温泉ランキング1位に輝いた一の俣温泉 働き方と暮らし方

山口県下関市豊田町に位置する一の俣温泉には、近代的な宿からレトロで山小屋のような宿まで、それぞれの魅力を持つ4軒の温泉宿があります。そのうち1軒の宿は有名な温泉情報誌のランキング1位に選ばれた実力の持ち主。また、近隣には幻想的な水没林が見られる公園があり、SNSでも注目されているスポットです。

一の俣温泉温泉とは

下関市の夜景

iStock.com/SeanPavonePhoto

 

一の俣温泉は、山口県下関市豊田町一ノ俣にあり、地名は「一ノ俣」ですが温泉地のことは「一の俣」と表記します。

 

大正2年から、独特のぬめりのある泉質で人々を癒し、温泉情報誌や温泉評論家からも高い評価を得てきました。今回は、一の俣温泉での働き方と暮らし方を紹介します。

一の俣温泉の概要とアクセス

森林と田園に囲まれた一の俣温泉は、夏には蛍も飛び交う自然豊かな温泉地です。

 

公共交通機関でのアクセスはJR小月駅からバスで約40分で到着します。車の場合は中国自動車道の小月ICで降りて県道65号経由で約40分、県道260号・国道491号経由では約50分です。ルートによっては険しい道もあるようなので、慎重に運転して向かいましょう。

一の俣温泉の歴史と現状

明治10年に温泉開発が着手された一の俣温泉ですが、本格的に開発が進んだのは第二次世界大戦の後だそうです。昭和38年に源泉組合ができ、昭和41年に民間企業による温泉の経営がスタートしました。その後多くの旅館や公衆浴場ができましたが、次第に減少し現在は4軒の宿が営業中です。いずれの宿も日帰り入浴可能です。

 

現在は近くにある「一ノ俣桜公園」がSNS映えするスポットとして人気を集めていることや、温泉情報誌で「お風呂がよかった宿ランキング」の1位に輝いた宿があることで客足が伸びています。

一の俣温泉の泉質と温泉街・観光資源について

水没林

iStock.com/Binnerstam

 

ここでは、一の俣温泉の泉質や周辺の観光地について紹介していきます。

一の俣湯温泉の泉質と効能について

一の俣温泉の泉質は、アルカリ単純硫黄温泉です。独特のぬめりが強く、肌に絡みつくような感触で、一度入ると虜になる人も多いのだそうです。

 

また、高アルカリで石鹸と同じく肌の角質を分解する働きがあるため、湯上りはつるつるの肌になれると評判です。アトピーや尋常性感染、慢性湿疹など、皮膚病の改善にも効果があるといわれています。

 

旅行サイトの口コミの中には「全国いろんな温泉に行ったが、一の俣温泉が一番好き」という意見もありました。百戦錬磨の温泉通をも満足させる素晴らしい泉質であることが窺えます。

 

参照:泉質について/日本温泉協会 温泉名人

一の俣温泉の温泉地や周辺観光やについて

一の俣温泉付近で今人気のスポットと言えば「一ノ俣桜公園」にある水没林です。この公園にはダム湖があり、水中から木が生えているという幻想的な光景を望むことができます。水もとてもきれいに澄んでおり、風の無い日などには水面が鏡のようになり、さらに神秘的な雰囲気になるのだそうです。

 

SNSでも話題の場所ですが、晴天が続くと水が干上がってしまうので、水没林の眺めに出会えるかどうかはお天気次第です。前後の天気を確認して行ってみてはいかがでしょうか。一ノ俣桜公園には、温泉地から車で5分ほどでアクセスできます。ダム湖にはコイも泳いでいるそうですよ。

 

また、夏には温泉地から車で18分ほどのところにある木屋川でホタル観賞ができます。6月中旬から下旬にかけては蛍を鑑賞するための船も出るそうです。

一の俣温泉の宿泊施設での働き方と暮らし方

配膳係

iStock.com/MNStudio

 

ここでは、一の俣温泉の宿泊施設での働き方や暮らしについて触れていきます。

一の俣温泉の旅館やホテルで働く

一の俣温泉の宿では、客室係や配膳係パート・アルバイトや、正社員での調理師・調理補助などの求人が出ているようです。

 

宿のホームぺージから直接応募できるところもあるようで、正社員の調理師は20万円ほどから、調理補助は13万円ほどからの給与でのスタートになっています。

 

アルバイトでは時給830円から1100円の間が平均的です。場合によっては手取りは少ないかもしれませんが、無料で入れる食事つきの寮のある宿もあります。

 

未経験でも応募可能な求人もありましたので、静かなところで暮らしたい人や温泉宿での仕事に興味のある方は検討してみてはいかがでしょうか。

一の俣温泉での暮らし

一の俣温泉周辺は、徒歩圏内のスーパーなコンビニなどはなく、森林と田園に囲まれています。下関市役所の支所や、郵便局、病院などの公共施設は充実していますが日常のお買い物には車が必須でしょう。

 

移住してきてから必要に迫られて免許を取得したという人も居ます。その点はクリアにする必要はありますが、下関市は気候が温暖で、温泉地周辺では蛍が飛び交うほど自然が残った魅力的な地域です。

 

一の俣温泉や、下関市への移住を検討している方には宿泊料無料で体験できる「下関市おためし暮らし」という制度があります。市街地・田舎町のどちらでも好きな方に、最大4泊まで泊まることができます。商工会議場での経営相談や、農業体験ができるツアーも用意されており下関市での具体的な生活がイメージできそうな制度ですね。

 

参照:下関市おためし暮らしについて/住まいる 下関

心穏やかに過ごせる一の俣温泉

田んぼの水門

iStock.com/thanasus

 

一の俣温泉の周辺には温泉施設以外の建物は少なく、広々とした青空が拝めます。

 

また、周囲に広がる田んぼも初夏には水をたたえた一面の緑、秋には黄金色の絨毯となって心を和ませてくれるでしょう。自然に囲まれた静かな温泉地で働いてみたいという方は、一の俣温泉の求人情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

山口県のホテル・旅館のお仕事探しはこちらから

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る