日本屈指のリゾート地、箱根に位置する強羅温泉。概要と暮らしについて

神奈川県箱根町にある強羅温泉は、箱根で最も標高の高い内輪山、神山北東の斜面に位置する温泉地です。5つの異なる泉質や色合いを持ち、5色のパステルカラー温泉とも呼ばれています。箱根は日本屈指のリゾート地で、一年を通して多くの観光客が訪れます。今回の記事では、強羅温泉の概要や暮らしなどをご紹介します。

強羅温泉とは

箱根の人力車

iStock/Tom-Kichi

 

日本有数の温泉地としても知られる箱根に位置する強羅温泉。ここでは、強羅温泉の概要や歴史についてご紹介します。

強羅温泉の概要とアクセス

強羅温泉は神奈川県の南西部、箱根町にある温泉地です。箱根は箱根火山によって形作られたまちで、カルデラ内に河川や湖沼、草原を擁する一大自然美を展開しています。

 

最寄り駅は箱根登山線の強羅駅で、東京からは新幹線を利用して、1時間40分ほどでアクセスできます。

強羅温泉の歴史と現状

強羅温泉の名前は、深い山に囲まれ遠くから見た姿が、亀の甲羅に似ていたことに由来するとか、早雲地獄からの土石流が崩れ落ち、大きな石がゴロゴロとした景観からゴーラになった、などさまざまな言い伝えがあります。

 

1894年に、早雲地獄からの引き湯で開発が始まります。大正時代になると、避暑地として温泉付き別荘の分譲が始まり、皇族や政財界の重鎮、文人墨客などの別荘も建設され、鉄道も開通するなど人気の高い温泉地として発展していきました。強羅における温泉掘削は1949年から始まり、翌年温泉が掘り当てられます。

 

現在は日本だけでなく海外でも温泉地として知られており、外国人観光客も多い地域です。純和風の旅館から最新設備のリゾートホテルなど個性豊かな温泉宿が建ち並び、日帰り入浴もできることから、リゾートと温泉気分を満喫しに、国内外から多くの観光客が訪れます。

 

箱根町における2017年度の外国人観光客入込数は50万人を超え、これは過去最高を記録する結果となりました。また、同年箱根町の旅館ホテルにおいても、407万3405人で対前年比109.2%と増加傾向にあります。

参照:2017年入込観光客数/箱根町企画観光部観光課

強羅温泉の泉質と効能、観光資源について

温泉

iStock/Thom_Morris

 

同一敷地内で、泉質の異なる五色の温泉を楽しめる強羅温泉。ここでは、強羅温泉の泉質や効能、周辺観光についてもご紹介します。

強羅温泉の湯量と泉質について

強羅温泉の源泉数は46カ所におよび、源泉温度は30℃~95℃。5色の異なる湯色はパステルカラー温泉と呼ばれ、5つの泉質を楽しめます。

 

透明な単純温泉はナトリウムー塩化物泉で、肌に優しいやわらかいお湯が特徴です。淡い黄色のナトリウムー硫酸塩泉は、肌がすべすべになると評判。乳白色のカルシウムー硫酸塩泉は冷え性や生活習慣病の方に、酸性硫酸塩泉は淡い茶褐色と淡い緑色の二色あり胃腸に優しい温泉です。

 

効能はそれぞれに異なりますが、主に神経痛や筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、動脈硬化症など、さまざまな症状によいとされています。

参照:強羅の温泉/箱根強羅観光協会公式HP

強羅温泉の周辺観光について

箱根町は国立公園の中央にあり、都心からのアクセスもよく、国内有数の観光地として知られています。四季折々の美しい自然景観が見事で、美術館や博物館などレジャー施設も多彩で、正月の駅伝をはじめイベントや祭事も多く開催され、一年を通じて多くの観光客が訪れます。

 

このエリアを代表する観光スポットとして、黒たまごでも知られる大涌谷が挙げられます。約3000年前、箱根火山の爆発によってできた爆裂跡で、荒涼とした大地に白煙が立ち込める迫力の景観が広がります。

 

また、仙石原高原は美術館が多いエリアで、高原リゾートを楽しめます。珍しい湿原植物が数多く群生する湿原や、秋晴れの下、黄金色に輝くススキの草原が見事です。

強羅温泉にあるホテルや旅館での働き方と暮らし

高級ホテルの部屋

iStock/asbe

 

強羅温泉の旅館やホテルで働く

強羅温泉には純和風旅館から最新設備のリゾートホテル、リーズナブルな宿から高級な宿まで、宿泊客のニーズに応じて個性豊かな温泉宿が建ち並びます。海外からの観光客も多く、外国語のスキルも活かせる環境です。

 

世界から高い評価を得て各国のVIPも訪れる旅館では、正社員の募集も行っています。その旅館では、客室係はお客様に感動を与える仕事であり、奥が深く、一生の仕事としてキャリアを形作ることができる。おもてなしのプロフェッショナルとして、イギリスにおける「バトラー」に匹敵する誇りある仕事としています。

 

旅館は日本文化を凝縮したものとして、和の伝統を大切に守りながらも、エステやジムなど時代に即した新しいものも取り入れ、挑戦し続けているそうです。

強羅温泉の暮らし

強羅温泉のある箱根町は東京からもアクセスしやすく、首都圏の通勤圏内として移住している人もいます。スーパーが少ないものの食料品や日用品の買い物は、車で1時間ちょっとの小田原や御殿場でまとめ買いをする人も多く、道の駅で新鮮な地元野菜を買い求めることもできます。車があれば、日常生活にさほど不便を感じることなく過ごせる環境と言えるでしょう。

自然とアートが融合したまち、強羅温泉

和室

iStock/recep-bg

 

豊かな自然に恵まれた国内でも有数のリゾート地、箱根町に位置する強羅温泉。周辺には美術館も多く、ゆったりと流れる時間の中で、心豊かな暮らしが実現できそうです。

 

箱根町では実際の生活を体験できるトライアルステイを実施し、リノベーションした空き家を提供しています。箱根町に興味のある方は、利用してみてはいかがでしょうか。

 

神奈川県のホテル・旅館のお仕事探しはこちらから

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る