中小企業の採用活動の課題って?大企業にはない魅力で選ばれる企業を目指す

売り手市場と言われる状況下においては、大企業に人が流れていってしまうといった現実に、頭を悩ませる中小企業もあるでしょう。新卒者の場合、就職先に大手を選択することは多いようです。名が知れているというだけでも、社会的な信用が得やすかったり、安心材料になったり。周囲からの評価が高まるようなこともあります。少々不利な状況な中で進められる中小企業の採用活動。課題になることや、中小企業だからできる採用活動について考えてみましょう。

中小企業と大企業で異なる採用課題

iStock/Yue_2

 

どの企業でも、採用に関する課題はあるものです。人が集まらないというのは採用活動における代表的な課題です。これは、人口減少による人手不足が原因のひとつ。その影響を受けているという点では、どこも同じ悩みを持っているかもしれません。

 

他にどんなことが課題になるかは、業種や職種によって異なるもの。それはまた、企業の規模によっても違いが出ます。中小企業と大企業では認知度に大きく差がでるもので、それは採用活動にも多大な影響を与える要素です。いくら人口減少とはいっても、大企業の場合は、求人を出せば黙っていても人は集まるもの。認知度に加え、待遇や諸条件で劣ってしまうことの多い中小企業は、そうはいかない場合もあるようです。

 

大企業と中小企業では、費用面にも大きな違いが生まれます。求人広告や企業説明会にかける費用、規模や質にも大きく差が開くでしょう。中小企業の採用課題の背景には、複数の原因が潜んでいます。中小企業ならではの課題、中小企業だからできる解決策を考えてみる必要がありそうです。

 

中小企業に対する意識が採用課題に影響する

iStock/hkeita

 

中小企業の採用活動を難しくしている理由に、求職者が抱く中小企業への意識があります。特に新卒者の場合は、その傾向が強いのではないでしょうか。大手であるということに安心を覚え、それだけで優先度が上がるということはあるでしょう。

 

人手不足で売り手市場の中では、大手であることや有名であるということが優位に働き、求職者が自然と流れていってしまうというのが現実です。大手の方がキャリアップしやすそうとか、中小企業は休みが少なそうとか、イメージが先行してしまうということもあるでしょう。

 

待遇、福利厚生などを見れば、大企業の方が充実しているというのも影響は大きものです。長く働くということを考えれば、将来的な安定という点も企業を選択する重要なポイントです。さらに社会的な信用度の面で言っても、名が知れているということが優位になることは当然ながらあるものです。

 

大手が絶対ではないことは理解出来ていても、大手の方が安心だろうという漠然とした印象もあるかもしれません。新型コロナウィルスの影響を受けた倒産が相次ぐ状況下では、補償の面などを考慮して大手の方が良いのでは……と考えることもありそうです。

 

大企業が必ずしも安定しているということはありません。実は自転車操業……ということもあり得ます。中小企業であっても、最先端の技術や専門的な分野で世界的なシェアを誇り、安定した経営を何十年も続けているということもあります。中小企業だからこそのブランド力も採用活動にはいかせるかもしれません。

 

中小企業の採用課題

iStock/recep-bg1

 

採用活動では、応募者を集めるということが第一の課題になりますね。「人材の確保」「人材の定着」という2つの課題について考えてみましょう。

 

人材の確保

 

優秀な人材の確保は、採用活動におけるもっとも重要な目的です。確保のためには、一定の応募者数が必要です。人材の確保に関わる課題を解決するには、いかにして応募者数を増やすかということを考えるべきです。

 

求人募集をするためには、求人誌や求人サイトへの広告掲載をするのが一般的です。広告規模によっては多額の費用が必要で、掲載期間が長引けば費用がかさむ一方です。たとえ応募者がいたとしても、その人が必ずしも、求めている人材像にマッチするとも限らない。募集を出せば良いという、簡単な話でもありません。

 

中小企業の場合は特に、ターゲットを絞り、採用チャネルを吟味した戦略的な採用活動が必要です。大企業と同じ手段や手法で課題が生まれるのであれば、独自の採用方法・採用スタイルを取り入れてみるのも良いかもしれません。

 

人材の定着

 

せっかく採用しても、すぐに辞めてしまう。これは、採用活動における課題として、たびたび耳にするものです。入社してみたら、聞いていたのと違うとか、社風が合わないとか、さまざまな理由で離職してしまう人は一定数いるものです。

 

条件や待遇が一致したとしても、労働環境が悪かったり、教育環境が整備されていなかったりすると、働く意欲は低減するものです。人材の定着のために必要なのは、賃金を上げることや休日数を増やすことのような制度作りだけではありません。

 

スキルがいかせる、やりたい仕事ができる、コミュニケーションが活発であるなどの、職場そのものが魅力的な必要があります。長く働ける職場、定着率の良い企業であれば、離職率は自然と下がるものです。

 

採用活動は、採用して終わりではありませんよね。採用後の人材の定着は、企業の将来を決めることにもつながります。人材が定着する、従業員が意欲をもって働ける労働環境を整えること。企業としての評価を高めることにもつながるでしょう。

 

人材紹介会社が中小企業の強い味方になる

iStock/gradyreese1

 

国内企業数の中小企業の割合は、なんと99%以上。国内企業のほとんどが中小企業なのです。中小企業の方は圧倒的に多いのですから、大企業・有名企業には適わない……と嘆く必要はないかもしれません。

 

採用コストや規模をみても、大手企業横並びの採用活動が難しいのは事実ですが、企業規模が小さいからこその、小回りの良さやスピード感などは中小企業の強みであり、メリットです。多様化するニーズの中では、そんな強みが魅力となって、中小企業に注目が集まることもあります。

 

なかなか思うように進まない採用活動。そんな中小企業の採用活動には、人材紹介会社がおすすめです。魅力や強みがどこにあるのか、求職者にとって何がメリットになるのか。豊富な知識を持ったアドバイザーが、貴社の採用活動を支えてくれるはずです。

 

おもてなしHRは宿泊業に特化した採用支援サービスです。業界に詳しい専任の担当者が、ニーズや条件にあった求職者をご紹介します。大企業や有名企業に負けない、中小企業ならではの魅力を伝えるお手伝いをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る