若手が辞めるのはなぜ?若手の退職理由と対策を紹介!

入社して間もない若手社員が退職してしまうのは、実はありがちな話。しかし、企業の成長を考えると、若手の退職は大きな痛手です。また、時間をかけて採用活動に携わってきた採用担当者にとっても頭の痛い問題でしょう。そこで、若手社員の離職理由と対策についてご紹介します。

若手の退職

若手の人材は、企業にとって成長のカギとなる存在です。しかし、そんな若手社員が早期退職してしまうという現実があります。

 

とはいえ、若手社員自身もせっかく入社した会社を短期間で辞めることは望んでいないはず。では、一体何が原因で若手社員は退職を決めてしまうのでしょうか。

 

若手が退職を決意する理由を探り、そこから企業ができる解決策をみつけていきましょう。

 

若手が会社を辞める理由

悩み

iStock.com/kazuma-seki

 

まず、若手が仕事を辞める理由について考えてみましょう。一般的に、若手社員は、次のような思いから退職を決意するようです。

 

仕事内容が合わない

若手社員の離職に大きな影響を与えるのが、仕事内容です。働く上で大事な仕事の内容が自分に合わないと、仕事へのモチベーションが下がってしまいます。

 

採用されたとき希望に満ち溢れていても、実際に働いてみると「思っていた仕事と違った」と、会社に抱いていたイメージと現実のギャップを感じてしまうことがあるようです。

 

人間関係の問題

共に働く同僚や先輩、上司との関係も退職に影響します。学校生活と同様、職場に合わない人がいると、顔を合わせたくありませんし、トラブルになれば出社したくなくなるでしょう。

 

社会人生活の初めに人間関係で苦労すると、その後の人付き合いでうまく対処できなくなるのかもしれませんね。

 

労働環境が悪い

長時間労働や休日出勤など、過酷な勤務状況によって体調を崩し、退職に至るケースもあります。

 

仕事に慣れる前に体を壊してしまっては元も子もありません。発揮できる力と仕事量が釣り合わずに退職する事態は避けたいものです。

 

そもそも志望した会社ではない

すべての求職者が、希望の会社に就職できるわけではありません。たとえ志望の就職先ではなくても、生活のために妥協して入社することもあるでしょう。

 

このようなスタートを切った場合、仕事へのモチベーションが低いことがほとんど。そのまま改善されなければさらにやる気が低下し、退職のきっかけになってしまうのかもしれません。

 

若手の退職を防ぐには?

ミーティング

iStock.com/itakayuki

 

貴重な若手社員の退職を防ぐためには、企業側も工夫しなければなりません。採用時と採用後にできる対策をご紹介します。

 

採用時の対策

採用時の対策で大事なのは、双方のギャップをなくしておくことです。採用後のミスマッチを軽減し、早期退職者を減らしましょう。

 

選考では、エントリーシートや適性検査だけで判断せず、面接の機会を増やし求職者の「生の声」を聞き出すことが大切です。

 

また、企業への期待値が高いと、採用後のギャップに悩む求職者もいます。そうした不安を解消するには、企業側から積極的に情報開示することも必要でしょう。

 

業績などの「良い面」ばかり見せるのではなく、働き方や社内の雰囲気など、「現実」の姿を伝えてくださいね。

 

採用後の対策

採用後は、若手のサポートやケアを怠らないようにしましょう。

 

仕事をする上で、人間関係を重視する人、仕事内容を重視する人、キャリアアップを目指す人など、人によって大事にするポイントは異なります。

 

そのため、企業側はさまざまな面から対策をとらなければなりません。

 

例えば、若手社員がスキルアップできる環境を提供したり、若手社員の育成にメンター制度を取り入れたり、新入社員が会社に馴染みやすいようにイベントを企画してもいいでしょう。

 

日頃からそうしたサポートをすることで、若手社員が抱える悩みを解決したり、仕事に対するモチベーションを維持する手助けができたりしますよ。

 

若手の離職理由を知って対策を練ろう!

対策

iStock.com/kazuma-seki

 

若手の早期退職は、企業にとって悩ましい問題。若手社員が退職してしまうのは、イメージと現実のギャップ、職場の人とのコミュニケーション不足などが主な理由です。

 

そうした若手社員に対して企業側ができることは、若手にチャンスを与えたり、適切な助言をしたりすることでしょう。

 

若手社員の離職理由を知り周囲がサポートしていくことで、早期退職の問題を解決できる可能性は十分にありますよ。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る