採用ご担当者様へ 無料 転職サポートに申し込む
温泉地紹介

養老子伝説ゆかりの温泉郷。養老温泉の魅力とホテル・旅館での働き方を紹介。

養老温泉は岐阜県の養老町にある温泉街。養老町の名前の由来は、養老孝子伝説に登場する滝を擁していることから、そのあたり一帯を養老と名付けました。また、養老町は年間の観光客が90万人を越える町でもあります。今回は、養老温泉の歴史や概要、観光の魅力・旅館での働き方についてご紹介します。

養老温泉とは

養老の滝

iStock/MasaoTaira

 

養老温泉温泉は養老孝子伝説にゆかりのある温泉郷。養老孝子伝説の舞台になった滝は日本の名瀑100選にも選ばれています。

 

開湯の歴史は不明であるものの、250年ほどの歴史を持つ旅館もあるため、古くから温泉地として認識されてきたといえるでしょう。ここでは、養老温泉の概要やアクセス、歴史などについて焦点をあてていきます。

 

養老温泉の概要とアクセス

養老温泉は、養老孝子伝説にゆかりのある滝に周辺に施設が点在する温泉地。古今著聞集にも記載されている養老孝子伝説は、貧しかった若者が父親に泉から湧き出る酒を発見し、伝えたというもの。そして、当時の帝だった元正天皇が「親孝行の思いが神々に通じたのだろう」と若者を褒め、美濃国守に任命したというものです。現在もその滝を中心に温泉施設が展開されています。

 

養老温泉へのアクセスは、近くの駅からは最短で10分とアクセスのいい場所にあります。

 

養老温泉の歴史と現状

養老温泉の歴史に焦点を当ててみると、具体的な開湯の時期は定かではありません。しかし、養老孝子伝説は奈良時代のお話だということを加味すると、温泉そのものもすでに発見されていた可能性があります。滝温泉施設が作られたのは1760年代から。数百年続いている施設と平成に入ってから作られた施設もあるため、建物にロマンを感じさせる温泉地だといえるでしょう。

 

また、周りには、他には見られない独創的な庭園、テーマパークなどもあるため、飽きることなく散策できます。

 

養老温泉の泉質と温泉街・観光資源について

岐阜城

iStock/tomato2

 

ここでは、養老温泉の泉質や周辺の観光地について紹介していきます。

 

養老温泉の湯量と泉質について

湯量は毎分400リットルほど噴出している施設もあるため、多いといえます。温泉の温度は施設によって異なるものの40℃前後のものが多い状況です。泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉、慢性皮膚病や切り傷、更年期障害などに効果があります。

 

参照:遊季の里公式サイト

養老温泉の温泉街や周辺観光地について

養老温泉は、養老町に点在しており、滝の近くに複数の宿泊施設があります。また、養老山の山頂から日本アルプスを眺めることが可能です。

 

養老温泉の存在する養老町には、テーマパークや伝説にちなんだ1000年以上の歴史を持つ神社、日本名水100選に選ばれている泉などがあることから観光も十分に楽しめます。加えて、隣の岐阜市まで距離が近いことから、養老温泉を拠点に岐阜市の天守閣や稲荷神社などに足を伸ばしてもいいでしょう。

 

養老温泉にあるホテルや旅館での働き方と暮らし

旅館の部屋

iStock/Navamin-keawmorakot

 

ここでは、養老温泉のホテルや旅館での働き方や暮らしについて触れていきます。

 

養老温泉の旅館やホテルで働く

養老温泉の施設には、ホテル・旅館どちらも存在しています。求人には、旅館業務全般(中居)、事務、レストランのホール、調理係などの業種が多くなっている状態です

 

旅館業務全般では、接客・出迎え、料理の提供を行います。場合によっては客室の清掃などもありえるものの、シフト制であるため、誰か1人が長時間労働となることを避けています。また、教育体制に関しては、先輩が基本的にサポートするため、1人立ちやキャリアアップを目指すことが可能です。

 

経験として接客や販売を行っていた場合、評価されやすいものの、全く経験がなくても問題はありません。ゼロからキャリアを積める環境があるといえるでしょう。

 

養老温泉の暮らし

養老温泉は岐阜県の養老町にあります。下呂市の人口は約30000人、大垣市と隣接しているものの、合併はしていません。伝説に由来する滝や神社、テーマパークを擁しており、岐阜市や大垣市の観光スポットに容易に遊びに行くことができます。

 

養老町の暮らしやすさについて見てみると、店舗や歯科医院などが一定数あるものの、バスや電車では移動しづらい環境だといえます。駅の周りであってもショッピングモールなどは少ないことから、車で町外に出かける方が楽なケースも。

 

養老町は政府に認可された「養老町次世代育成支援・女性活躍推進拠点創出計画」を基本理念とした街づくりを行っています。転出超過の状態に歯止めをかけるだけでなく、女性が活躍できる環境を町として推進している状態です。

 

移住の施策では、町内に新築・中古住宅を購入した人に対して30万円の補助、三世代同居などに対しても30万円の補助などを行っています。

 

子育て支援では、祖父母が孫を預かった場合は補助金として5000円の支給などの取り組みを行っています。親子で定住する場合に対象となる施策などもあるため、移住する際は有効に活用できるでしょう。

 

養老孝子伝説だけではない魅力にあふれる養老温泉

駆け出す子供

iStock/imtmphoto

 

養老温泉は老子伝説の滝を中心に点在する温泉地。町と温泉地の名前もそこから取られています。

 

養老温泉は、養老町の中ではアクセスしやすい場所にあります。移住の施策が整えられており、移住に関しても心配はいりません。そして、旅館の求人が多いため、未経験からでもスキルを高められる環境があるといえます。養老温泉で理想のキャリアとライフプランを追及するのも良い選択肢の1つだといえるでしょう。

 

岐阜県の旅館・ホテルのお仕事探しはこちらから

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る

関連記事