今後のホテル経営は長期滞在プランが鍵!ニーズ増の背景や経営のメリットを紹介

昨今、多くのホテルが新プランを打ち出されています。中でも注目を集めているのが、長期滞在プラン。一定期間の収益が確実に見込めるので、新型コロナウイルスによる売上減少をカバーすることにも期待が持てます。長期滞在プランの事例や導入時のポイントをご紹介しますので、プランの導入を検討しているホテル担当者はぜひ参考にしてみてくださいね。

長期滞在プランのニーズが高まった背景

iStock.com/SbytovaMN

 

長期滞在プランを打ち出すホテルが増えたのは、消費者ニーズの高まりが影響しています。なぜ長期滞在プランのニーズが高まっているのか、その背景をみていきましょう。

 

新型コロナウイルスによる移動制限

2019年末から世界中に大きな影響を及ぼしている新型コロナウイルス。日本でも感染拡大が続き、感染者数が増える度に政府は緊急事態宣言の発令や、まん延防止等重点措置の適用開始を発表しています。

 

長距離移動が制限される中、大都市圏の消費者を中心に新しいライフスタイルが徐々に確立されてきました。この時に注目が集まったのが、ホテルだったのです。長期滞在プランは住む環境を変え、気持ちをリフレッシュしたいという層から支持されています。

 

テレワーク・リモートワークの増加

テレワーク・リモートワークが当たり前の時代になりつつあることも、ホテルの長期滞在プランの人気に繋がっています。

 

在宅勤務は、集中力を保つのが難しいもの。賃貸であれば、隣人を気にしてオンライン会議やオンライン商談の場で本領が発揮できないということもあるでしょう。防音性が高く、Wi-Fiや電気を自由に使用できるホテルに注目が集まるのは、想像も容易ですよね。

 

また、アドレスホッパーのように各地を転々として仕事をするフリーランサーも、ホテルの長期滞在プランを利用することが多いようですよ。

 

付帯サービスへの魅力

一定以上の規模のホテルでは、さまざまな付帯サービスが提供されています。

 

長期滞在のお客様に限り、ジムやフィットネス、温泉・スパなどが無料で提供されていることも少なくありません。ルームサービス・館内レストランやランドリーサービスが割引されることもあります。

 

また中には、朝食・夕食付き、駐車場無料、タクシー利用が数回まで無料といったホテルも。賃貸住宅の家賃・駐車代・光熱費・家電の維持費とホテルの利用料を天秤にかけ、ホテル暮らしを選ぶ方も増えているようです。

 

長期滞在プランを導入するメリット

iStock.com/John-Kevin

 

長期滞在プランをホテルが導入・提供する最大のメリットは、一定期間の収益が確実に見込めることでしょう。

 

長期滞在は、「5泊~6泊以上の連泊」とするのが一般的です。つまり、長期滞在プランをお客様に選んでもらうことができれば、5泊~6泊程度、もしくはそれ以上の収益が確実に得られるのです。

 

客室内の清掃が不要なお客様であれば、清掃の手間もなくなります。もちろん予約は一度で済むので、さまざまなお客様に対応する必要もありません。

 

人的コストを最小限に抑えながら、多くの売上と客室稼働率が見込めるということが、長期滞在プランの主なメリットと言えるでしょう。

 

どんな長期滞在プランが提供されているのか?

iStock.com/boggy22

 

各ホテルでは、どのような長期滞在プランが提供されているのでしょうか。長期滞在プランの例を3つご紹介します。

 

5泊~6泊のウィークリープラン

5泊6日・6泊7日のように、1週間程度の滞在プランを提供しているホテルは数多く見受けられます。料金は、通常の1泊料金から1,000円~2,000円程度割り引いて提供するホテルが多いようです。

 

気軽に利用しやすい日数ですので、気分転換をしたいお客様や出張が伴うビジネスマンからの利用に期待が持てるでしょう。長期滞在プランの導入を検討しているホテルは、まずはウィークリープランから打ち出してみてはいかがでしょうか。

