しく紹介されています。

 

簡単に真似できる事例も数多く掲載されていますので、じっくりと読んでみてはいかがでしょうか。以下がサイトへのリンクです。

 

参照:ホテルの業務効率化事例について/観光庁・宿泊業の生産性向上推進事業

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

ホテルの採用業務も効率化を

採用業務

Andrey Popov- stock.adobe.com

 

ここまでホテル業務の効率化について、解説しましたがもうひとつ、効率化が欠かせない業務があります。

 

それは、採用業務の効率化です。採用業務は非常に工数の多い業務ですよね。どんな人物をどの部門で採用するのかなどの計画を立て、これまでの採用実績の分析や競合他社の採用状況のリサーチといった作業も必要です。

 

これらをこなして求人を出しても、応募者が少ない、雇用のミスマッチで入社後すぐに辞めてしまうなど、労力が実らないことも多々あるのではないでしょうか。採用業務の効率化には、採用支援サービスの導入が有効です。

 

採用支援サービスは一般的に、求人広告を掲載すると共に、登録された求職者の中から条件に合う人材をピックアップして企業に紹介するというサービスです。

 

総合的な支援サービスもあれば、ひとつの業界に特化した支援サービスもありますが、ホテル業界の採用支援には「おもてなしHR」がぴったりです。おもてなしHRは、ホテル業界に特化した採用支援サービスです。

 

登録している求職者の皆様は、ホテル業界の経験者・未経験でもやってみたいという気持ちを持っているので、求人広告に興味を持ってもらえる可能性が高いのです。また、専任スタッフが双方の希望を丁寧にヒアリングし、適合する人材を紹介するので雇用のミスマッチが起こりにくいメリットもあります。

 

日本全国の宿泊施設に対応可能で、面接日時の調整や雇用条件の交渉もお手伝いします。ぜひ、おもてなしHRの導入をご検討ください。

 

社内での工夫とホテル業界の採用支援サービスで業務効率化をしよう

ビジネスパートナー

polkado- stock.adobe.com

 

接客業務や省エネ化など、社内でのちょっとした工夫で大きく効率化できる業務もありますが、採用業務の効率化は容易なことではありませんよね。下手に工数を削減すれば、選考の精度が落ちる危険性があります。

 

無理なく採用業務を効率化するためには、おもてなしHRのような専門性の高い採用支援サービスがうってつけです。まずは無料で資料の請求をしてみてはいかがでしょうか。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る