九十九里浜で唯一の温泉地。白子温泉の魅力とホテル・旅館での働き方を紹介。

白子温泉は千葉県の白子町にある温泉地。九十九里浜の海岸沿いにいくつもの施設が展開され温泉街が展開されています。加えて、九十九里浜は日本では2番目の大きさを持つ海岸です。 白子温泉のある白子町は、年間80万人以上の人々が訪れる街。千葉県の県庁所在地からは約30kmほどの距離にあります。そういった背景もふまえたうえで、白子温泉の歴史や概要、観光の魅力とホテル・旅館での働き方についてふれていきましょう。

白子温泉とは

九十九里

moarave- stock.adobe.com

 

白子温泉は、白子町にある温泉街の総称。地上から2000メートル地点を掘り起こした際に湧出しました。ヨウ素を非常に多く含んでおり、その量は年間で1000トンにもなります。また、白子町の名前の由来は平安時代から存在する神社から。その神社では、国造りの神である大国主神(オオクニヌシノカミ)を主神として、天照大神(アマテラスオオカミ)と月読尊(ツクヨミノミコト)を配祀しています。

 

白子温泉の概要やアクセス、歴史などについて詳しく見ていきましょう。

 

白子温泉の概要とアクセス

白子温泉は、千葉県白子町にある温泉郷。温泉施設の種類は、バラつきがあるものの、全て海外沿いに存在しています。九十九里浜にも多くの観光客が集まることから、シーズンには非常にたくさんの人々が白子温泉を利用している状況です。また、白子温泉のある場所は白砂青松を謳われた名所としても有名。

 

白子温泉へのアクセスは、近くの駅からであれば20分程度。

 

白子温泉の歴史と現状

白子温泉の開湯は、1989年。地上から2000メートルの地点をボーリングしたことによって湧出しました。そのため、温泉としての歴史は長くないものの、現在も10軒以上の温泉施設が営業しています。

 

非常にヨウ素が多量に含まれていることを、温泉のアピールとしており、黄色がかった温泉の水は美肌・保湿に優れます。加えて、民宿・ホテル・リゾートホテルなど多くの宿泊施設があるため、外観や内観を比べてみても面白いでしょう。

 

白子温泉の泉質と温泉街・観光資源について

ガーベラ

Artem- stock.adobe.com

 

ここでは、白子温泉の泉質や周辺の観光地について詳細にみていきます。

 

白子温泉の湯量と泉質について

温泉施設に利用している源泉数は1。湯量は源泉を多数の施設に分けているため、豊富だと推察できます。源泉の温度は30℃前後で提供している施設がほとんど。主な泉質はPH9以上のナトリウム-塩化強塩泉で、ヨウ素の多さから美肌効果をもたらし、筋肉痛や皮膚病にも効果的です。

 

参照:白子温泉ホテル共同組合

 

白子温泉の温泉街や周辺観光地について

白子温泉の温泉街には、ホテルや旅館、民宿など非常に多彩な種類の施設が点在しています。建物は比較的新しいものが多いものの、砂風呂に関しては房総の魅力500選にも選ばれるほど多くの人に利用されているといえるでしよう。

 

周辺の観光地を見ると、ガーベラが咲き誇る団地、町名の由来となった神社などに訪れることができます。テニスコートや気軽に陶芸を楽しむこともできる場所もあるため、家族で訪れても十分に楽しめる場所です。

 

白子温泉にあるホテルや旅館での働き方と暮らし

和室

Stossi- stock.adobe.com

 

白子温泉のホテルや旅館での働き方や暮らしについて詳しくみていきます。

 

白子温泉の旅館やホテルで働く

白子温泉では、ホテル・旅館どちらも多く存在しています。求人に対しては、フロントスタッフ、旅館受付・接客・調理補助、ホールスタッフなど非常に多岐にわたる業種で募集がある状況です。

 

旅館受付・接客・調理補助は、お客様に関わる機会が多く、旅館のサービスの根幹を形づくる業務です。例えば、挨拶からお部屋の案内、配膳なども業務の一部といえるでしょう。清掃に関しては、業務内に含まれないものの、指示を出す役目を担うことも。

 

ホテルと旅館どちらであってもお客様に対する姿勢は変わりません。そのうえで、自分のキャリアやスキルアップを目指せる環境を自分で探す必要があります。経験を活かすだけでなく、ゼロからでもサポートを受けながら、経験を積める環境があるといえます。そのため、安心して業務に取り組めるでしょう。

 

白子温泉の暮らし

白子温泉は千葉県の白子町にあります。白子町の人口は約11000人、太平洋に面する九十九里浜を擁し、日本で最もテニスコートの多い町として有名です。事業は、漁業や農業だけでく、ガスの供給なども行っています。

 

白子町の暮らしやすさを見てみると、民家が集中している場所に小中学校が集まっており、通学には苦労しないでしょう。また、自然が豊かであるものの、暮らしにくいとったことはなく、適度にショッピングを楽しむことも可能です。

 

街づくりのテーマとして白子町は「笑顔 元気 ずっと暮らしたい町 しらこ」を策定します。今後の人口減少を想定したうえで住みやすい町づくりを行っていく予定です。

 

移住の施策について見てみると、高校生までのバス通学に10000円の助成、10日以内のお試し移住、マイホーム取得支援金などの施策があります。子育てでは、ひとり親に対する助成制度、中学校3年生までの医療費の一部援助、予防接種の無料化などの施策を行っています。そのため、移住に関して大きく不安を感じることはないといえるでしよう。

 

新しい未来へ進む白子温泉

家族

metamorworks- stock.adobe.com

 

白子温泉は、千葉県の白子町にある温泉地。開湯から20年ほどの新しい温泉地です。

 

白子町は景観に優れた場所を多く擁し、住みやすい街づくりを行っていることから移住の難易度は低い自治体だといえます。そのうえで、求人も多いことから、自分の理想のキャリアプランを白子温泉で追及してみるのも1つの選択肢となりえるでしょう。

 

 

千葉県の旅館・ホテルのお仕事探しはこちらから

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る