国際的に希少なモール温泉を有する十勝川温泉。概要や暮らしについて

北海道の広大な十勝平野に位置する十勝川温泉。世界でも希少な植物性の泉質、モール温泉を有する温泉で北海道遺産に選定されています。また、十勝川温泉のある音更町は、道内の町村の中で最も人口が多く、利便性の高さも魅力のまちです。今回の記事では、十勝川温泉の概要や音更町の暮らしについてご紹介します。

十勝川温泉とは

十勝平野イメージ

iStock/gyro

 

北海道遺産に選定された十勝川温泉とはどのような温泉地でしょう。ここでは、十勝川温泉の概要や歴史についてご紹介します。

十勝川温泉の概要とアクセス

十勝川温泉は北海道の東部、音更町にある温泉地です。日高・大雪連峰を遥かに望む広大な十勝平野、そのほぼ中央を流れる十勝川のほとりに位置しています。世界でも希少な植物性のモール温泉が湧出する温泉地であり、2004年には北海道に数ある温泉地の中で、初めて北海道遺産に選定されました。

 

北海道遺産とは、北海道の自然や歴史、文化、生活、産業などの中から、北海道民の宝物として継承したい有形・無形財産のことで、特定非営利活動法人北海道遺産協議会により選定されます。

 

十勝川温泉の最寄り駅は根室本線の帯広駅で、札幌駅から帯広駅までは電車で約3時間、帯広駅から十勝川温泉までは車で20分ほどの距離になります。

十勝川温泉の歴史と現状

十勝川温泉は、古くはアイヌの人々が「薬の沼」と呼んでいたと伝わる温泉で、1900年頃には、地元の人がぬるい源泉の湯を沸かして利用したのが始まりとも言われています。昭和初期から開発が本格的に行われ、戦後は道東を代表する温泉地として発展しました。

 

十勝川温泉の年間観光入込客数は、2017年で約63万1000人となり、対前年度比107.2%と増加傾向にあります。また、近年は台湾や中国、香港など海外からの宿泊客数も増加傾向となっています。

出典:2017年度観光入込客数等について/北海道十勝総合振興局産業振興部商工労働観光課

十勝川温泉の泉質と温泉街、観光資源について

温泉イメージ

iStock/helovi

 

モール温泉で名高い十勝川温泉の泉質や効能、観光資源の楽しみ方をご紹介します。

十勝川温泉の湯量と泉質について

十勝川温泉は、世界的にも希少なモール温泉が湧出しています。モール温泉とは、十勝川の河畔に太古から自生していた葦などの植物が、長い年月を掛けて堆積し、地中で炭化した亜炭層を通って湧き出る温泉で、植物性の有機物を多く含んでいます。

 

地下500~700mの所から湧出しており、泉温は55~60℃です。湯色は茶色で、泉質はナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)、効能は神経痛や筋肉痛、関節痛、うちみ、痔疾患、慢性消化器官、慢性皮膚病、疲労回復、慢性婦人病、冷え性、きりきず、やけどなど、さまざまな症状によいとされています。また、肌がツルツルになることから、美肌の湯としても評判です。

出典:十勝川温泉について/音更町十勝川温泉観光協会

十勝川温泉の温泉街や自然を堪能できる多彩なアウトドアアクティビティ

十勝川温泉街には日帰りのスパリゾート施設があり、地元の食材を使ったグルメから農産物、雑貨まで、十勝の恵みを堪能することができます。また、十勝ならではのアウトドアアクティビティも充実しており、十勝川でのサーモンウォッチングツアーやカヌーツアー、スノーラフティング、ワシ観光クルーズ、熱気球体験などがあり雄大な自然を満喫できるでしょう。

 

また、四季折々のイベントとして、1月から2月には十勝川白鳥まつり、6月から7月にかけては花のイベント、7月はホタル鑑賞会などが開催され、年間を通して大勢の観光客でにぎわいます。

十勝川温泉にあるホテルや旅館での働き方と暮らし

ログハウスイメージ

iStock/ROMAOSLO

 

十勝川温泉の旅館やホテルで働く

十勝川温泉には15軒ほどのホテルや旅館、民宿があり、客室数3部屋ほどのロッジから団体客にも対応している規模の大きなホテルまで、個性豊かな温泉宿が揃います。仲居などの接客係では、研修や先輩スタッフのサポートなど教育制度が充実している企業もあり、未経験からでも安心して仕事を始められる環境を整えているようです。

 

ビジネスシーンに必須の正しい言葉づかいや電話対応マナー、PCスキルやお客様への接客など、実践を通してスキルを身につけられます。ワンランク上のマナーを身につけ、ゆくゆくは指導する立場にステップアップしていくことも可能でしょう。

十勝川温泉の暮らし

十勝川温泉のある音更町は、十勝平野の中心部に位置し、十勝川を挟んで帯広市の北側に隣接しています。人口は北海道の町村の中で最も多く、市街地には大型商業施設や飲食店、生活用品店、医療施設などが充実しており、利便性の高いまちとなっています。

 

気候は内陸性気候で、四季の寒暖差が激しいのが特徴です。冬は氷点下15℃を下回る日もあり厳しい寒さですが、最近の住宅は断熱性や気密性など防寒対策が優れていることから、家の中では温かく過ごせるようです。

 

また、降雪は北海道の中でも少ない方で、20cm~30cmほどの降雪が年に数回あります。夏は30℃以上となる日もありますが、夜は気温が下がるため快適に過ごせるでしょう。秋には十勝晴れとも呼ばれるように、澄み渡った過ごしやすい天気が続きます。

広大な大地と良質な温泉、暮らしやすさを合わせ持つ十勝川温泉

十勝

iStock/ookinate23

 

日高・大雪連峰を遥かに望み、広大な大地を流れる十勝川のほとりに湧出する十勝川温泉。これぞ北海道という、雄大な自然が広がります。音更町の市街地は利便性も高く、暮らしやすさでも魅力のまちです。

 

音更町では移住を検討している方に向けて、移住体験住宅を提供しているので、実際の暮らしはどのようなものか体験してみるのもよいですね。

 

北海道のホテル・旅館のお仕事探しはこちらから

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る