採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

リファラル採用と縁故採用の特徴と違いとは?

「リファラル採用」と「縁故採用」に注目が集まっていることをご存知でしょうか。企業同士の採用競争が激化するなか、求職者の応募を待っているだけでは優秀な人材の確保が難しくなっているのが現状です。2つの採用方法について解説していきますので、採用活動を見直す際はぜひ参考にしてみてくださいね。

「リファラル採用」と「縁故採用」が注目されている!

metamorworks – stock.adobe.com

 

「リファラル採用」や「縁故採用」とは、基本はどちらも会社の従業員から候補者を紹介してもらう方法です。

 

近年、少子高齢化によって労働人口が減り、どの企業も人手不足に悩みを抱えています。

 

さらに求職者数よりも求人数が上回っている状況で、応募者もなかなか集めづらくなっているのです。そのなかで優秀な人材を確保することがとても難しく、攻めの採用活動が求められています。

 

そのため、採用の難しい業界や職種でも採用につながるケースも多々あるのです。

 

従業員全員が一丸となって行う「リファラル採用」や「縁故採用」は、今後の採用活動において、重要な役割を担っていると言っても過言ではありません。

 

「リファラル採用」と「縁故採用」とは?

takasu – stock.adobe.com

 

「リファラル採用」と「縁故採用」が注目されている理由をご説明しましたが、具体的にはどのような採用方法なのでしょうか。早速、確認していきましょう。

 

リファラル採用

 

「リファラル採用」とは、従業員の知人や友人を採用候補者として紹介・推薦してもらうことを指します。

 

自社に適していると思われる人物を紹介・推薦してもらえるので、即戦力を確保したいときには効果的です。近年、企業の人手不足が続いているため、リファラル採用は新しい採用方法として注目を集めているようです。

 

縁故採用

 

「縁故採用」とは企業が求職者を雇用する際、従業員の知人や家族・親戚などの身内を利用して採用する方法のことです。

 

縁故採用は「コネ入社」とも呼ばれ、昔からある採用方法ですが、不正などといったネガティブなイメージを持たれることもあります。

 

しかし、実際は縁故採用を禁止する法律もないので、活用したからといって罰せられるわけではありません。

 

「リファラル採用」と「縁故採用」の違い

mdworschak – stock.adobe.com

 

「縁故採用」は、義理といった感情をもとに採用します。ですので、取引先の家族など社外の人を雇うケースもあり、採用する人物がどのようなスキル・経験を持っているのかについて重きを置いているわけではありません。

 

縁故採用で獲得した人材は、現場が求めていない人材である可能性があり、現場と人材がマッチしないリスクもあります。

 

しかし、「リファラル採用」の場合は、従業員の知人・友人を紹介してもらうとはいえ、会社にとって有益な人物と判断してから採用に至ります。

 

ですので、縁故採用はすでに紹介された時点で合格が決まっているようなものですが、リファラル採用では不採用となるケースが少なくないのです。

 

縁故採用はスキル・経験よりも、職場の雰囲気に合っているなど、関係性や人柄を重視しています。

 

反対に、リファラル採用では従業員に紹介してもらった候補者のなかから、自社の採用条件にマッチする人材を採用していきます。そのため、スキルや経験のある即戦力や、事業に適したノウハウを身につけている人材の採用が必須条件となっているのです。

 

リファラル採用のメリット・デメリット

Monet – stock.adobe.com

 

欧米の企業では積極的に取り入れられているリファラル採用ですが、最近は日本でもリファラル採用を行う企業が増加しています。そのメリットやデメリットを、チェックしていきましょう。

 

メリット

 

リファラル採用を取り入れると、求人メディアに掲載するコストや、企業説明会・転職セミナーなどへの参加費が浮くので、採用コストを大幅に削減できるという点が何よりも魅力でしょう。

 

さらに、自社のプラス面やマイナス面をよく知る従業員が候補者を紹介・推薦するので、入社後のミスマッチを減少させることができます。

 

また、それぞれの企業が求めるスキルや経験を持った人材を獲得できるので、優秀な人材の確保に直結することが期待されます。

 

デメリット

 

リファラル採用で不採用となった場合は、紹介者と企業側だけでなく、紹介者と候補者の関係が悪化してしまうリスクもあります。

 

安定した関係性が築いていけるよう、事前に工夫が必要かもしれませんね。

 

縁故採用のメリット・デメリット

One – stock.adobe.com

 

リファラル採用のメリット・デメリットをチェックしてきましたが、縁故採用の場合のメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。それぞれみていきましょう。

 

メリット

 

従業員の知人や身内を紹介するので、身元がはっきりした人材を採用することができます。

 

また、合格がきまっているケースが多いので、採用試験や面接などにかかる時間やコストなどを削減できるところも魅力でしょう。さらに、スピーディーな採用が実現できるので、手間を省くことも可能です。

 

デメリット

 

リファラル採用の場合は、スキルや経験を重視するので即戦力を採用できますが、縁故採用では人材を選ぶことはできません。

 

そのため、もちろん仕事ができる優秀な人材もいますが、一部にはあまり仕事ができない人がいることも確かです。

 

加えて、縁故採用は、選考過程において公平性を欠くので、候補者が入社した後に人間関係が悪化してしまうことも考えられます。

 

「リファラル採用」と「縁故採用」を活用するには全社員の協力が必要!

Monet – stock.adobe.com

 

「リファラル採用」と「縁故採用」は紹介した側も、された側も安心できる嬉しい採用方法です。

 

しかし、2つの内どちらかを取り入れるにしても、採用担当者のコミュニケーション能力が重要となります。

 

多くの優秀な人材を紹介してもらうためには、採用担当者が、日頃から社内でいかに現場とコミュニケーションを取っているのかが重要なポイントとなっているのです。

 

リファラル採用や縁故採用を実現するためにも、全社員が採用への意欲を持ってもらえるような仕組みづくりから始める必要があるでしょう。

 

宿泊業界で採用活動にお悩みの方は、リファラル採用や縁故採用だけでなく、自社サービス「おもてなしHR」の併用もおすすめです。

 

社内でも採用活動に協力してもらえるよう働きかけるだけでなく、一方で自社のエージェントをご活用いただき、優秀な人材の確保にあたるという採用戦略を行うのも一つの方法です。

 

自社では採用ニーズに合った人材を多くご紹介しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

ページ上部へ戻る

関連記事