皇室ゆかりのリゾート地!那須塩原市での生活と移住支援制度とは?

栃木県の那須塩原市は、ロイヤルリゾート・那須高原の玄関口です。豊かな自然に囲まれたこの地域では、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。観光旅行にとどまらず、移住先としても人気がありますが、那須塩原市ではどのような生活が待っているのでしょうか。暮らす上での楽しみや注意ポイント、移住支援制度などについてまとめました。

那須高原の玄関口!那須塩原市への移住

那須高原

arscrowd- stock.adobe.com

 

那須御用邸があることからロイヤルリゾートとして知られる那須高原。そのふもとに位置する那須塩原市は、移住先として人気の高いエリアです。那須塩原駅から東京駅まで、新幹線で70分という都内へのアクセスの良さは強みですが、人気の理由はそれだけではないはずです。

 

那須塩原市の暮らしにどのような魅力があるのかを一緒に探っていきましょう。移住希望者をひきつける移住支援制度や、移住を現実のものとして考える際に把握しておくべきことについても、併せて解説します。

那須塩原市で暮らす魅力とは?

ジップライン

dreamnikon- stock.adobe.com

 

那須塩原市は、栃木県内で「住みやすい街アンケート」を行うと、上位にランクインすることが多いようです。市内での暮らす楽しみや魅力を見てみましょう。

遊び場が充実

那須高原にほど近い那須塩原市では、自然の中でのアクティビティを存分に楽しめます。キャンプやトレッキング、ジップラインにパラグライダー。栃木県には海がありませんが、川釣りや渓流が楽しめます。釣り愛好家も満足できるのではないでしょうか。

 

キャンプ場や、牧場などのファミリー向けスポットも豊富で、休日は退屈しようがないかもしれません。

 

また、市街地にはボウリング場やカラオケボックス、室内遊園地などの手軽に楽しめる施設が充実しています。インドア派もアウトドア派も楽しく遊べる街、それが那須塩原市なのです。

買い物が便利

移住を考える上で必ずチェックしておきたいのは、食料や日用品を買えるお店がそろっているか、という点でしょう。

 

那須塩原市には、スーパーマーケットや大型ショッピングセンター、家電量販店などのほかに、アウトレットや大きな100円ショップといったお買い物スポットが点在しています。

 

生活必需品が手に入らなくて困る、ということはないはずです。

ユニークな教育制度

移住の目的として多く挙げられるのは「子どもがのびのびできる環境で子育てしたい」「子どもを健全な環境で育てたい」といったことではないでしょうか。

 

那須塩原市では、地域の特色をいかした情操教育に力が入れられています。市営の乗馬施設は、小中学生の乗馬体験が行われたり、農業体験が実施されたり。こうしたユニークな取り組みで、自然をいたわる心が育つのではないでしょうか。

那須塩原市での生活はここに注意!

便利で楽しい那須塩原市での生活ですが、知らずに移住を決めてしまうと後悔することになりかねない要素もあります。那須塩原市での暮らしを考える上で、知っておくべき注意点を見てみましょう。

車がないと不便

那須塩原市内には新幹線の他、宇都宮線や東北本線も通っています。しかし、駅は市街地の西側にしかありません。

 

また、バス停は大型ショッピングセンター付近や学校前、温泉街に点在していますが、公共交通機関のみで市内全域に足を運ぶのは、難しいことではないでしょうか。

 

市内を自由に移動するためには、車が必需品と言えるでしょう。

エリアによっては温泉のにおいが気になる

温泉地としても有名な那須塩原市。市街地にもいくつかの温泉施設があります。身近に温泉があるのはメリットですが、立地や風向きによっては、温泉のにおいを強く感じたり、洗濯物ににおいがついたりすることが考えられます。

 

自然の恵みが豊かな証拠ですが、自宅に空気清浄機や乾燥機を設置するなどの対策が必要になるかもしれません。

観光客が多い

ロイヤルリゾート・那須高原の入口である那須塩原市には、たくさんの観光客が訪れます。活気があって良いことですが、オーバーツーリズム問題や新型コロナウイルス対策の観点からすると、手放しで喜べない場合もあるでしょう。

 

また、静かに暮らすことが目的で移住したのに観光シーズンは騒がしくなるといった懸念もあります。観光客で混雑するエリアを避けて移住するなど、対策を考えてくださいね。

那須塩原市の移住者・市民への支援制度とは?

移住したい街・住み心地の良い街として挙げられることの多い那須塩原市。移住者や市民のための手厚い支援制度があることも、人気の理由のひとつでしょう。

 

移住支援としては「那須塩原市移住支援助成金」という制度があります。

 

この制度は東京23区内に5年以上居住、または通勤していた人が那須塩原市に移住し、栃木県の企業情報サイトに掲載された企業に就職した場合、最大で100万円の支援金が支給されるというものです。

 

具体的な受給条件や申請方法については、那須塩原市のホームページをご参照ください。

 

全市民を対象とする支援制度には、木造住宅耐震診断費等補助制度や、浄化槽の設置費用を補助する制度が設けられています。また、市内に認定こども園が多い、こども医療費助成制度があるなど子育て関連の支援制度も充実しています。

 

移住する時も、移住後も安心して暮らせる制度がそろった街と言えるのではないでしょうか。

 

参照:那須塩原市移住支援助成金について/那須塩原市ホームページ

 

参照:木造住宅耐震診断費等補助制度について/那須塩原市ホームページ

 

参照:浄化槽設置費用の補助制度について/那須塩原市ホームページ

 

参照:こども医療費助成制度について/那須塩原市ホームページ

那須塩原市の仕事探しはおもてなしHR

温泉地

moonrise- stock.adobe.com

 

観光地としても人気のある那須塩原市。移住後にはホテルや旅館で働きたい!と考えている人も居るのではないでしょうか。宿泊業の仕事を探すなら、おもてなしHRがおすすめです。

 

おもてなしHRは日本全国規模で宿泊施設の求人情報を扱う就職・転職支援サービス。宿泊業界に詳しい専任アドバイザーが、ひとりひとりの希望にマッチする応募先を提案しています。登録から入社まで、完全無料のサービスなので、ぜひご活用ください!

 

なお、栃木県内への移住に関する記事は以下のページでまとめて紹介しています。併せてご参照ください。

 

栃木県で暮らす魅力とは?住環境や移住を支援する補助金制度など

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る