採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

新卒と中途で面接の違いを明確にするために面接官が意識したいこととは?

新卒採用と中途採用、どちらの採用方法を選択したら良いか迷ったことはありませんか?それぞれの特徴を理解することで、より効率的に採用活動を進めることができます。単なる人手不足の解消ではなく、欲しい人材像に合わせた最適な採用方法を選択することは、企業の成長にも良い変化をもたらすはずです。

新卒と中途では面接に違いをつけよう

iStock/TAGSTOCK1

 

採用活動にあたり、多くの企業は新卒採用と中途採用の両方を取り入れています。ターゲットが大きく異なるので、面接などの採用時の対応に違いをつけることが必要です。

 

社会人経験のない新卒者に対して、ビジネスマナーを問う必要はありませんし、中途求職者に対して学生時代の思い出を聞く必要もないでしょう。

 

面接は、履歴書や職務経歴書では読み取ることのできない人柄を知る大切な時間でもあります。

求めている人材像を明確にし、違いを付けて面接を進めていきましょう。

 

新卒と中途では企業にもたらす効果が違う

 

新卒採用と中途採用では、それぞれが企業にもたらす効果は異なります。

 

新卒の場合は学生を採用するので、当然ながら社会人スキルはありません。その分、何事も素直に吸収してくれる可能性があります。

同様の観点で言えば、中途採用の場合は社会人スキルやビジネスマナーがありますが、社会人としての経験値があることで、意識が凝り固まっている可能性も考えられます。

 

それぞれにメリット・デメリットがあることを理解しておく必要があります。

 

採用活動は、企業に利益をもたらす人材を探すために行われます。人手不足だからといって、誰でも良いわけはありませんし、人手不足だからこそより良い人材、より多くの利益をもたらす人材を確保する必要があるでしょう。

人手不足の補填としてだけでなく、企業に不足している課題にも着目した採用活動を進めると、より有意義になるのではないでしょうか。

新卒と中途で違う面接で見るべきポイント

iStock/tadamichi1

 

もたらす効果が違うので、面接時の質問内容や見極めが必要なポイントも異なります。

 

新卒の場合に面接で見るべきポイント

 

新卒採用の面接の場合、重視するべきなのは人柄でしょう。新卒の場合は、社会人としての成長を期待しての採用が行われるものです。

求職者の熱意、学生時代の学び、将来の目標などから、複合的に判断することが求められます。

 

社会人経験はなくとも、アルバイト経験やサークル活動などでの集団行動は経験しているはずです。そういった経験を通してどのような成長があったかを聞き出してみると良いでしょう。将来性が見えてくるかもしれません。

 

中途の場合に面接で見るべきポイント

 

社会人経験のある中途求職者の場合、スキルやノウハウによる貢献が期待できます。スキルは保有資格だけでなく、対応能力や言葉遣いといった社会人を経験したからこそ身についているものも含まれます。

 

同業の経験者の場合は他社のノウハウや人脈を取り込むといった、より戦略的な採用を進めることもできそうです。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

新卒と中途の採用時の違い

iStock/metamorworks1

 

新卒採用と中途採用の場合は、採用時から採用後まで様々な違いが存在します。

 

採用対象範囲の違い

 

新卒採用は、その年に新しく学校を卒業する社会人未経験者の学生が対象です。年齢制限はなく、企業によっては、卒業後3年までの「第二新卒」と呼ばれるような人も新卒とする場合があります。

 

中途採用の場合は、卒業してから3年以上が経過した、社会人経験者が対象です。

 

採用基準の違い

 

新卒採用は若さもあるため、将来を見据えたポテンシャルが重視されます。

中途採用はスキル重視で、役職者での採用の場合はその重要度は高くなります。

 

採用時期の違い

 

新卒採用の場合は、学校卒業の翌月である4月から一斉に入社する、一括採用が主流になります。

中途採用は、人材が必要になったタイミングに合わせるため不定期採用が一般的です。

 

給与や待遇の違い

 

新卒採用の場合は、高卒・大卒・大学院卒など採用条件により多少の差はあるものの、月給や年収に大きな差はなく、一律であることがほとんどです。入社後に実力をつけることで、段階的に上がっていきます。

 

中途採用は、スキル次第で変動する傾向があります。入社時のスキルや前職との比較によって決定されます。

 

教育面の違い

 

新卒採用も中途採用も、入社後には研修期間や教育期間が設けられます。

 

新卒採用の場合は基礎的なマナー研修から始まり道のりは長いものです。

中途採用の場合は、基礎は備わっているとみなされます。そのため、教育に書ける時間や費用は大きく異なります。

 

新卒と中途はニーズに欲しい人材に合わせて採用しよう

iStock/ferrantraitejpg

 

新卒採用と中途採用、それぞれ企業にもたらす効果は異なるため、ニーズに合わせた採用活動を進めるのが良いでしょう。

 

企業の将来を見据え、未来の管理職候補を育成する目的であれば新卒採用を進めたほうが効果的ですし、組織改革や企業の一新を検討したい場合には中途採用を進め、求めるレベルの即戦力となる人材を確保する、中途採用の方が向いています。

 

共に働く姿が想像できるかも採用面接の大切ポイント

iStock/iryouchin

 

それぞれの違いについてご紹介しましたが、面接の大きな目的である人柄を知ると言う点では、新卒採用も中途採用も同様です。

 

特にホテルマンはチームワークが重要な業種です。面接時のコミュニケーションや立ち居振る舞いを通して、共に働く仲間として迎え入れたいかどうかも重要な判断材料です。

 

高いポテンシャルやスキルは採用時の判断材料として魅力的ですが、そういったものばかりに捉われてしまうとミスマッチが発生する可能性もあります。

 

企業の一員の候補者として、全体との調和も考慮しなければなりません。面接官は、共に働ける姿が想像できるか、一緒に働きたいと思えるか、一人の従業員としての目線を持って採用活動に挑むことも採用時の大切なポイントです。

 

おもてなしHRは、宿泊業に特化した採用支援サービスです。業界に詳しい専任の担当者が、希望や条件にマッチした求職者を紹介することができるため、より確実な採用活動を実現することが可能です。採用したい人材に合わせた面接方法についても細かくサポートさせていただきます。是非お気軽にご相談ください

ページ上部へ戻る

関連記事