水上温泉郷の1つ、自然あふれる谷川温泉の魅力と旅館での働き方を紹介。

群馬県利根郡の谷川岳の麓に栄えた温泉地・谷川温泉。山々に囲まれ水源に恵まれたこの町には、美しい景色はもちろん、レジャー施設や観光スポットが多くあります。ここでは、大人から子どもまで楽しめる谷川温泉の様々な魅力や歴史・観光・旅館での働き方などについてご紹介します。

谷川温泉とは

谷

iStock/Brisana

 

谷川温泉は、群馬県最北端で県内一の面積を持つ町域、みなかみ町にある温泉地です。温泉地の目の前には、「日本100名山」に選ばれた谷川岳が広がっています。ここでは大自然と触れ合える谷川温泉のアクセス、歴史などについて焦点をあてていきます。

 

谷川温泉のアクセス

 

谷川温泉は、群馬県利根郡の谷川岳南側にある自然豊かな温泉地です。

 

最寄り駅は、上越線の「JR水上駅」。駅からはバスで30分ほどで着きます。

 

また、谷川温泉や周辺観光地をめぐる観光バスが出ています。このバスは、土日祝日限定で運行していています。夏や冬などの観光シーズンには、平日運行をしていることもあるため、ホームページなどで確認してください。

 

宿泊施設によっては、駅から宿泊施設まで直行のシャトルバスを出している場所もあるため、予約時に確認するといいです。

 

谷川温泉周辺は、雪が多く降る地域です。レンタカーや自家用車でいく際は、チェーンや冬用のタイヤなどを着用した方が安全です。

 

谷川温泉の歴史

 

谷川温泉は、江戸時代に自噴(自然に地下から湧き出る現象のこと)したといわれています。「水上温泉郷」ともいわれており、群馬県利根郡みなかみ町地区にある温泉の総称です。

 

昭和に入る頃には温泉地として栄えており、多くの著名人たちに愛されてきた温泉地です。なかでも、日本を代表する小説作家「太宰治」が、昭和11年に湯治で訪れたと「創世紀」に記録されています。その時、太宰治は「パビナール中毒」という薬物依存症でした。当時は、鎮痛薬として病院でも使われていて、市販でも販売されていました。

 

現在、「パビナール」は市販で買うことはできません。太宰治は昭和10年に、盲腸炎になり合併症の腹膜炎にもかかり、病院で入院することになります。その時、鎮痛薬として使われたのが「パビナール」でした。退院後も薬が無くなると落ち着かず、自分で買い、致死量を越える量を飲むようになり薬物依存症になったといわれています。

 

湯治できた太宰治は、その後、自分の小説の中に「水上温泉郷」を登場させています。そのため、谷川温泉入口の道沿いには、文学碑が建てられています。

 

谷川温泉の泉質と温泉街・観光資源について

自然と温泉

iStock/gyro

 

ここでは、谷川温泉の泉質や周辺の観光地について紹介していきます。

 

谷川温泉の泉質・効能について

 

谷川温泉には、不動の湯・不尽の湯・峰岸の湯・薬師の湯という4つの源泉があります。

 

ほとんどの源泉の泉質は、無色透明なアルカリ性単純温泉です。肌触りがよく、癖がないのが特徴的で、湯上り後もすべすべとした肌触りになり「美人の湯」いわれています。効能は婦人病や皮膚病など20種類以上あり、湯量はとても豊富です。

 

源泉かけ流しで楽しめる温泉で、薬湯としても知られています。

 

参照:旅館たにかわ 

 

谷川温泉の周辺観光地について

 

谷川温泉にある谷川岳は、「日本100名山」に選ばれた山です。気候が厳しいことから、標高1,500m付近は森林限界(高木が育たず、森林が形成できない状態のこと)となっています。そのため、頂上からは視界が開け、絶景を望むことができます。

 

また、谷川岳には初心者から上級者まで楽しめる登山コースがあります。谷川岳は首都圏から近いため、毎年4万人を超える登山者が訪れます。谷川岳の麓からは、標高1,319mの山頂までロープウェイでいくことができます。そこから更にリフトに乗ると、天神峠展望台(標高1,502m)があります。そこでは気象条件が合うと、神秘的な雲海などを見ることができる人気のスポットです。

 

四季によって景色が変わる谷川岳。春には、雪の中から芽吹く高山植物や野草を見ることができ、山々が紅く染まる秋には、多くの観光客が紅葉を楽しみに訪れます。冬には、雪化粧をした姿が見ることができ、近くに大きなスキー場が7か所もあります。そのため、ウィンタースポーツを楽しみに、多くの人が訪れます。

 

谷川温泉にあるホテルや旅館での働き方と暮らし

旅館 料理

iStock/kazuhide-isoe

 

ここでは、谷川温泉のホテルや旅館での働き方や暮らしについて触れていきます。

 

谷川温泉で働く

 

谷川温泉には、旅館とペンションを合わせて10軒以上あります。

 

求人はアルバイトの募集が多く、配膳や調理スタッフ、中居、裏方などの業種があります。近くには多くのスキー場があるため、冬季限定で住み込みで働ける求人もあります。

 

正社員、アルバイトともにマイカー通勤ありの場所や、交通費支給の場所もあります。住み込みでの仕事は、宿泊費無料の場所が多く、集中して働くことができます。

 

谷川温泉の暮らし

 

谷川温泉の最寄り駅「水上駅」周辺には、住宅街があり、スーパーやコンビニなども充実しています。住宅街の中にも温泉施設が多くある地域です。近くには「関越自動車道」があり、東京まで2時間でいくことができます。

 

利根郡の平均家賃は、1K~2DKで3万円といわれています。

 

また、群馬県ではハローワークを通して、移住支援金を受けることができます。詳しい条件は、群馬県ホームページをご覧ください。

 

参照:群馬県ホームページ

 

山々に囲まれた自然豊かな温泉地・谷川温泉

もみじ

iStock/yaophotograph

 

谷川温泉は、群馬県利根郡にある温泉地です。「日本100名山」にも選ばれた谷川岳は、日本人だけでなく、外国人観光客にも人気のスポットとして多くの人が訪れます。何度来ても飽きることなく、四季に合わせて移り変わる景色は、言葉では伝えきれないほどの美しさです。そんな大自然に囲まれながら入る温泉では、日常を忘れゆったりとした時を過ごすことができるでしょう。

 

群馬県のホテル・旅館のお仕事探しはこちらから

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る