なぜ会社で働くのか。会社で働くメリットはある?

多様な働き方ができるようになった現代では、いま改めて「なぜ会社で働くのか」が問われ始めているようです。会社員は、なんのために会社で働くことを選んでいるのでしょうか? 会社で働くことの意味を捉えなおし、今後の働き方と向き合ってみましょう。

なぜ会社で働くの? 会社で働くメリットとは

Studio Romantic – stock.adobe.com

 

自由な働き方が可能になった今、自分らしく仕事をするスタイルを模索することが常識となりつつあります。

 

働き方のスタイルが選びやすくなったのにも関わらず、なぜ会社で働くことを選ぶ人がいるのでしょうか? 会社や団体に所属せずに働くフリーランスと比較しながら、会社で働くメリットを深掘りしていきましょう。

 

毎月一定の給与がある

 

会社員として働くメリットは安定した給与があることです。

 

ある程度決まった給与の支給にはなりますが、毎月安定したお金をもらえるのは安心材料にもなります。人生設計が立てやすく、ライフプランを描きやすくなるでしょう。

 

一方、会社員であれば安心とは限りませんが、フリーランスは仕事の波ができやすいので、収入が必ずしも安定する保障はないようです。

 

福利厚生が手厚い

 

福利厚生が手厚くなっているのも、会社で働く魅力のひとつでしょう。

 

会社に所属していると、社宅や社員寮などが用意されていたり、家賃が補助されたりするケースは多々あります。

 

健康診断や資格取得、食堂完備、通信教育、系列施設の割引など、企業によって福利厚生は異なりますが、働きやすい環境を整えるための仕組みがたくさん用意されているのです。

 

ところが、フリーランスの場合はすべて実費負担となるので、会社員のほうがお得に仕事ができるのかもしれませんね。

 

社会保険が優遇される

 

会社に所属していると、社会保険が優遇されます。たとえば、医療保険を例に考えてみましょう。

 

・傷病手当金がある
・保険料が半額負担で済む
・家族が増えても保険料を負担する額が変わらない

 

会社員は「健康保険」、フリーランスは「国民健康保険」などに加入するのが原則です。この2つの間で大きく異なるところは、扶養があるかないかです。

 

健康保険には扶養という概念がありますが、国民健康保険にはそれがありません。

 

扶養の概念がないと家族全員の収入によって保険料が決まるため、自分以外に配偶者などに稼ぎがある場合はその分も保険料が増える計算になるのです。

 

保険料以外でも年金保険や労災保険にも会社員として働くメリットがあるので、詳しく調べてみてくださいね。

 

税金などの管理をしてくれる

 

日本で税金を納めるには、自分でその年の稼ぎを申告して納税額を決めなければなりません。

 

フリーランスで仕事をする場合は、自分で確定申告を行う必要がありますが、会社勤めの場合は会社が税金などの管理をしてくれます。年末に行われる「年末調整」で納税が清算されるので、確定申告は必要なくなるのです。

 

高い社会的信用を得やすい

 

会社員は社会的信用を得やすく、ローンが組みやすくなるようです。

 

しかし、フリーランスになるとクレジットカードの審査も通りづらくなるとのこと。フリーランスとして活動する前に、クレジットカードを作ったり、ローンを組んでおいたりする方は少なくないそうです。

 

会社に所属せずに働くメリットはなに?

DragonImages – stock.adobe.com

 

会社で働くメリットをお伝えしましたが、反対にフリーランスとして働くメリットを紹介いたします。

 

フリーランスと会社勤めの両方のメリットを知り、「なぜ会社で働くのか」という思考をより深めていきましょう。

 

収入アップを期待できる

 

フリーランスになると、収入が上がる可能性があります。

 

会社員は仕事の成果を残したとしても、すべてが収入に反映されるわけではありません。「今の仕事が収入に見合っていない」と悩む方は珍しくありません。

 

その点、フリーランスは売り上げが収入になるので、仕事の成果が分かりやすく、モチベーションアップにもつながりやすいと言えます。

 

ストレスが軽くなる

 

