ホテル・旅館に就職して後悔……次の転職先で後悔しないためのポイントとは?

憧れの宿泊業界に就職したものの、今のホテル・旅館に就職したことに後悔している方もいるのではないでしょうか。就職を後悔した理由には、どのようなものがあるのでしょう。ホテル・旅館の就職を後悔してしまう原因や、後悔しない転職先の選び方について解説します。転職は人生の大きなターニングポイント。じっくりと準備して、後悔のない転職をしましょう。

ホテルに就職して後悔……実際の失敗例はどんなもの?

失敗して困った女性

iStock/metamorworks

 

「お客様の笑顔が見たい!」「一流の接客を身に付けたい!」と、ホテル・旅館業界に飛び込んだものの、理想と現実のギャップの大きさに就職を後悔してしまう方も少なくありません。どんなことが後悔に繋がってしまったのでしょうか。実際に起こった就職・転職の失敗例をご紹介します。

 

やりたい仕事じゃなかった

スタッフのすばらしい接客に感動して、自分もお客様対応がやりたいとホテル・旅館への就職を決めたのに、実際に配属されたのはお客様と顔を合わせる機会のない総務だった、といったことはよく耳にする話です。

 

企業で働く以上、配置については仕方ない面もあります。しかしこれが「語学力を生かして海外のお客様とも積極的にコミュニケーションを取り、おもてなししたい」と考えていたのに、実際にはほとんどが国内からの観光客だった、なんて話だったらどうでしょう。

 

働くモチベーションががくんと下がり、一気にやる気をなくしてしまうかもしれませんね。

 

また仕事内容だけでなく、仕事のレベルが低い場合も後悔に繋がってしまいます。「新天地で活躍するぞ!」と意気揚々に転職を決めたにも関わらず、実際に勤務が始まってみると思惑とはずいぶん違っていた、という事例もあるようです。

 

人間関係が悪かった

面接時の対応はとても良かったのに、働き始めてみたら社内の雰囲気はギスギス。上司の言葉がキツく、お世辞にも人間関係は良いとは言えない職場だった。

 

求人票の情報だけでは読み取れないのが、そこで働く人たちのことです。人間関係の悩みは根が深く、仕事内容や待遇がどんなに良くてもそれだけで辞めたくなるほどのパワーを持っています。

 

だからこそ、就職・転職時には内情までしっかりとリサーチすることが大切です。

 

提示されていた労働条件と違っていた

  • ・残業はほとんどないと聞かされていた
  • ・週に必ず2日は休みが取れると求人票に書かれていた

このように、事前に提示されていた労働条件と、実際に働き始めてからの実情がまったく違っていたというケースも多く見受けられます。

 

後から「おかしいな」と気づいても、すでに入社してしまっているとどうしようもなく、結局泣き寝入りせざるを得ないことも多いようです。

 

仕事が想像以上にハードだった

労働条件は正しく提示されていたものの、働き続けるにつれ、「まさかこんなに大変だとは思わなかった……」と後悔する方も一定数存在するようです。

 

ホテル・旅館の仕事は、基本的には立ち仕事。そして、スマートな印象とは打って変わって、意外にも重労働は多いもの。事前の心構えがなければ、体力に自信のない方が後悔してしまうのは無理もありませんよね。

 

また、「夜勤明けには必ずお酒を飲みに行く」といった暗黙のルールを持つホテル・旅館もあるようで、十分に体を休めることができないことが就職・転職の後悔に繋がるケースもあります。

 

休みが取りづらかった

お客様に対してサービスを提供する仕事では、週末から土曜・日曜にかけてが来客のピーク。夏休み・冬休みなどの長期休暇、ゴールデンウィーク・シルバーウィークなどの大型連休が繁忙期になりやすいでしょう。

 

そんな繁忙期こそ、人手が必要になります。宿泊業界に限った話ではありませんが、土日休みの友人やパートナーと休みが合わせられなかったり、気軽に休みを取れなかったりといったことから、就職・転職したことを後悔してしまうケースも少なくありません。

 

ホテル・旅館への就職の後悔は本人にも原因がある?

ご紹介したように、ホテル・旅館への就職を後悔してしまう原因は多岐に渡ります。一方で、思い描いた通り、楽しく働き続けることができている方がいるのも事実です。

 

後悔する人・後悔しない人の違いは、一体どこにあるのでしょうか。答えは、思い描いた理想と現実の差を考えれば見えてきます。

 

理想と現実のギャップは大きいほど、フラストレーションが溜まりますよね。就職も後悔しやすくなるでしょう。言い換えれば、理想と現実の差が小さければ後悔は少なくなります。つまり、後悔のない人ほど、理想と現実を整理する「事前準備」に時間をかけているのです。

 

もちろん、不満が募るような職場環境にも問題はありますが、事前準備を行うのは自分自身。自分にも非があったかもと考えるのが賢明でしょう。

 

次項では、就職・転職で後悔しないためのポイントを5つに分け、詳しくご紹介します。「今のホテル・旅館から転職したい!」と考えている方は、参考にしながら転職を検討してみてくださいね。

 

ホテル・旅館への転職で後悔しないためのポイント!

