四季折々の表情を見せる養老渓谷温泉郷 働き方と暮らし方

房総半島の中央に位置する養老渓谷温泉郷は、地元で収穫れた食材を使った料理と、自然の造形美が自慢の温泉地です。3つのハイキングコースや、「養老八景」と呼ばれる景勝地など、見て・歩いて楽しめるスポットも満載で心も身体も元気になれる場所です。今回は、養老渓谷温泉での働き方と暮らし方にスポットをあてたいと思います。

養老渓谷温泉とは

井戸

あんみつ姫- stock.adobe.com

 

この温泉地には12軒の温泉宿があり、この独特な「黒湯」が湧き出ることで有名です。

 

深秋に渓谷全体を朱に染める紅葉や、冬に見られる大きなつららなど美しい自然が特長で、観光客のみならずプロのカメラマンも多数訪れています。

 

養老渓谷温泉郷の概要とアクセス

養老渓谷温泉郷は、首都圏に近いにも関わらず豊かな自然を保ち春夏秋冬の移り変わりを楽しめる温泉地です。

 

アクセスも便利で車の場合は館山自動車道の市原ICから50分、圏央道では木更津東ICから25分、市原舞鶴ICからは18分で到着します。

 

公共交通機関は小湊鉄道が通っており、養老渓谷駅で下車してからタクシーで4分、徒歩で25分ほどです。

 

小湊鉄道は本数が少ないので時刻表を確認して向かいましょう。

 

養老渓谷温泉卿の歴史と現状

養老渓谷温泉は、1912年に個人宅の敷地から天然ガスが湧き出したことを発端とします。

後の1914年に井戸から鉱泉が湧き出しました。

 

鉱泉は25℃未満の冷鉱泉だったため、先に湧き出た天然ガスで加熱して温泉として利用したことが始まりだったと言われています。

 

その後、養老渓谷や栗又の滝の観光拠点として宿屋が立ち並び、現在のようなりっぱな温泉地となっていきました。

 

また、独特な作風で知られるある漫画家の随筆にもこの温泉地が登場し、いわゆる「聖地巡礼」に訪れるファンも後を絶たないそうです。

養老渓谷の泉質と温泉街・観光資源について

つらら

goro20- stock.adobe.com

 

ここでは、養老渓谷温泉の泉質や周辺の観光地について紹介していきます。

 

養老渓谷温泉の泉質と効能について

養老渓谷温泉は「黒湯」と呼ばれる、独特の焦げ茶色の温泉で泉質は炭酸水素塩泉です。

 

神経痛、筋肉痛、きりきず、やけどなどに効能があると言われています。

 

2004年には千葉県内の温泉で初めて飲んでも良い温泉として許可が下りました。黒湯を飲むと糖尿病や通風、肝臓病などに効くとされています。

 

参照:効能について/養老渓谷温泉旅館組合 公式ホームページ

 

養老渓谷温泉郷の温泉地や周辺観光やについて

養老渓谷温泉郷は、その名の通り渓谷の中にある温泉地で、見どころはやはり渓谷ならではの造形美です。

 

断層がくっきりと見られる「懸崖境(けんがいきょう)」や、養老渓谷の中でも特に素晴らしいもみじの名所である「筒森もみじ谷」、冬にはシャンデリアのようなつららが見られる「梅ヶ瀬渓谷」など、ネイチャーウォッチングが楽しめるスポットが満載です。

 

名所を巡るハイキングコースもあるので、温泉に入る前に歩いてみてはいかがでしょうか。

養老渓谷温泉郷の宿泊施設での働き方と暮らし方

従業員

taka- stock.adobe.com

 

ここでは、養老渓谷温泉郷の宿泊施設での働き方や暮らしについて案内します。

 

養老渓谷温泉郷の旅館やホテルで働く

養老渓谷温泉郷では、短期間のリゾート・バイトや長期間のアルバイト、正社員の募集もしているようです。

 

アルバイトは時給1000円ほど、正社員は月給18万円ほどからのスタートが平均的です。無料で入れる寮や、3食まかない付きの宿もあるため貯金がしやすいでしょう。

 

友人同士やカップルでの応募では、寮を同室にしてもらうなどの相談もできる場合があるので仕事の日も休日も楽しく過ごせそうですね。

 

ただし、携帯電話の電波は入りにくいので注意が必要です。

 

養老渓谷温泉郷は、距離としては首都圏に近いのですが、野生の動物も姿を見せるほどの渓谷のため、電波が届かないことがあるのですね。

 

宿泊施設や寮にWi-Fiが備わっていることが多いですが、モバイルデータ通信は困難なので、Wi-Fi通信で利用できる通話アプリなどの導入を検討しましょう。

養老渓谷温泉郷での暮らし

養老渓谷温泉郷の付近にはコンビニは無く、小規模なスーパーマーケットが1軒あります。

 

食料品や日用品は揃いますが、求人情報の中にも「周囲はとても不便です」と明記されているほどの場所なので、しっかりと準備を整える必要があるでしょう。

 

病院や薬局も、すぐに行ける場所には無いので体調管理も大切ですね。

 

しかしながら、自然に囲まれた土地ならではの良さというものがあります。房総半島は春先に咲く菜の花や星空が美しく、野生の動物もたくさんいます。

 

普段の生活は不便かもしれませんが、心が洗われる毎日を過ごせることでしょう。

 

養老渓谷温泉郷のある千葉県大多喜町では、移住者支援のための空き家バンクや、住宅取得奨励金などの制度があります。

 

大多喜町公式ホームぺージで、移住者の体験談や支援制度をまとめたガイドブックが公開されていますので移住を検討している方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

参照:移住について/千葉県大多喜町で暮らしてみませんか~移住に関するご案内~

 

四季の表情がよく見える 養老渓谷温泉郷

菜の花

chanman48- stock.adobe.com

 

養老渓谷温泉郷は、訪れる四季の表情が良く見える渓谷に囲まれています。

 

24時間365日快適な都会に居ては見落としてしまう、さまざまな変化に気が付ける場所ではないでしょうか。

 

自然が豊かであるがゆえの不便はありますが、そこさえクリアになれば、気候が温暖で寮や食事が整った働きやすい環境です。

 

渓谷の自然を間近で観察しながら、養老渓谷温泉郷での仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

千葉県のホテル・旅館のお仕事探しはこちらから

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る