採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

リファラル採用の方法・やり方や成功するための注意点とは?

新卒・中途の採用を担当している方であれば、一度は「リファラル採用」を聞いたことがあるかもしれませんね。近年、大きな注目を集めるリファラル採用ですが、気になっているがやり方・方法が分からないという方も少なくないようです。リファラル採用のやり方や導入方法を確認し、採用活動の成功につなげましょう。

リファラル採用は正しい方法でやらないと難しい

Feodora – stock.adobe.com

 

最近の採用活動の傾向として、リファラル採用を取り入れる企業が増えていることが挙げられます。ところが、一方では導入する難易度が高く、十分に活用できないという悩みを抱えるケースも多いようです。

 

リファラル採用を導入することで、自社に合った人材を確保できるだけでなく、採用コストの大幅な削減にもつなげられます。

 

特に、ホテル・旅館では人手が不足しており、正規の社員を確保することが困難な状況ですよね。そこでリファラル採用を活用すると、宿泊業界への就職・転職を検討していなかった層にまでアプローチできるので、優秀な人材を獲得するチャンスが増加します。

 

ただ、多くの企業では、採用までに時間がかかってしまうことや、社内にリファラル採用制度がなかなか浸透せず応募者数が増えないことがネックとなっているのです。

 

しかし、リファラル採用は正しい方法で活用すれば、企業の人手不足や入社後のミスマッチなどの減少が可能となります。リファラル採用のやり方や方法を知れば、きっと採用活動も充実するに違いありません。

 

リファラル採用のやり方と方法とは?

ASDF – stock.adobe.com

 

リファラル採用に悪戦苦闘している企業は、採用活動を成功させるために、すでにさまざまな方法を試しているかもしれませんね。ですが、ここは一旦スタートに立ち返り、リファラル採用を運用する基本を確認していきましょう。

 

リファラル採用制度を整える

 

リファラル採用の成功には、社員の協力が欠かせません。そのため、社内全体を巻き込むような体制の構築が必要不可欠です。

 

まずは、募集する仕事内容や自社の求める人材を明確にするために、募集要項を整えてください。募集要項は、常にアップデートされていくことが望ましいでしょう。

 

次に採用基準や、リファラル採用に協力してくれた社員に支払う報酬額を具体的に明示するようにしてください。この段階で、報酬を支払われる際の条件なども提示しておくと、後々のトラブルを防ぐことができます。

 

また、社員がリファラル採用についての疑問点が生じたとき、気軽に人事に問い合わせられるような仕組みや雰囲気も作っておくことが重要でしょう。

 

リファラル採用の運用は、社員の認識不足があっては継続して成果を出すことはできません。

 

社内告知を徹底する

 

リファラル採用の運用において、募集要項などの情報が変更されたときは都度アップデートし、社員へ積極的に告知していくことが大切です。

 

情報発信の仕方は企業に合ったやり方で構いません。チラシや社内メール、SNSなど、社員が触れやすい告知方法が良いでしょう。

 

働きやすい環境を作る

 

自社を他人に推薦してもらうためには、社員自身が会社を好きでいることが大前提です。

 

どうしても企業への満足度が低いと、リファラル採用は成功しにくいのです。リファラル採用を始める前に、「自社を他人に推薦できるのか」などのアンケートを社員に実施したほうが良いかもしれません。

 

アンケートの結果次第では、職場環境の改善に取り組むことから始めるべきでしょう。

 

プロジェクトメンバーを発足させる

 

冷静に考えると自社に友人・知人を紹介してくれるのは、会社のことを好きな社員しかいませんよね。

 

まずは、社長が先頭に立ち、会社を好きな幹部や社員を5人ほど集めてから、3ヵ月を目安に1人のリファラル採用を成功させるようにしましょう。

 

実際に動いてみて、リファラル採用を円滑に行うための仕組みや、制度を改善させるポイントが分かるようになります。リファラル採用のメリットを他の社員に感じてもらうためには、リファラル採用で獲得した社員の働きぶりを見てもらうことも必要なのです。

 

成功したら、それぞれの部署内でチームを作り、リファラル採用の浸透を目指しましょう。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

 

リファラル採用のやり方の注意点とは?

vegefox.com – stock.adobe.com

 

リファラル採用を運用していくうえで、注意したほうが良いポイントをご紹介します。以下の要点を押さえるだけで、採用活動がグンと楽になる糸口が見つかるかもしれません。

 

リファラル採用の情報を周知する

 

リファラル採用を実施するには、他の採用方法よりも積極的な姿勢が求められます。

 

何度も申し上げますが、リファラル採用の成功には社員の協力が欠かせません。正確な求人情報を社員に把握してもらうには、情報を周知させることが最も重要です。

 

そのため、常に社員の意識に「リファラル採用」を潜り込ませることが必要なのです。定期的にリファラル採用の情報を更新していくだけでなく、協力体制を盤石にするために、報酬金の設定・条件も分かりやすくしておくことが大切でしょう。

 

紹介手順を分かりやすくする

 

人材を紹介する社員は、他に重要な業務を抱えながらリファラル採用に協力しなければなりません。

 

ですので、紹介すること自体に手間が生じてしまうようでは、自社に合った人材を知っているとしても紹介を諦めてしまう社員も多くなっていまします。

 

リファラル採用への協力が社員の負担にならないような仕組みや工夫を巡らせることも不可欠でしょう。

 

採用過程には関与させない

 

リファラル採用のデメリットの一つは、推薦された人材が不採用になった場合、紹介した社員と応募者の仲が悪くなってしまう可能性があることです。

 

人間関係の悪化を防ぐために、リファラル採用の採用過程にはなるべく社員を関わらせないほうが得策でしょう。

 

また、紹介した社員には採用状況を教えないという配慮も必要です。あくまでも社員は、企業と応募者のパイプ役であることを忘れないようにしてくださいね。

 

リファラル採用以外の採用方法も継続する

 

実は、リファラル採用を失敗してしまう企業に多いケースが、採用を焦ってしまったという点です。

 

リファラル採用は、短期集中型の採用には向いていません。特に、人手不足に悩む企業は採用に焦ってしまいがちです。社員から知人・友人を紹介してもらう採用方法は、思うような結果が得られなくとも、根気強く継続していくことが重要なのです。

 

ですので、採用活動をいきなりリファラル採用に一本化してしまうのは、おすすめできません。リファラル採用を取り入れる際は、必ず以前からの採用方法をそのまま活用してください。

 

採用を焦ってしまう気持ちは分かりますが、とにかく最初は人材を紹介しやすい雰囲気を社内に作ることが大切です。

 

リファラル採用のやり方に困っても「おもてなしHR」を併用すれば安心!

contrastwerkstatt – stock.adobe.com

 

リファラル採用を活用する際は、ぜひ自社の人材紹介サービス「おもてなしHR」を併用してみてください。ホテル・旅館業界に特化したアドバイザーが、いままで培ってきた採用ノウハウを使って採用ニーズに合った人材をご紹介します。

 

リファラル採用と「おもてなしHR」を併用することで、優秀な人材を確保できるだけでなく、それぞれの企業が持つ魅力を再発見することにも役立ちます。

 

採用活動を行っていくには、自社の魅力や、求める人材像を何度も検討していくことが必要です。どんな小さなお悩みでも専任のアドバイザーがお聞きしたうえで、採用活動の問題点を解決していきます。

 

まずは一度、お問い合わせをお待ちしております。

ページ上部へ戻る

関連記事