 

30泊~31泊のマンスリープラン

ホテル暮らしをするのはこれまで、富裕層が中心でした。しかし昨今の情勢や、新しい働き方・暮らし方に注目が集まったことで、ホテル暮らしは富裕層以外の客層からも支持を集めるようになったのです。

 

ここに目を付けたホテルから、30泊~31泊のウィークリープランの提供が始まっています。料金は、30泊10万円以下のものから数十万円するものまでと、提供するサービスや狙うターゲットによって大きく異なります。

 

またプランを提供するホテルは、アクセスしやすい都市部のビジネスホテルからゆったりと過ごせる郊外のリゾートホテルまでとさまざま。いずれも、温泉やサウナなどのリラクゼーション施設やビュッフェなどの食事付きプランが人気のようです。

 

ホテルにおける30泊プランの事例を見てみよう!長期滞在を提供する際の注意事項とは?

 

サブスクリプション型でホテルを選べるサービスも

最近では、月額料金を支払うことで全国各地のホテルを利用できるという、サブスクリプション型のサービスも登場しています。

 

サブスクリプション型のサービスを提供しているのは、チェーン展開をしているビジネスホテルや鉄道系ホテルが主でしょう。賃貸・不動産業界でも似たサービスが登場しており、需要はますます高まることが予想されています。

 

長期滞在プラン導入時にホテルが気を付けることは?

iStock.com/akinbostanci

 

長期滞在プランは、1泊~2泊程度の短期宿泊と館内のオペレーションが異なるので注意が必要です。どのような点に気を付けるべきかをみていきましょう。

 

ターゲットを明確にする

ターゲットの選定は、ホテルの経営・売上を左右する重要な作業です。よって長期滞在プランを導入する際は、プランで狙うターゲットを改めて定めましょう。

 

ビジネスマンに気軽に利用してもらえるようなプランにするのか、ラグジュアリーな空間・時間を楽しんでもらうプランにするのかで、提供するサービスや料金は異なるはずです。ぜひ自ホテルにぴったりのターゲットを定めてくださいね。

 

ホテルの宿泊プランの作り方とは?人気の宿泊プランもご紹介!

 

スキッパーや設備破損などの防止策をとる

無銭宿泊を行うスキッパーは、従業員が都度チェックアウト確認を行わない連泊を好む傾向があります。ホテルで優雅な時間を過ごした後、チェックアウト予定日の前にホテルを立ち去るのです。

 

よって長期滞在プランの導入前には、従業員間でスキッパーについての理解を深めておくことをおすすめします。デポジットを預かる、事前清算にするなど、必要に応じ対策を講じてくださいね。

 

また長期滞在では、お客様が家具・家電・備品を破損させてしまうリスクも高まります。破損発見時の対応方法や予防策も、あわせて考えておくのが良いでしょう。

 

ホテルがスキッパー被害に遭わないためできることは? 

 

3カ月以上のホテル滞在でお客様が望むこととは?ホテルが注意すべきことと併せて解説!

 

運用のルールを決める

これまで1週間以上の連泊を行っていなかったホテルは、運用のルールを新たに策定する必要があります。

 

食事のサービスチケットの種類や清掃の頻度、無料で提供するサービスの範囲など、通常プランとの違いはきっと生まれるはずです。ルールをあらかじめ決め、全従業員にしっかりと把握してもらうことができれば、プラン提供時に良いスタートを切ることができるはずですよ。

 

長期滞在プランはスタッフの支えが不可欠!

iStock.com/Hispanolistic

 

長期滞在プランは、ホテルの売上・客室稼働率の向上に期待が持てるプランです。働き方・生き方の多様化から、今後ますます利用者は増えると考えられていますので、気になるホテルの経営者はぜひ長期滞在プランの導入を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

 

「長期滞在プランを提供するための人手が足りない」というホテルがあれば、当サイト「おもてなしHR」が力になります。宿泊業界に特化した人材紹介を行っていますので、気になる担当者はぜひ気軽にお問い合わせくださいね。

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る