人差し指を立てた男性

iStock/itakayuki

 

就職・転職の後悔やミスマッチを防ぐためには、「転職先の上手な選び方」を知っておくことが重要です。実践すれば、転職の成功確率はぐんと上がるはずですので、転職活動時にはぜひ意識しましょう。

 

自己分析をしっかり行う

就職活動を経験した方であれば、一度は自己分析を行ったことがあるはずです。自己分析は、今の自分を見つめ直すためには非常に重要な作業。よって、転職を考え始めた際にも改めて自己分析を行いましょう。

 

自己分析は、決して難しいものではありません。自分がどんな仕事をしたいのか、どんな環境で働きたいのか、それを叶えるにはどんなホテル・旅館を選べばよいのか。逆に、絶対に避けたい失敗は何か。

 

こうした自己分析を進めることで、転職で何を重視すべきかがはっきりしてきます。転職の軸がぼやけたまま転職活動を行えばミスマッチが生じやすくなりますので、注意してくださいね。

 

ホテル・旅館の業界研究・分析を行う

ホテルや旅館には、宿泊施設ごとの特色がありますよね。同じホテルでも、シティホテルとリゾートホテルでは、客層も求められるサービスもまったく異なります。つまり、「ホテルで働きたい」だけで転職先を選んでしまうと、違和感につながりやすいのです。

 

自己分析がしっかりできていれば、少なくともこの時点でのミスマッチを防ぐことができるでしょう。応募を検討しているホテル・旅館について、詳しく調べることも重要です。

 

実際にそのホテル・旅館を利用して雰囲気を確かめる

百聞は一見に如かずという言葉もあるように、自分の職場になるかもしれないホテル・旅館には一度足を運び、利用してみるのがおすすめです。

 

例えば、スタッフ全員がいきいきとした表情で働いているか、ひとりがいくつもの仕事を掛け持ちして疲弊していないか、ホテル内の設備はきちんと整備されているかなど。外から見たり、求人票を眺めているだけではわからなかったポイントに気づけるはずですよ。

 

求人票をしっかりと読み込む

転職の基本とも言えますが、求人票をしっかりと読み込むのも大切なことです。求人票には、その企業が応募者に向けて伝えたい重要な情報がたくさん載っています。求人票の内容を理解するだけで、ある程度入社後のミスマッチを防ぐことができるでしょう。

 

ただし、求人に紛れ込んでいる嘘には要注意。人手不足が続く企業の中には、応募の間口を広げるため、実情と異なる情報を記入することもあるのだとか。すみずみまで読み込むことに加え、全てを鵜呑みにしないということも、後悔の少ない転職には重要な心構えです。

 

宿泊業界の求人票の見方

 

求人票には嘘の情報が混ざっている?求人票にありがちな嘘と嘘を見抜くポイントを把握しよう!

 

視野を広げて考えてみる

宿泊業界での働き方に限界を感じるのであれば、他の仕事に目を向けてみるのもひとつの手です。

 

ホテル・旅館で培った接客スキルを活かしたいのであれば、他業界の接客業に転職するのも良いでしょう。やりたいことが見つかった方は、思い切って異業種にチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

 

ただし、逃げの転職は言語道断。今のホテル・旅館に対する不満を改善するため、行動を移してから転職を検討しても遅くはありません。人生は一度きりですので、「転職しなければ良かった」と思わないためにも、転職は慎重に検討してくださいね。

 

ホテルを辞める前に知っておくべき転職事情とは?

 

ホテルを辞めて転職と決めたらどんな仕事をする?ホテルの経験を活かせる転職先を解説

 

後悔の少ないホテル・旅館の転職には転職エージェントの活用を!

打ち合わせをするスーツの男女

iStock/maroke

 

「宿泊業界で働き続けたい!」「忙しすぎて転職活動が進められるか不安……」と思った方は、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。転職エージェントを利用してホテル・旅館業界の転職活動をするメリットをご紹介します。

 

希望に沿った転職先を紹介してもらえる

いくら自身で自己分析を進めても、「自分に合った職場」はなかなかわからないもの。転職のプロであるエージェントに相談すれば、客観的な視点でアドバイスをもらえるうえ、具体的な転職先を紹介してもらうことも可能です。

 

ひとりで悶々と悩んでいるより、ずっと効率的に転職活動を進められるはずですよ。

 

ホテル・旅館の内情に精通している

転職エージェントは、企業との打合せや他の応募者からの口コミなどから、ある程度内情を把握しています。お客として利用しただけではわからない、ホテル・旅館の内部の人間関係なども知っている可能性が高いです。

 

ホテル・旅館業界に特化した転職エージェントもありますので、業界内で転職したいという方はぜひ利用を検討してみてください。

 

労働条件や待遇の交渉が可能

転職時には、「前職ではこれくらいの給与だったから、せめて月収〇万円はほしい」などの譲れない条件が出てくるもの。希望を通したいのであれば、交渉が必要になりますよね。

 

転職エージェントは、求職者の苦手とする交渉にも力を貸してくれます。うまく間に入って取り持ってくれるので、自分で面倒な交渉を行うことなく、より働きやすい環境を手に入れることができるのです。

 

焦らずじっくり準備をして後悔のないホテル・旅館へ転職!

グッジョブ

iStock/PeopleImages

 

仕事を辞めたい、転職したいと考える時は、ついつい仕事選びを焦ってしまいがちです。そうすると思わぬ失敗をしたり、働き始めてからがっかりしたり。そういったミスマッチが多く起こります。

 

転職で後悔をしないためには、事前準備を徹底し、転職先を慎重に選ぶことが重要です。改めて自分を見つめ直し、便利なサービスはとことん活用する。そうして初めて、後悔のないホテル・旅館への転職の道が拓けるでしょう。

 

「後悔しないホテル・旅館を探したい!」という方は、当サイト「おもてなしHR」をぜひご活用ください。あなたの転職の成功を、おもてなしHRは全力でサポートさせていただきます。

 

まずは、おもてなしHRに掲載されている求人を眺めるところから始めてみましょう!

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る