憧れのスローライフ!古民家暮らしの魅力と注意点とは?

日本古来の建築様式で建てられた、古民家。そんな古民家での暮らしに憧れを持つ方も少なくないでしょう。そこで今回は、憧れのスローライフを叶えるべく、古民家で暮らす魅力や知っておくべきことについてご紹介します。古民家暮らしの知識を深め、自分が思い描く理想の暮らしを手に入れてくださいね!

古民家暮らしとは?

日本建築

tenboh-siyaraku-stock.adobe.com

 

古民家とはある程度築年数が経過している住居を指しますが、明確な定義はなく、築50年以上の家屋から100年以上前に建てられたものなどさまざまな種類があります。

 

日本の伝統的な建築様式で建てられているのが特徴で、釘を使わずに梁と柱を組み合わせたシンプルな工法は、日本の職人ならではの技術です。

 

年月を重ねた木の温もりやどこか懐かしさを感じる空間は、私たち日本人の心を魅了し、「将来は古民家で暮らしてみたい!」と考える方も少なくありません。

 

古民家暮らしの魅力

シャボン玉

miya227-stock.adobe.com

 

古民家暮らしの魅力はどんなところにあるのでしょうか。いくつかご紹介します。

 

日本らしさを感じる空間

古民家最大の魅力ともいえるのが、古き良き日本を感じられる空間です。その趣は、決して新築ではつくり出すことはできません。

 

古民家と呼ばれるものの多くは伝統的な建築様式で建てられているため、室内のさまざまな場所で職人の匠の技を見かけることもできます。

 

自然に恵まれた環境

多くの古民家は広々とした敷地の中に建ち、周辺が海や山のような大自然に囲まれています。都会の忙しさや騒音なども少なく、ゆっくりと流れる時間を存分に味わえるのです。

 

自然豊かな環境は、身体を癒すだけでなく、心にも余裕を持って生活を送ることができるでしょう。

 

広々とゆとりのある家屋

昔ながらの古民家は、圧迫感のない高い天井や部屋数の多さ、ゆったりとした空間が特徴的です。長く住むめば住むほど風合いを増し、生活空間を味わい深くします。

 

都会における住居の役割は、どちらかといえば「寝るための家」でしょう。しかし、古民家の場合は、「心地よく生活するための家」と言い換えることができます。

 

地域住民との交流

古民家の多くは自然に囲まれた田舎にあります。田舎は都会に比べると、強いコミュニティーが形成されているのが特徴です。

 

そのため、近隣の方はもちろん、町全体が移住者を歓迎してくれることも少なくありません。地域の方と交流し、お裾分けをいただいたりイベントへ参加したりできるのも、古民家暮らしの醍醐味です。

 

古民家暮らしの注意点

古民家

Wakko-stock.adobe.com

 

古民家で暮らす魅力がある一方で、注意点もあります。古民家暮らしをする上で知っておくべきことをご紹介しましょう。

 

利便性・ライフライン

多くの古民家は、自然豊かな場所に建てられています。都会の喧騒から離れ静かに生活できるのが古民家の良さでもありますが、交通手段や買い物をする場所が限られていることがデメリットでもあります。

 

自分に必要な交通手段を確保できるか、スーパーや病院など生活に必要な施設がストレスなく利用できる立地かどうかも確認しておくことが大切です。

 

リノベーション・メンテナンス

古民家はその名の通り古い民家。そのため、リノベーションが必要な場合がほとんどです。持ち主がすでにリノベーション済みの古民家を売却していなければ、購入後にリノベーションする必要があります。

 

また、住宅にメンテナンスはつきものです。一般住宅のような定期的なメンテナンスのほか、古民家ならではのポイントもあるので、追加の費用や頻度などをしっかり確認しておきましょう。

 

資金計画・貯蓄

古民家は新築住宅に比べると安価に購入できることがメリットのひとつですが、勢いだけで購入するのは危険です。メンテナンス等で購入後に想像以上の費用が必要になる場合もあります。

 

古民家の購入を検討する場合は、さまざまなケースを想定して資金計画をクリアにしておくことが大切です。

 

近所付き合い

古民家暮らしは田舎暮らし、つまり地方移住とも言えます。人と人とがしっかり繋がっているのが田舎暮らしの特徴でもあるので、移住者は噂にもなりやすいのです。

 

都会での暮らしが長い方の中には、人付き合いが苦手という方もいると思います。しかし、田舎で生活していくためには、ご近所付き合いも大切なコミュニケーションのひとつです。

 

とはいえ、堅苦しく考えることはありません。挨拶や地域の行事への参加など、最低限の付き合いをするだけでも、十分生活しやすくなります。

 

災害のリスク

自然災害の多い日本では、どの地域にいても災害のリスクはゼロではありません。

 

古民家の築年数や構造によっても異なりますが、頑丈なものもあれば耐震強度が不安なものなどさまざまです。

 

古民家での暮らしを考えるなら、災害のリスクも考慮して慎重に選ぶことをおすすめします。

 

古民家暮らしをするなら移住支援の活用もアリ!

古民家の窓

tky15_lenz-stock.adobe.com

 

古民家暮らしをするなら、住みたい地域の不動産会社を利用して、古民家の売り物件や賃貸物件を探しましょう。地元の不動産会社に相談することで、古民家に関するより多くの情報を得られるはずです。

 

また、自治体の移住支援制度を活用する方法もあります。移住支援制度は、住居に関する情報はもちろん、仕事や就農支援など、移住後の生活フォローを行っています。

 

地域によっては住宅購入や引越し費用、補助金など、資金面での支援を実施している自治体もあります。気になる地域がある場合は、ぜひ一度チェックしてみましょう。

 

古民家暮らしを叶えるために

勝手口

sima-box-stock.adobe.com

 

古民家でのゆったりとした生活に憧れる方は少なくないと思います。日頃、仕事に追われている方ならなおさらでしょう。

 

ただし、古民家の暮らしを実現するためには、新築やその他の物件と同じように、下調べや準備がとても大切です。

 

古民家で暮らすための知識を深め、ご自身が思い描く理想の古民家ライフを手に入れましょう。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る