宿泊業界へ転職したい!~転職準備と進め方について~

近年、外国人旅行者数や日本人国内旅行消費額が増加傾向にある中で、観光業界、特に宿泊業への転職を考えている方もいるのではないでしょうか。宿泊業への転職を考える時、どのようなスケジュールで準備を進めればよいのでしょうか。今回の記事では、転職準備の時期や期間、進め方についてご紹介します。

宿泊業界への転職活動はいつから始める?

iStock.com/metamorworks

 

転職活動を初めて行うという方は、いつから転職準備を始めればよいのか、何から準備すべきなのか、知りたいことも多いのではないでしょうか。転職を考える際にはまず、転職準備の開始に適した時期がいつなのかを知っておくとよいでしょう。 

 

一般的に中途採用は、10月と1月に高くなる傾向があります。10月は3月期決算の企業において上期から下期に切り替わる月であり、1月は12月期決算の企業において新しい期が始まる月となります。期が変わるタイミングで予算や実績に応じ求人募集を行うため、10月と1月は求人数が増える傾向にあるのです。

 

しかし、宿泊業界においては一概にそうとは言えず、一年を通して募集を行っている企業もあります。また、海や山などのリゾート地では、オンシーズンの数カ月前から採用活動を行うこともあるようです。どのようなタイプの宿泊施設で働きたいかによって、転職活動をスタートする時期は異なると考えられます。

 

転職活動の期間は3~6カ月を目安に

iStock.com/kokouu

 

転職活動に充てられる期間は個々の状況により異なります。すぐに働きだせる状況にいる人や、働きながらじっくり検討する人もいるでしょう。

 

一般的に、転職活動は3~6カ月を目安に行うとされています。仕事を辞めてからの転職活動は、時間に融通が利きますが、長引くと経済的に困窮する恐れがあります。また、働きながらの活動はじっくり時間を掛けられますが、長引くとモチベーションが下がってしまうこともあるようです。転職活動を長引かせないためにも、計画的に進めることが大切です。

 

宿泊業界への転職活動のステップ

iStock.com/takasuu

 

転職活動の進め方は、大きく「事前準備・情報収集」「応募書類作成・応募」「面接」「内定・退職・引き継ぎ」の4つのステップに分けることができます。各ステップごとにやるべきことを理解し、実際の転職活動に活かしましょう。

 

事前準備・情報収集(1~2週間)

転職活動全体のスケジュールを決め、情報を集める期間です。転職目的を整理し、これまでに培ってきたスキルや経験、強みや弱みを振り返り、どのような働き方がしたいのか理想の姿をイメージしましょう。

宿泊業への転職を考える場合、旅館、シティホテル、ビジネスホテルなど施設タイプによる選択肢もあり、職種もフロント、仲居、ハウスキーパーなど多岐にわたります。この期間で自分の目指す姿を明確化することが、よりよい転職への第一歩となります。

次に、できるだけ多くの求人情報をチェックして、企業の比較検討を行います。自分のキャリアや目的と照らし合わせ、自分がどのように活躍できるのかイメージしながら検討できるとよいでしょう。

 

応募書類作成・応募(2~3週間)

宿泊業界では、自社のホームページや就職サイトなどからエントリーを行う企業が多いようです。応募書類として、履歴書と職務経歴書を用意するのが一般的ですが、書類を作成するときに重要なのは、自分を雇うことのメリットが一目で伝わるように工夫することです。見本を1部作っておくと、複数の企業に応募するときにもスムーズに書類を作成できます。

 

書類が準備できたら、いよいよ応募です。応募において勝負となるのはスピードと数。魅力的な求人は応募が殺到するため短期間で終了し、のんびりしているとせっかくのチャンスを逃してしまう可能性もあります。気になる企業を見つけたら、すぐに応募しましょう。

 

面接(1カ月~)

面接を成功させる秘訣は、事前準備を怠らないことです。宿泊などのサービス業界においては、身だしなみや姿勢、言葉遣いなどが特に重視されます。基本となる面接マナーをしっかり把握しておきましょう。また、面接の定番質問である、志望動機や前職の退職理由、社会問題に関する質問についてはもちろん、宿泊業でどのような働き方をしたいのかについてもあらかじめ回答を用意しておくことで、落ち着いて面接に臨むことができます。

 

内定・退職・引き継ぎ(1~2カ月)

内定の連絡を受けたらすぐに承諾するのではなく、労働条件や入社日などを確認し慎重に判断しましょう。承諾、辞退どちらの場合も、なるべく早く返答をします。

内定を承諾したら、現在勤めている会社の退職準備を進めます。法律では、最低2週間前に退職を申し出れば受理されるよう定められていますが、1カ月以上の余裕をもって退職の意思を伝えることが円満退職に繋がります。現職での立場や状況などに合わせて、退職日を決定しましょう。退職日が決まったら、最終出社日までしっかりと引継ぎを行い、気持ちよく退職できるようにしましょう。

 

転職活動をスムーズに進めるためのコツ

iStock.com/LIgorko

 

転職活動をスムーズに進めるためには、まず、自分でしっかりスケジュールを立て期限を決めることが大切です。計画的に進めることで、転職活動を長期化させたり、応募に間に合わなかったなどのトラブルを回避することができます。

また、日頃から宿泊業の展望や求人倍率など業界の動向をチェックしておくことも欠かせません。政府が観光産業を日本の基幹産業となるよう推進している働きもあり、今後宿泊業界の市場は上向きになっていくと考えられます。

その他にも、「ホテルビジネス実務検定」などの資格取得、「英検」や「TOEIC」に挑戦するのもおすすめです。アジア圏からの観光客増加に伴い、中国語や韓国語なども日常会話程度の能力があると有利になるようです。やる気のある姿勢は採用者側にも伝わり、転職活動に生かせることでしょう。

 

事前準備をしっかり行い転職活動を成功させよう

iStock.com/taa22

 

転職活動は、事前準備をしっかりできるかどうかで結果が決まってきます。たとえ計画通りにいかなくても、目標や人生プランが明確であれば、ぶれることなく転職活動を進めていけるでしょう。宿泊業界は、豊富な経験や知識が即戦力として求められる業界です。これまでの社会経験を活かし、自信をもって転職活動を成功させましょう。

 

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る