移住実現のハードルは高い?ハードルに感じる事柄や乗り越えるコツを解説!

地方移住を実現させるにはさまざまなことを多角的に検討し、クリアにしていかなければなりません。移住の準備や移住後の生活を考えると、実行に移せない人も居るでしょう。この記事では、移住の際に高いハードルとして感じやすい事柄や乗り越えるコツを紹介します。前向きに移住を検討するための参考にしてくださいね!

移住にハードルを感じてふみ出せない人は多い

考える女性

naka – stock.adobe.com

 

地方移住に憧れがあっても現実的に動き出せない人は少なくなりません。それは移住によって住宅や仕事、近所づきあいといった生活環境がガラリと変わることに高いハードルを感じるからではないでしょうか。

 

しかし、高いハードルに感じる理由を把握し、乗り越えるコツが分かれば移住のための第一歩を踏み出せるかもしれません。移住のハードルとして感じやすい事柄や、その対処方法を見ていきましょう。

移住のハードルに感じやすい事柄は?

まずは、移住に関してどのようなことに高いハードルを感じやすいのかを洗い出してみましょう。移住を躊躇してしまう理由は人それぞれですが、多く挙げられるのは以下のような事柄です。

住宅の確保

移住先で住む家をどうするかは、最初に直面するハードルではないでしょうか。移住先で家を買うのか、賃貸にするのか。資金はどれくらい必要か、住むエリアはどこか。こうしたことを検討するだけでも大変なことですよね。

 

また、気に入る物件が見つからない、地域に物件が少なく選ぶ余地がない、下水道や都市ガスが整備されていないといったこともあるでしょう。

 

移住生活を長く、快適に続けるためには納得できる住処の確保が必要不可欠だからこそ、高いハードルに感じやすいのですね。

仕事・収入

仕事や収入は生活の基盤です。移住の際にも慎重に検討する必要がありますよね。

 

しかし、地方はどうしても求人が少なく、給与水準が低い傾向にあります。悠々自適な田舎暮らしを思い描いていても、現実的に照らし合わせると「とても暮らしていけない……。」と諦めてしまうのです。

 

また、金銭面だけではなくやりたい仕事が見つからない、職場までのアクセスが悪いといった問題もあるでしょう。

周辺環境

周辺環境は住宅・仕事と同じくらい重要なことではないでしょうか。

 

買い物場所や公共交通機関、病院、学校といった生活に欠かせない施設がそろっているか。インターネットは使えるか、携帯電話の電波が良好に入るか。娯楽施設はあるか、宅配便は来てくれるのか。都市部で慣れ親しんだ設備・サービスが使えなくなることには不便や不安を感じやすいでしょう。

 

また、自然が豊かな環境では害虫・害獣の被害や自然災害への不安もあります。しっかりと下調べをして移住しよう、と考える人ほど、実行に移しにくくなるのかもしれません。

対人関係

田舎の小さな集落や、昔から住んでいる人が多い土地では地域のコミュニティが濃密な傾向が見られます。移住後、すでに出来上がっている「近所の輪」に溶け込めるかどうかに不安を覚える人は少なくないでしょう。

 

また、田舎の風景には憧れるけど近所づきあいは苦手、町内会が頻繁にあるのはめんどくさい、というタイプの人も居ますよね。

 

都市部とは異なる田舎の対人関係のイメージが、移住のハードルとして感じられるのです。

家族の都合

家庭を持つ人の場合は、家族の都合も移住のハードルに感じがちです。パートナーに仕事を辞めてもらったり、子どもを転校させたりするなど、家族には少なからず負担をかけることになりますよね。そのため、家族の理解・協力を得て足並みをそろえることが必要なのです。

 

また、家族が居る分転校の手続きや移住先でのパートナーの仕事探しなど、面倒に感じることも多く待ち受けています。そうなると「わざわざそこまでして移住しなくても……」と、及び腰になってしまうのではないでしょうか。

 

移住のハードルを乗り越える方法を紹介!

話し合い

naka – stock.adobe.com

 

地方移住のハードルとして高く感じやすいのは、生活に直結する重要項目ばかりです。しかし、高く感じるハードルがあるからといって、移住できない・移住しても失敗するとは限りません。

 

移住のハードルを乗り越えるためのコツを把握し、工夫しましょう。以下のポイントを参考にしてくださいね。

まずは情報を集める

移住前に「高いハードル」として考えていることは、単なる思い込みということがあります。「田舎はこうだ」と決めつけずに、興味を持った地域が実際はどのような場所なのか、まずは情報を集めてみましょう。

 

車がなければ生活できないと思っていた地域でバスやコミュニティタクシーが充実していたり、お店が少なく不便に見える地域に、たくさんの移動販売車が来ていたり、といった発見があるかもしれません。

移住支援制度を活用する

地方移住にまつわる不安の中には、移住支援制度を活用することで解消されるものもあります。

 

例えば移住支援金や住宅取得支援制度を活用すれば、金銭面の負担が軽減されるでしょう。お試し移住や移住相談会に参加して地域の様子を探ったり、移住前に地元の人々と親睦を深めることもできます。

 

地域の仕事をあっせんする窓口を設けている自治体や、家探しや転校なども含めて移住に関する全般的なサポートを提供している自治体もあります。面倒に感じていることでも、移住のプロに相談すればスムーズに進むのではないでしょうか。ぜひ、積極的に活用しましょう!

移住前に収入源を確保する

十分に生活できるだけのめどを立ててから移住すれば、新生活への不安を大幅に軽減できますよね。地域の中で比較的収入の良い職場を探してみましょう。地方は求人そのものが少ない傾向にあるので、非公開求人を扱っている就職・転職エージェントの活用がおすすめです。

 

また、可能であれば都市部の仕事をテレワークなどで続けたり、副業を持ったりという手段もあります。柔軟な考えを持てば地方においても十分な収入源を確保できるのではないでしょうか。

家族とよく話し合う

家族が移住に納得し、付いてきてくれるかどうかはよく話し合うしかないでしょう。移住先候補地の特色や、移住支援制度などの情報を集め、移住のメリット・デメリットを共有してくださいね。

 

家族連れで参加できる移住説明会やお試し移住に参加するのもおすすめです。

今は移住のハードルが比較的低い時代

乗り越えなければならないことが多いとはいえ、現代は移住に対するハードルが比較的下がった時代ではないでしょうか。

 

テレワークが普及し、交通網も発達しているため最前線で働く人でも都市部に住む必要があるとは限りません。また、移住者を呼び込むための手厚い支援制度が用意している自治体もあります。

 

ハードルをひとつひとつクリアするつもりで挑めば、地方移住の成功は決して夢ではないのです。ぜひ、ポジティブに取り組んでくださいね!

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る