転職が伴う引っ越しは入社日の何日前にするべき?

転職と引越しが重なる場合、必要な準備がたくさんあるので転職活動前に計画を立てておくことがとても大切です。転職が伴う引越しにはどれくらいの期間がかかるのかを含め、入社日の何日前に引越しを終わらせておくべきかを知り、スムーズな転職活動につなげましょう。

 

転職時の引越しにはどれくらいの期間が必要?

japolia – stock.adobe.com

 

転職が伴う引越しは、およそ半年の準備期間が必要です。

 

最低でも転職活動の準備に半月、求人選びから応募、選考までが2カ月、内定から入社までが1〜2カ月ほどかかり、引越しは内定から入社までの期間に終わらせるのが理想的でしょう。

 

内定が決まったら、退職前だとしても引越し業者への連絡や荷造りに取り掛かってください。引越し作業を先送りにしてしまうと、引越し作業が間に合わず、入社日までに転居できないというリスクが生まれるのです。

 

また、転職と引越しのタイミングに迷った場合、まず転職先を決めることを優先してください。住まいを探すときは、最終面接の前後に始めると良いかもしれません。

 

転居と転職が重なる場合は入社日までに引越しできるよう、半年間の期間は必要だということを念頭に置いて準備を進めましょう。

 

転職が伴う引越しは入社日の何日前が正解?

Free1970 – stock.adobe.com

 

転職先が内定したら、転職先の入社日を基準に引越しをする日を決めてください。

 

新居に引越しをするのは、余裕をもって入社日の1週間前が良いでしょう。1週間前であれば、荷物を片付けたり、周辺情報を把握したりなど、住環境を整えることができます。

 

入社日の1週間前までに引越しを完了するには、以下のような手続きや準備も忘れてはなりません。

 

・退去の連絡をする
・早めに荷物を整理する
・引越し費用の見積もりをもらう
・転居届や転出届を出する
・電気やガス、水道を解約&契約する

 

引越しに必要な手続きや準備が遅れると、転職先の入社日までに引越しが終わらないというケースもあり得るので、十分に気を付けましょう。

 

転職時の引越しで入社日前に確認しておきたいポイント

beeboys – stock.adobe.com

 

転職が伴う引越しの場合、入社日前に確認しておきたいポイントがいくつかあります。引越しのコストカットにもつながりますので、早速チェックしていきましょう。

 

転職先に社宅・寮・不動産業者の紹介制度はあるか

 

企業のなかには、社宅や寮が完備されているところもあります。

 

社宅や寮に住むと、会社の近くにコストを抑えて格安で住めるので、引越し先を探す際は社宅や寮の有無のほか、入居条件を確認しておくと良いでしょう。

 

社宅や寮が完備されていない企業の場合は、転職先の企業が不動産業者を紹介してくれることもあります。敷金・礼金などの初期費用を抑えて引越しできる可能性があるので、転職先企業に確認することをおすすめします。

 

転職先に引越し費用の補助制度はあるか

 

最近では、企業側がより魅力的な人材を採用するために、転職時の引越し費用への補助制度をアピールしている求人が増えているそうです。

 

企業によって条件や内容は異なりますが、引越し費用や家賃だけでなく、敷金・礼金、面接時の交通費なども負担してくれるところもあるのだとか。

 

しかし、まだ転職に伴う引越しは自己負担にしている企業は多いので、気になる方は事前の確認が必要です。転勤が伴うような求人であれば、大体の企業が福利厚生の一環として引越し費用や家賃を負担している傾向があります。

 

もし引越し費用の補助制度がある場合は、申請手続きなどの方法も早めに確認しておきましょう。

 

引越し先に自分に合った移住支援制度はあるか

 

地方への転職が決まっている方は、引越し先の自治体の移住支援なども調べておきましょう。

 

自分に合った移住支援があれば、引越しの初期費用をコストカットできます。移住を前提に転職活動をしている方は、自治体の支援内容によっては内定前に引越ししたほうが良い場合もあります。

 

転居予定の自治体の移住支援を把握するためにも、自治体の公式ホームページはこまめにチェックしておいたほうが良いかもしれません。

 

引越しが必要な転職は入社日までのスケジューリングが大切!

Antonioguillem – stock.adobe.com

 

転職が伴う引越しは、多くのやるべきことが重なります。ある程度余裕をもって行動しなければ、入社日前までに引越し作業が終わらないというトラブルが発生しやすくなってしまいます。

 

転職先の入社日の1週間前を目安に引越しを完了できるよう、しっかりと計画を立てることがとても重要です。

 

地方への転職が決まっている方は、自治体の移住支援なども調べておくと初期費用のコストカットにつながります。暮らしのランニングコストを抑えたい方は、あらかじめ社宅や寮が完備された求人を選ぶのがおすすめです。

 

転職に引越しが伴う場合は、「自分がどのような仕事をしたいか」のほかに「どのような場所、家に住みたいか」という点も大切になるので、転職活動の準備を始める段階からきちんとスケジューリングをすることが大切ですよ。

 

社宅や寮、家賃補助制度がある企業に転職したい方は、住まいに関する条件が充実しているホテル・旅館も視野に入れてみましょう。

 

ホテル・旅館への転職をお考えの方は、宿泊業界に特化した転職支援サービス「おもてなしHR」にご相談ください。あなたに合う条件が見つかる働き先を、当サービスの専任アドバイザーと一緒に探していきましょう!

 

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る