フリーランスの方によると、「会社員時代に比べると、人間関係でのストレスはほとんどなくなる」そうです。

 

ただし、すべてのストレスが解消されるわけではないことは忘れないでください。一人で活動をするプレッシャーや取引先との関係性など、さまざまなストレスがあることは間違いありません。

 

しかし一人だからこそ好きな時間に、そして自分が好きな人とも仕事ができる選択肢があるので、会社のルールや人間関係に縛られず仕事に集中できるのは魅力でしょう。

 

働く場所を自由に選べる

 

フリーランスは自分の好きな場所で自由に働くことができます。

 

自宅やカフェ、コワーキングスペースなどで仕事をする方が多く、その日の気分によって働く場所を変える方もいらっしゃるようです。

 

好きな場所を自分で選ぶことは、心地よく仕事に集中することに直結するのかもしれませんね。

 

時間を効率的に使える

 

基本的に出勤が当たり前となっている会社員の場合、会社までの往復時間が2時間以上になることもありますよね。

 

2時間以上の往復時間で他のことができるのに、と考えたことのある方は多いのではないでしょうか?

 

フリーランスの場合は、往復時間に悩むことなく時間を効率的に使って働くことができます。特に育児中の方は、日中は育児に専念し、夜に仕事を進めることもあるようです。

 

さらに時間によって休憩を縛られることがないので、自分のペースに合わせ集中力を保ちながら仕事ができるかもしれません。

 

「お金のため」を会社で働く理由にしないほうがいい?

fotofabrika – stock.adobe.com

 

「お金のため」を理由に会社で働く選択をする方は多いそうです。事実、内閣府の世論調査では「お金のために働いている」という方が一番多いと分かっています。

 

お金のために働くのは間違っていませんし、むしろとても大事な理由です。しかし、「お金ため」のほかにも、それぞれの理由を持って会社で働いている方がたくさんいらっしゃいます。

 

では、「お金のため」という理由以外を紹介いたします。

 

・自分を成長させるため
・好きなことを全うするため
・社会に貢献するため
・理想のライフスタイルを叶えるため
・高い地位や権力を得るため

 

このほかにも会社で働く理由はたくさんあるでしょう。働くうえで仕事に「幸せ」や「やりがい」を見出すことはとても大切です。

 

お金を稼ぐことが仕事をする「幸せ」や「やりがい」に直結しているのならば良いのですが、そうでない場合は改めて自分自身と向き合うことが必要かもしれません。

 

仕事に「幸せ」や「やりがい」が抜け落ちていると、心の負担になるほか、働くことに対して虚無感を持ってしまう傾向があるのです。

 

「なぜ会社で働くのか」を考えるうえでは、お金の面以外にも自分なりの理由を見出しておいたほうが良いでしょう。

 

参考:国民生活に関する世論調査/内閣府

人はなぜ働くのか。働く理由から「仕事」を考えよう!

 

会社で働く理由を見出せないときは転職も考えよう!

oka – stock.adobe.com

 

会社で働く理由を見出せなくなっている場合は、転職も視野に入れましょう。自分にその会社が合っていないだけかもしれませんので、世界を広げてさまざまなことにチャレンジしてみることをおすすめします。

 

ホテル・旅館への転職は、転職支援サービス「おもてなしHR」にご相談ください。

 

宿泊業界は「人の役に立てる」と実感できる仕事が多いので、会社で働くことに「幸せ」や「やりがい」を見出しやすいかもしれませんよ。

積極採用中!ホテル・旅館の求人

求人をもっとみる

ご入力いただいたメールアドレスに資料をお送りいたします。

必須企業名

ご担当者様名を入力してください

必須ご担当者様名

ご担当者様名を入力してください

必須メールアドレス

メールアドレスを入力してください

必須電話番号

電話番号を入力してください

資料請求のお申し込みを受け付けました

資料請求をお申し込みいただきありがとうございました。
入力いただいたアドレスにメールをお送りいたしましたので、ご確認ください。

万が一メールが届かない場合は、info@omotenashi.workまでお問い合わせいただきますようお願いいたします。

専任アドバイザーに相談する

ページ上部へ戻る