野山と市街地のバランスが良い!飯能市の移住支援制度とは?

埼玉県の飯能市は、市の面積の70%が野山という自然豊かな地域です。その一方で東京へのアクセスが良く、生活に必要な施設がそろっているなど利便性が高く、移住先として注目を集めています。この記事では、飯能市で暮らすメリット・デメリットと、移住や生活の支援制度について解説します。移住先選びの参考として役立ててくださいね。

飯能市での暮らしの魅力!

飯能駅

健太 上田- stock.adobe.com

 

埼玉県の飯能市は、県庁所在地や新幹の駅がある大宮市に比べると、知名度は低いかもしれません。しかし、飯能市は表玄関の街とは一味違った生活の魅力を持っています。

 

子育て世代の移住先としても人気のある地域ですが、もし飯能市に移住したらどのような毎日が待っているのでしょうか。飯能市で暮らすメリットを見ていきましょう。

東京へのアクセスが便利

東京を中心に地図を見ると、飯能市はさいたま市に比べて奥まった場所に位置していることが分かります。「これでは都内への通勤・通学は無理なのでは?」と思うのではないでしょうか。

 

しかし、飯能市から東京へのアクセスは非常に便利なのです。飯能駅は西武池袋線の始発駅。急行電車に乗れば45分~50分程度で池袋に到着します。

 

また、西武池袋線は比較的混雑率の低い路線と言われています。始発駅から座って乗り、快適な通勤・通学ができるのではないでしょうか。

 

車で出かける場合も飯能市と日高市の境目に位置する「狭山日高インターチェンジ」から高速道路に乗れます。

生活に必要な施設が勢ぞろい

飯能市は、市の面積の70%が野山です。緑に囲まれた暮らしは素晴らしいものですが、生活の不便さが気になるところですよね。

 

その点、飯能市は学校や病院などの他、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、ホームセンターもそろっています。週末のまとめ買いなどをしなくても、都市部と変わらない生活ができるでしょう。

 

また、隣の入間市に行けばコストコもあります。コストコのような大型店舗が近くにあるのは地方暮らしならではの特権ではないでしょうか。

子どもの遊び場が豊富

人気キャラクター「ムーミン」との縁が深い飯能市。市内にはムーミンのテーマパークやムーミンを題材にした公園があり、ファミリー層でにぎわいを見せています。

 

また、豊かな自然をいかした公園やアスレチック、川遊びやバーベキューができる河原など子どもの遊び場が盛りだくさん。子どもたちがのびのびと育つ環境と言えるでしょう。

飯能市への移住・ここに注意!

花粉

miiko- stock.adobe.com

 

野山の緑に囲まれながらも、便利に暮らせる飯能市。暮らす上でのデメリットは、特になさそうに思えますよね。しかし、実際に飯能市で暮らしている人々は次のような不満を抱いています。

 

飯能市への移住を検討するのであれば、デメリットも把握しましょう。

花粉の量が多い

市の面積の70%が野山である飯能市には、多くのスギやヒノキが生えています。そのため、春先になると花粉が大量に飛散します。住宅地からほど近い山から煙のように花粉が舞い上がり、花粉症の人を苦しめるのです。

 

また、花粉によって車や洗濯物が汚れるといった被害もあります。花粉の季節をどうやって乗り切るか。それが飯能市でずっと暮らしていけるかどうかを左右するのではないでしょうか。

若者が楽しめる場所が少ない

子どもの遊び場が多い飯能市は、ファミリー層にとっては理想的な環境でしょう。しかしその一方で、若者が楽しめる場所が少ないようです。

 

カラオケやボウリングといった施設は点在していますが、もっとハジけたい!はやりのスイーツが食べたい!といった時には、東京まで行かないと満足できないかもしれません。

土砂災害の危険がある

飯能市は野山が多い分、土砂災害も多い地域です。土砂災害のハザードマップを見てみると、市街地の一部も特別警戒区域や警戒区域にやっていることが分かります。

 

移住後に住む場所を選ぶ際には、ハザードマップを確認して安全な場所を選びましょう。

 

参照:飯能市の土砂災害ハザードマップについて/飯能市ホームページ

飯能市の移住支援制度とは?

野菜づくり

ommbeu – stock.adobe.com

 

田舎に移住して農業をやりたい!という夢を持つ人は多いでしょう。しかし、農業は未経験から始めてすぐに成功できるものではありませんよね。

 

飯能市ではそれぞれのライフスタイルに合った農業を楽しむ生活「半農ライフ」を提案しています。

 

地域の農業を体験できるエコツアーや家庭菜園、市民農園のほか、農地を使った本格的な農業をバックアップ。農業の知識がなくても、農業普及員による指導を受けられるので安心です。

 

また、飯能市の移住支援制度である「飯能住まい」を利用して住宅を建築し、移住すれば最大で285万円の補助金が出ます。

 

飯能市で暮らせば、東京で会社員などの仕事をしつつ、農業にチャレンジできます。「田舎で農業」の夢に、地に足を付けてチャレンジできる。これは飯能市ならではの利点ではないでしょうか。

 

参照:半農ライフについて/農のある暮らし飯能住まい

 

参照:飯能市の移住支援について/飯能市ホームページ

飯能市で宿泊業の仕事を探すならおもてなしHR!

自然の癒やしを求めてやってくる人が多い飯能市。駅前にはホテルが点在しています。移住後、飯能市内で働きたいという人は、宿泊業への就職・転職を検討してみてはいかがでしょうか。

 

わたしたちおもてなしHRは、ホテルや旅館に特化した就職・転職エージェント。日本全国規模で宿泊業の求人情報を扱っています。登録から入社まで、完全無料のサービスなのでぜひご活用ください!

 

なお、埼玉県内への移住については以下の記事でまとめて解説しています。併せてご参照ください。

 

埼玉県への移住の魅力。住環境や移住支援の取り組みについて

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る