採用をお考えの法人様へ 無料 転職サポートに申し込む

採用ホームページがあることで採用活動にどのようなメリットがある?

人手不足に悩む企業も多いなか、宿泊業界も例外ではありませんよね。優秀な人材の獲得するには競争率が激しく、採用活動も工夫しなければ人材を採用することもままならないのです。採用活動を有意義なものにするためには、企業が採用専門のホームページを持つことが必須になっています。採用専門のホームページがもたらすメリットなどをみていきましょう。

採用ホームページは人材獲得には必須!

memyjo – stock.adobe.com

 

昨今、ほとんどの企業が人手不足に悩まされており、優秀な人材を確保しようと採用競争が激しくなっています。

 

そのような状況下、採用活動では求職者をどのように集客していくのか、またどのようなアプローチで企業に魅力を感じてもらうかなどは必要な視点となっているでしょう。

 

最近では、まずはWEB媒体で求人を探す求職者が増加しています。しかし、いくらWEB媒体での求人検索が主流になりつつあろうとも、求職者は興味のある企業のホームページは必ずチェックしています。

 

企業のホームページ、いわゆる採用ページは企業研究をするうえで、求職者にとっては欠かせないものです。

 

採用ページがなかったり、そのページが中途半端なものになっていては求職者の応募意欲を削いでしまう可能性も。

 

他社への優秀な人材の流出をさせない、また求職者の意欲を向上させるためには採用ホームページが必要なのです。

 

採用ホームページや採用情報の必要性とは?

LStockStudio – stock.adobe.com

 

先述しましたが、インターネットを利用した求人探しが主流となっています。求人媒体で興味を持った企業があれば、インターネットで検索して企業の情報を調べることが当たり前となっているのです。

 

特に人手不足にお困りの企業や、毎年のように優秀な人材を採用したいと考えている企業には採用ホームページが必需品となります。実際に、企業間では優秀な人材の奪い合いが起きており、採用競争に勝ち残るには採用ホームぺージに力を入れることが重要です。

 

従来のように求人媒体に頼り切りの採用活動をしていては、ほとんど成果が現れず、優秀な人材が集まらないという事態が起きかねません。

 

しかし、採用ホームページを有意義に使えば、求人媒体よりも多くの企業情報を求職者に伝えることができるでしょう。結果、企業に対するイメージも好印象になり、第一希望の企業に選ばれやすくなるのです。内定辞退も減少することも期待できるかもしれません。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

企業が採用ホームページを持つメリット

Gajus – stock.adobe.com

 

採用ページを持つことは、企業にさまざまなメリットをもたらします。それぞれ確認していきましょう。

 

ミスマッチを事前に防ぐ

 

採用活動では、人材の採用に至らなければ意味をなしませんよね。よくあるケースですが、人手不足に悩むあまり採用を焦ってしまった結果、ミスマッチが起きてしまい人材が早期退職してしまうこともあります。

 

企業と求職者のミスマッチは採用活動にかかる労力や時間、コストなどが水の泡となり、問題が起こる原因となりやすいのです。

 

ですが、採用ホームページを作成すると、入社後のミスマッチが起きないように、採用前にホームページに十分な企業情報を掲載することができます。

 

職種ごとの仕事内容や、企業の経営理念、社風、従業員がどのような価値観で働いているのかなど、実際に入社してみないと分からないような情報まで詳細に求職者に伝えることができるのです。

 

掲載したい情報量の制限がない

 

未だに求人媒体を主体として採用活動を行っている採用担当の方もいらっしゃいますよね。しかし、いつまでも求人媒体に頼り切りだと、採用活動で企業の魅力を存分に発揮することができないかもしれません。

 

求人媒体というと、求人を掲載できる枠の大きさが決まっています。その分、必ずと言っていいほど内容やデザイン、表現の制限があるのです。しかし、採用ホームページの場合はそのような制限は全くなく、自社に合った求人を打ち出せることも魅力です。

 

自社独自の採用ホームページは制限なく自由にメッセージ発信できますし、理想のデザインをすることで自社の雰囲気を表現することができます。

 

