外国人の採用に助成金は申請できる?助成金を活用し優秀な外国人を確保しよう!

少子化が進む日本では、多くの業界で人材確保に頭を抱えています。そんな中、外国人の採用に踏み切る企業も増加しており、外国人の採用に対するハードルも低くなっています。企業が新たな人材を確保する際に、助成金が活用出来ることがご存じでしょうか。助成金の支給は、従業金の国籍に対する規定が存在しないことが多く、外国人の採用についても十分に活用することができそうです。

外国人を採用する企業が増えている

iStock/Rawpixel

 

外国人を採用する企業は年々増加しています。2019年10月の時点では、外国人労働者の数が約165万人にも上り、7年連続して増加し続けていると言われています。

 

外国人の採用が増加している背景

国内で外国人の採用が増加している背景には、深刻な人手不足があります。

 

日本では、少子高齢化が進んでいます。国内の働き手世代の人口が減少し、加速する人手不足の対策として、外国人の採用が進められています。

 

常に人手が不足している業界や、離職率の高い業界では、日本人の採用だけでは人材が追いつかないのが現状です。

 

そういった動きを見せているのは大企業に限らず、中小企業においても同様で、近年では、外国人留学生を対象に新卒採用に踏み切る企業も増えているようです。

 

外国人の採用に使える助成金

iStock/AH86

 

新たな人材を採用する場合に、企業側が使うことができる助成金があります。

 

助成金の目的は雇用の増加や維持、人材育成にあります。融資とは異なり、条件を満たせば交付されるもので返済の義務もありません。助成金を活用は、雇用の安定と目指す企業にとっては非常に魅力的です。

 

助成金の種類

助成金の申請には、基本的には国籍は関係しません。日本人を対象としている助成金が、外国人雇用に適用され、条件についても基本的には変わりはないようです。

 

  • ・中小企業緊急雇用助成金
    ・雇用調整助成金
    ・特定旧商社雇用開発助成金
    ・トライアル雇用奨励金
    ・キャリアアップ助成金

 

これらの助成金が、代表的なものになります。これらの財源は雇用保険であり、厚生労働省が管轄しています。基本的には、従業員の国籍によって支給に対する区別はありません。条件を満たせば受け取ることができるため、受給に対するハードルもそれほど高くはありません。

 

外国人採用の助成金申請のための基本条件

助成金を申請するためには一定の条があります。細かな条件はそれぞれの助成金によって違いますが、基本的な条件は下記のようなものです。

 

  • ・従業員を1名以上雇用
    ・雇用保険に加入している(または今後加入する)
    ・直近6か月いないに会社都合の解雇をしていない
    ・過去3年に助成金の不正受給をしていない
    ・風俗営業等関係の事業主ではない
    ・過去1年に労働関係の法令違反をしていない

 

労働関係の法令に違反があると、助成金は受け取ることができません。助成金を活用することは、企業が健全であることを証明することにも繋がります。

宿泊業に特化した人材紹介サービス|おもてなしHR

ホテルが外国人を採用することのメリット

iStock/Cecilie_Arcurs

 

外国人の採用を進めているのはホテル業界も同様です。

 

外資系ホテルの場合は特に、外国人のホテルマンが在籍していることも多いかもしれません。宿泊業界の場合は、国外からのお客様も多いため外国人の採用を進めやすい業界でしょう。

グローバル化による多言語対応が可能

近年、訪日外国人の数は増加の一途をたどっています。ホテルは外国人宿泊客も多いため、従業員の中に外国人がいたとしても、さほど違和感はないでしょう。

 

むしろ、多言語対応が可能になることで、利用しやすさを感じるお客様も多いのではないでしょうか。

 

外国人の採用を進めるホテルは外資系ホテルに限った話ではありません。訪日外国人の誘致を進めている地方のホテルや旅館も同様です。

 

多言語対応が可能なホテルとしてアピールすることで、更なる集客を期待することも可能になるでしょう。

優秀な人材の確保

少子化が進み、若くて優秀な人材の確保は国内だけでは解決出来ない課題となっています。

 

人材に対する視野を広げ、外国人の採用を行うことで優秀な人材の確保の機会を増やすことができます。

 

キャリア形成や、企業の発展の観点から考えても、そういった人材の確保はホテルにとって急務と言えます。

 

日本で働きたいと思っている外国人の多くは若い世代に多く、若くて優秀な人材の獲得が期待できるでしょう。

 

また、あえて日本で働くことを選択している外国人は、意欲的で高い向上心を持っていることが多く、採用後の働きにも期待が持てそうです。

助成金を活用して外国人採用のチャンスを増やそう

iStock/marchmeena29

 

助成金を利用することは、企業が安定的に雇用を継続するために存在します。安定的な雇用は、働き手にとっては何よりの安心材料です。

 

安心して長く働く環境が整えることは、企業と人材の発展の基盤づくりとも言えます。

 

グローバル化が進んでいることから、外国人の採用は今後も進み続けるでしょう。外国人と働くことがスタンダードになるかもしれません。

 

助成金を活用して、国籍に捉われない優秀な人材の確保を検討してみてはいかがでしょうか。

 

おもてなしHRは、宿泊業界に特化した人材紹介サイトです。優秀な人材の確保に繋がる情報もご用意しております。専任のコーディネーターが採用に向けたお手伝いをさせていだきますので、是非一度ご相談ください。

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

ページ上部へ戻る