虎杖浜沿いの温泉地。虎杖浜温泉の魅力とホテル・旅館での働き方を紹介。

虎杖浜温泉は北海道の白老町にある温泉地。30もの宿泊津施設が虎杖浜の国道沿いに集まっています。虎杖浜の地名の由来は、アイヌの人々が「クッタルシ」(いたどりの群生する所)と呼んでいたことから。多くのアイヌの人々がこの地を強く認識していたといえるでしょう。 虎杖浜温泉のある白老町は、年間170万人以上の人々が訪れる街。北海道でも有数の温泉地である登別温泉を擁する登別市、ウトナイ湖で有名な苫小牧と隣接しています。こうした背景をふまえたうえで、虎杖浜温泉の歴史や概要、観光の魅力とホテル・旅館での働き方について触れていきます。

虎杖浜温泉とは

湖

tkyszk- stock.adobe.com

 

虎杖浜温泉は、白老町の虎杖浜沿いに展開している温泉街の総称。30以上の施設数を有し、建物は比較的新しい施設が多い状況です。加えて、白老町は、仙台藩がその地に仙台陣屋をつくり、塩釜神社を建てたことによって開拓された街でもあります。

 

では、虎杖浜温泉の概要やアクセス、歴史などについて詳しくみていきましょう。

 

虎杖浜温泉の概要とアクセス

虎杖浜温泉は、北海道白老町にある温泉郷。施設数が数十か所あることに加え、湯量の多さや新鮮な海の幸がアピールポイントといえます。また、施設数は多いものの大規模な温泉施設は少ないため、自分の好みに合わせた施設を選択しましょう。

 

虎杖浜温泉へのアクセスは、近くのICからであれば10分程度。

 

虎杖浜温泉の歴史と現状

虎杖浜温泉の開湯は、1962年。1950代から続けた開発によって、地下650メートルを掘り起こした際に湧出。湯量が非常に豊富で、道内で有名な登別温泉を超えるほど。施設によって味わえる泉質も異なります。

 

現状でも30ほどの施設が運営されており、今後に期待できる温泉地だといえるでしょう。また、施設のバリエーションが豊富であるため、飽きることなく施設を楽しめます。

 

虎杖浜温泉の泉質と温泉街・観光資源について

白老牛

tkyszk- stock.adobe.com

 

ここでは、虎杖浜温泉の泉質や周辺の観光地について詳細にみていきます。

 

虎杖浜温泉の湯量と泉質について

湯量は1つの施設に対して1分で130リットルものお湯を供給していることから豊富だといえます。源泉の温度は50℃前後。主な泉質は肌に保湿効果を与える弱アルカリ性食塩泉、硫黄泉などで、うつ、疲労回復、アトピー性皮膚炎などに効果を発揮します。

 

参照:アロヨ温泉公式サイト

 

虎杖浜温泉の温泉街や周辺観光地について

虎杖浜温泉温泉は、温泉街を形成しているわけではなく、小規模の施設が国道沿いに点在しています。また、観光地として売り出してはいないものの、特産品である白老牛やたらこなどの特産品に人気が集まっている状況です。

 

白老町の観光地には、仙台藩の陣屋跡、ゴルフクラブ、仙台藩資料館などの観光地があるため、ノスタルジックな気分に浸りながら各地をめぐっても良いでしょう。加えて、登別とも近いことから、登別温泉・地獄谷・クマ牧場などを楽しむことができます。登別市は観光地としても有名であるため、ファミリーや恋人などどのような人と出掛けても満喫できるでしょう。

 

虎杖浜温泉にあるホテルや旅館での働き方と暮らし

ホテルの一室

ID1974- stock.adobe.com

 

虎杖浜温泉のホテルや旅館での働き方や暮らしについて詳しく見ていきます。

 

虎杖浜温泉の旅館やホテルで働く

虎杖浜温泉の宿泊施設には、ホテル・旅館どちらもあります。そのため、求人の内容も幅広い募集がある状態です。例えば、ナイトフロント・フロント、マネージャー、レストランサービス責任者、ホールなど。

 

レストランサービスの責任者は、スタッフに対し指示を行うことがメインの仕事です。また、食事の提供、接客、会計などあらゆる場面で責任を持って判断し、運営していくことが求められます。

 

支配人はレストランサービスだけでなく、運営に関わる仕事が業務内容に含まれます。お客様に接客を行うこともあるものの、サービスの提供や管理などの責任を負う必要があるといえるでしょう。いきなり責任者となることは難しいものの、旅館やホテルで働く場合のキャリアアップのステージとして見据えることが重要となっていきます。

 

虎杖浜温泉の暮らし

虎杖浜温泉があるのは、北海道の白老町。白老町の人口は約17000人、北海道の県庁所在地からは約1時間の距離にあります。アイヌ関係の博物館があることから、アイヌの人々が街の歴史の根幹を作っているといえるでしょう。また、町の基幹産業として、1~3次産業、再生可能エネルギーに関する施設もあります。

 

白老町の暮らしやすさに焦点を当ててみると、店舗のある場所が集中的ではないため、移動には車をメインで使用することをおすすめだといえます。総合病院などは隣の市などの方が充実していることも。農業・漁業関係に対して町が力を入れていることから、肉や野菜、魚を手に入れるのは苦労しないでしょう。

 

そして、白老町は街づくりのテーマとして「第5次白老町総合計画」を策定しています。

 

移住の施策について見てみると、1ヵ月ほどの移住が可能なお試し移住制度、リフォーム費用の補助などがあります。お試しの期間が非常に長いため、現地の暮らしになれることも難しくないでしょう。子育ての支援について見てみると、未就学の子供に対しては入通院医療費の無料化、保育料の無償化などの施策があります。

 

新しい歴史を刻み続ける虎杖浜温泉

家族

Monet- stock.adobe.com

 

虎杖浜温泉は、北海道の白老町にある温泉地。開湯からの歴史は比較的新しいものの、30ほどの宿泊施設や白老町の特産品など見所がたくさんあります。加えて、観光地とも近いため、暮らしやすい町の1つだといえます。

 

白老町は、非常に多くの宿泊施設を擁する温泉地です。そのため、多くの宿泊施設で求人を募集しています。未経験からスタートできる環境が整えられていることから、自分のライフスタイルを虎杖浜温泉で探してみてもいいでしょう。

 

北海道の旅館・ホテルのお仕事探しはこちらから

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る