場合によっては、従業員や社長へのインタビューやメッセージなども掲載できるので、求職者には社内のリアルな情報をキャッチしてもらうことができるでしょう。

 

求人媒体に頼らずに採用活動ができる

 

求人媒体に主軸を置いて採用活動をしていると、どうしても採用コストが高くついてしまうこともあるのではないでしょうか。

 

今後、自社の採用ホームページを主軸に活動していけばコストダウンも可能になるかもしれません。しかし、採用ホームページを求職者に見つけてもらうためには、当然ながら求職者のアクセス数を伸ばす必要があります。

 

近年ではインターネットでの求人検索がスタンダードになっているので、SNSの広告を利用し求職者のアクセス数を増やす方法をとっている企業もあるようです。

 

採用ホームページを作成するうえでのポイント

NOBU – stock.adobe.com

 

実際に、採用ホームページを作成するにはどのようなポイントに気を付けるべきなのでしょうか。また、すでに採用ホームページがあるという方は改めて基本を見直し、今後の採用活動にぜひ活かしてみてくださいね。

 

事業内容を詳しく伝える

 

採用ホームページを作成するにあたって、最も重視すべきなのは事業内容を詳しく伝えるという点です。

 

採用ホームページには、原則「何をしている会社なのか」という内容を明記する必要があります。そもそも事業内容を求職者に知ってもらわないと、サイト自体の目的としては無意味なものになってしまいますよね。

 

詳しい事業内容を伝えられなければ、求職者も企業に対して興味を持つこともないでしょう。しかし、事業内容に加えて、企業がどのような想いで仕事に取り組んでいるのかも掲載すると求職者の応募意欲を高めやすいかもしれません。

 

わかりやすい求人情報を明記する

 

採用ホームページに掲載する求人情報は、できる限り分かりやすくしましょう。

 

求職者が特に重要視しているのは仕事内容や待遇面です。入社後のミスマッチを防ぐには、求人情報をいかに詳細に伝えられるかがポイントなのです。

 

職場環境をイメージさせる

 

実は、退職理由でとりわけ多い理由が人間関係です。仕事内容や待遇面のほか、求職者が気になっているポイントと言えば、一緒に働く人がどのような人物なのかということです。

 

採用ホームページには、社員の平均年齢や男女比、どのような価値観を持った従業員が多いのかなども掲載しても良いでしょう。加えて、オフィスの環境・雰囲気やミーティングスペースなどの紹介も求職者を安心させる材料となります。

 

採用ホームページは求職者にとって嬉しい効果も

deagreez – stock.adobe.com

 

これから就職・転職を迎える求職者は、今後の将来に希望や不安を抱きながら求人を探しています。

 

就職・転職活動が進めば、次第に希望よりも不安に感じることもほうが多くなっていくこともあるのです。そのような求職者の状況を踏まえた採用ホームページは、求職者の心を掴みやすくなっています。

 

どのような仕事内容か。どのような人と働くのか。どのような職場環境なのか。採用ホームページにそれらを明記することで、求職者を安心させてあげる役割もあるのです。

 

求職者が採用ホームページをみて安心や希望を持つことができた企業には、求職者の企業に対する信頼度が上がり、他社に差をつけることにもつながりますよ。

 

求職者の志望度を高めるには採用ページが役に立つ!

naka – stock.adobe.com

 

採用ホームページでは企業の魅力を自由に表現することができます。採用ホームページを通じて採用活動に成功している企業は、豊富な写真や洗練された文章、コンテンツなどで企業が持つ雰囲気を見事に求職者にアピールすることができています。

 

効果のある採用ホームページを持てば自社の特徴を詳しく説明できますし、求職者に自社で働くことの魅力付けも行うことができます。そうすることで、自然と求職者にとって企業の優先順位が高まり、内定辞退も防ぐことができるのです。

 

宿泊業界で採用活動にお困りの方がいらっしゃいましたら「おもてなしHR」もお力になることができるでしょう。ニーズに合った人材をご紹介できますので、まずはお気軽にご相談くださいね。

ページ上部へ戻る

関連記事